夢の中の ” 不自然な色使い “|なぜ、この色?

夢の中で妙に ” 色 ” が
気になるということが
あります。

着ている服の色や、
家具や小物、空の色、
絵、アクセサリー、
もしくは、顔色なども
そうかもしれません。

普通ならば、それほど
気にすることでは
ないかもしれませんが、
目覚めてから、

” なぜ、あの色
だったんだろう? ”

と心に引っかかる夢。

*

こうした ” 色 ” による
効果を狙った夢は、
個人個人が持つ
その色に対する ” 印象 ”
が重要となってきます。

同じ色であっても、
それを見る人によって
様々な印象を与える。

例えば、青ならば、
海を連想する人もいれば、
空を思い浮かべる人も
います。

ときには、
好きなアーティストの
アルバムジャケットを
思い出す人もいるかも
しれません。

*

一方では、
信号機のように、
誰もが同じイメージを
持つ場合もあります。

赤は止まれ、
黄色は危険、青は安全
といった感じに。

赤いランプに警報が
鳴っていれば誰もが、
緊急事態だと思うでしょう。

黄色と黒のストライプなら、
誰もが工事現場を思い出す。

なぜ、” 安全 ” を
赤で表しては
いけないのでしょう?

その根拠は
はっきりしていません。

しかし、私たちは、
” 赤 ” を ” 安全 ” と
結びつけたりはしない。

*

では、具体例を交えながら、
夢の中の ” 色 ” について
見ていきましょう。

広告

赤いスポーツカー

次は、会社員の男性が見た
夢の一例です。

真っ赤なスポーツカーが、
会社の敷地内に入ってくる。
 
社員たちは、
その美しい高級車を見て、
ざわついている。

彼は、夢の中で、
燃えるような赤色の
スポーツカーに妙な
違和感を感じたと言います。

そして、その日の午後、
彼の働いているオフィスに
一本の電話が、かかってきます。

取引先からのクレームです。

先方は、
かなり怒っている様子で
電話に出た彼に責任者を
呼ぶよう要求したのです。

大きな取引先だったので、
社員たちは、その後、
対応に追われた。

*

当時、依頼者の男性に
話を聞いている途中に
出た以前に見た夢に
関するエピソードです。

彼は、自分が見た夢と、
その当日、起こった出来事は、
関係があるのかと筆者に
尋ねました。

筆者は、
” ある ” と答えます。

*

この夢の注目点は、
はやり、燃えるような赤色の
スポーツカーでしょう。

彼の働く職場に、
そのような車に乗っている
人はいないということです。

また、彼の知っている限り、
取引先にスポーツカーに
乗っている人物は
思い当たらない。

この夢における ” 赤 ” は、
何を意味しているのでしょう?

*

それは、彼が、
クレームの電話から
感じとった取引先の
” 怒り ” です。

なぜ、” 赤 ” が
” 怒り ” なのでしょう?

この疑問は、
とても重要です。

赤と言っても、
トマトも赤いですし、
日本の国旗の
日の丸も赤です。

赤い塗装の車など、
日常生活に取り立てて
珍しいわけでもない。

もしかしたら、情熱の
赤なのかもしれません。

しかし、彼にとっては、
その赤は、” 怒り ” を
表している。

なぜか?

彼が、
そう感じたからです。

日常が壊れるとき

筆者や別の人が、

” 赤と言えば、情熱だよね ”

” 赤は、好きな色だ。
赤色のバッグ持ってる ”

と、思ったとしても、
この夢を作ったのは、
彼自身なので、
彼基準のイメージで
その色を解釈しなければ
ならないわけです。

今回の夢では、
” 赤 ” のイメージは、
彼にとって ” 怒り ”
だったというだけの
ことです。

*

と言っても、彼にとって
” 赤 ” のイメージが一つ
とは限りませんし、
これからもずっと同じ
イメージだとも限らない。

なので、厳密には、
この夢を見た時に彼が
持っていた赤に対する
イメージを今回だけ
利用したということに
なります。

*

さて、
これが、夢を見た日の
午後のトラブルを暗示
していたとしても、
実際の出来事を直接
描いているわけでは
ありません。

どうせならば、
クレームの電話が
かかってくる夢だったら、
分かりやすいのに、と
誰もが思うでしょう。

しかし、駐車場に一台の
スポーツカーが入ってくる
という全く無関係な状況
として夢は描かれている。

*

彼の働くオフィスからは、
会社の敷地が一望出来る
そうです。

関係車両が出入りする状況を
オフィスの中から、逐一、
確認することが出来る。

なので、日常では見慣れない
赤いスポーツカーが入って
くれば、とても目立つ。

夢の中では、
赤いスポーツカーが突如
会社の敷地に侵入し、
見慣れた会社の日常風景
を壊します。

潜在意識が
描きたかったのは、この
” 脈絡も無く日常的な
雰囲気が壊れる感覚 ”
なのです。

*

実際は、職場の日常業務を
打ち壊したのは、
一本のクレーム電話。

潜在意識は、伝えるべき
ことを残して、出来事の
外観だけを別のものに
置き換えたのです。

夢の中で、社員たちが
ざわついているのは、
見慣れないスポーツカー
のせいではなく、突然、
やってくるクレーム対応に
追われるからです。

では、置き換えの理由は
何でしょう?

*

彼は、夢の中で、ご立腹の
取引先を挑発的な赤色の
スポーツカーに置き換える
ことで、” 単なる来客者 ”
として片づけようとして
いるのです。

そして、来客者が
挑発的に見えるのは、
” 乗っている車のせいだ ”
と思わせようとしている。

彼の感じた嫌な予感を
誤魔化すために、
この夢は作られたのです。

広告

スカイブルーの意味

では、もう一つ、” 色 ” に
関する夢を紹介しましょう。

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

どこかに行こうとして
自宅から玄関を出る。
 
車の塗装がいつの間にか、
スカイブルーに塗り変え
られている。
 
自分は、茫然とする。

もし、
自分の車の色が、突然、
違う色になっていたら、
誰でも驚きますよね。

彼女も、同じく、
夢の中で、一体、
何が起こったのか、
理解出来なかったと
言います。

*

筆者は、彼女に
いくつかの質問をしました。

車は、彼女個人の所有で、
仕事やプライベートなど、
ごく一般的な用途で
使われているものでした。

そして、彼女に
スカイブルーという色の
印象を尋ねたのです。

” 空の色?
私の好きな色です ”

彼女は、そう答えました。

*

その後も取り立てて
夢に関係しそうな情報は無く、
セッションは行き詰って
しまったのです。

筆者は、

” 何か、驚きで茫然と
する出来事の暗示かも
しれない ”

とだけ伝え、解釈を
断念しなければ
なりませんでした。

*

それから数日後、彼女から
一通のメールが届きました。

彼女は、先日、洗車を
している時に、とあるものを
発見したと言います。

それは、車の側面に
尖った何かで傷を
つけられた跡でした。

助手席側、横一直線に
40cmほどの長さで
明らかに、故意に
つけられた傷跡。

それが、いつから、
なのかは定かではなく、
夢を見た時点ですでに
やられていたのかもしれない。

彼女はそれを見つけたとき、
この状態で街中を走って
いたことが、とても
恥ずかしく思えて、
腹立たしかったと言います。

悲劇、そして、好きな色

さて、この夢では、
” スカイブルー ” という
色が使われています。

彼女の ” スカイブルー ”
に対するイメージは、
空の色、そして、
好きな色です。

今回のケースでは、
愛車にイタズラをされて
彼女は怒っているわけ
ですから、
車のボディカラーを
スカイブルーではなく、
” 赤 ” にする方が、
適切な演出にも思えます。

ただ、彼女は、
” 怒り ” を表現するために
自分の車を赤色に塗りつぶす
わけにはいかなかった。

なぜなら、
彼女の乗っている車は、
元々、赤色だから。

*

この場合、潜在意識は、
車に関する異変を
描きたいわけですから、
赤色の車を登場させても
” 異変 ” にはならない。

だから、別の色に
する必要があった。

言わば、これは不吉な
出来事を暗示する夢です。

そんな夢に、
なぜ、寄りによって、
自分の好きな色を
採用したのでしょう?

*

まず、一つ考えられるのは、
彼女の ” スカイブルー ” に
対するイメージです。

単に ” 空の色 ” とだけ答えた
彼女でしたが、筆者は、
この夢に、青色によって、
怒りの感情をクールダウン
させる効果を狙ったのでは
と考えています。

つまり、彼女の中には、
スカイブルーに ” 冷却 ”
というようなイメージも
同時にあるということです。

*

そして、もう一つは、
好きな色だからこそ
あえて、スカイブルーに
塗り替えたという見方です。

つまり、車は、いずれ
イタズラされるわけですから
それを帳消しにするなら、
車の再塗装になる。

筆者は、尋ねました。

” 車を買い替えるとしたら、
何色にしますか? ”

彼女は、答えます。

” スカイブルー ”

彼女の潜在意識は、
イタズラによって、
自分の車が傷物になって
しまうことを察知し、
その対処として、
自分の好きな色に早々と
再塗装しているのです。

” どうせ、傷を修理するなら
今度はこの色にしたい ”

と言う彼女の心理が
夢に描かれたという
ことかもしれません。

黒の中にある黒

色に関する夢は、個人が、
その色にどんなイメージを
持っているかということが
重要になってきます。

色を順番に並べて、
赤ならこう解釈する、
青ならこう解釈する
というように解説出来れば、
分かりやすいかもしれません。

しかし、
それは不可能なのです。

その夢を作った本人の
置かれた状況によって、
同じ赤でも、別の解釈が
可能ですし、違う色で
あっても、同一の解釈に
なる場合もあります。

*

色に対するイメージは
感覚に直接訴える効果が
あるため、直感的に
メッセージを受け取る
ことが出来ます。

その反面、
詳細な夢解釈には、
不向きかもしれません。

やはり、色だけで
判断することは
限られるのです。

その色が選択された
理由について、夢の内容
だけではなく、自分の
身の回り、置かれた状況
なども視野に入れて
考えていく必要があります。

*

例えば、
スマホのカバーケースが、
本来、白であるはずが、
夢の中では黒になっている
という場合、その違いは、
何らかのメッセージであると
考えるのが自然です。

暗闇の中の黒ならば、
人目に晒されたくない
後ろめたさが、目立たない
色を選択しているのかも
しれない。

逆に暗闇の中の一点の白
ならば、” 希望 ” を
表しているのかもしれません。

これは、あくまで、
例えばこう解釈することも
可能だということです。

基本、全てのことに
決まったルールは
無いのです。

広告