夢の中の ” 返し忘れたもの “|TUTAYAの夢

例えば、夢の中で、
借りたお金の返済日が今日
だったと、突然気づくとか、
数か月前に図書館で借りた本を
まだ返却していないことに
ふと気づくなど、

何かを借りっぱなしで、
返し忘れていたことに
後から気づいて慌てるという夢。

*

返し忘れたものが、物だとは
限りません。

例えば、夢の中で、友人と
待ち合わせしていたことを
思い出して、時計を見ると、
すでに三時間過ぎているとか、

休日だと思って、布団に
潜り込んでいたら、途中で、
今日が平日だったことを
思い出し、慌てて会社に
行く夢など、

約束とか、仕事や、
スケジュール上の勘違いなども、
ある意味、” 返し忘れたもの ”
に入ると思います。

*

もし、それが現実なら、
大変な事態でしょうから、
夢から覚めて、胸を撫で下ろす
という体験をした人もいるかも
しれません。

さて、こういった夢の中の
” 返し忘れ ” や ” 忘れられた約束 ” は、
どのように解釈すべきでしょう?

広告

返し忘れたもの

次は、とある30代の男性が
見た夢の一例です。

リビングのテーブルに何気なく
TUTAYAの袋が置いてある。
 
ハッと思って、中を開くと、
自分が以前借りたと思われる
懐かしい音楽CDが何枚か
入っている。
 
焦って、返却予定日を確認
すると、すでに5年以上前に
なっている。

男性は、夢の中で、
延滞料が莫大になることを
思って、頭の中がパニック
になったと言います。

そして、夢から目覚めて
胸を撫で下ろした。

一体、彼は、なぜ、
このような夢を見たのでしょう?

*

最初に、筆者は、男性に
次のように尋ねました。

” 現在は、TUTAYAから、
何かお借りになってますか? ”

男性は、もう、ここ何年も
TUTAYAで音楽CDを借りた
ことはないと答えます。

以前は、よく音楽や映画、
漫画などを借りていた時期が
あったそうですが、最近は、
ダウンロードで音楽を購入する
ことがほとんどで、音楽自体も
あまり聞かなくなったと言います。

つまり、この夢は、
現実世界の出来事を
描写しているわけではない。

*

それにしても、彼の潜在意識は、
なぜ、何年も前に行かなくなって
しまったレンタルショップを
いまさら、夢の中で
取り上げたのでしょう?

もう少し、身近な
出来事を取り上げるわけには
いかなかったのでしょうか?

例えば、会社で忘れ物を
すると言ったような。

潜在意識は、あえて、
このシチュエーションを
選択しているようにも見えます。

” 何年も前に行かなくなった ”
という点が、筆者には、
引っかかりました。

広告

一通のメール

ただ、このときは、結局、
夢の内容から、それ以上、
何も得ることは出来ませんでした。

夢の意味は、
分からなかったのです。

筆者は、解釈を断念し、
後日、何か思い出したことが
あれば知らせてください
とだけ伝え、その日の
セッションを閉じました。

それから、一週間ほどが過ぎ、
突然、その男性からメールが
届いたのです。

彼は、夢の意味が、
ずっと気になっていた
ようでした。それで、
” 思い当たることがある ”
と連絡をくれたのです。

*

彼が言うには、袋の中に
入っていた数枚のCDは、
以前、よく聴いていた
ロックバンドのものでした。

そして、昨晩、夢のことを
考えながら、音楽について
調べているうちに、
ネット通販で、手頃な価格の
エレキギターを見つけた
と言います。

そのとき、彼は、もう何年も
前に忘れてしまっていた
” エレキギターを
弾けるようになりたい ”
という夢を思い出したそうです。

*

ずっと前に
置きっ放しになったまま、
果たされなかった夢。

もしかすると、夢の中で
5年前に借りたまま、
返し忘れていた数枚のCDとは、
彼が、昔の自分に貸したまま、
返すことが出来なかった
” 夢 ” だったのかもしれません。

潜在意識は、彼が、近々、
自分が昔持っていた夢を思い出し、
約束を果たすべく、ギターを
購入することを知っていた。

そして、眠っている彼に、
過去を清算する時期が
近づいていることを
夢という形で知らせています。

*

潜在意識は、あえて、
何年も前に行かなくなった
TUTAYAに返し忘れたCDを
返すというストーリーを作り、
彼に ” あの頃の自分 ” を
思い出して欲しかった
ということかもしれません。

好きな音楽を
聴きまくっていたあの頃、
果たし忘れた ” 約束 ” が
置きっ放しになったあの頃を。

夢の性質

さて、今回は、
夢の中の ” 返し忘れ ”
について解説しました。

” 返し忘れ ” と言っても、
物やお金といった目に見える形ある
ものばかりが対象とは限りません。

今回紹介したケースのように、
過去に果たされなかった夢や、
誰かに親切にしてもらって、
そのお礼がまだ言えていないとか、
別れ際の恋人に、ちゃんと、
さよならが言えなかったなど。

自分の中で、今も引っかかり
続けている果たせなかった責任や
約束などが ” 返し忘れの夢 ”
として描かれる場合もあります。

*

また、夢の設定が ” 返し忘れ ”
ではなく、その逆の
” 返してもらっていない ”
という設定の場合は、

例えば、
誰かに親切にしたのに、
そのお返しがまだ来ないとか、
会社でよい結果を出したのに
上司が認めてくれないとか、
恋人と電話で話していて、
一方的に電話を切られたなど。

実際に、何かを貸したわけでも、
約束したわけでもないが、
” 本来は、自分に戻ってくる
はずのものが戻ってきていない ”
という認識であれば、
それは、夢の中で
” 貸したままになった何か ”
というシチュエーションを
作るかもしれません。

*

夢は、事実に基づいてではなく、
” 主観 ” によって作られます。

夢を見ている本人が、
感じたことが、そのまま
映像化されるのです。

ですから、” 貸した ” ” 借りた ”
という事実が、現実に無くとも
本人が、そう感じるなら、
夢の中では、貸し借りの設定が
作られる。

*

この性質は、
夢全般に言えることです。

潜在意識にとって、現実世界は、
あなたの主観に影響を与えている
” 環境 ” に過ぎないのです。

つまり、
主観に影響を与えない限り、
現実世界でどんな出来事が
あったにしても、それは、
夢に反映されない。

*

例えば、あなたが、地球の裏側で
紛争から逃れて、苦しい状況に
陥っている多くの難民について
考えると、心苦しいと言うなら
それは、夢になります。

逆に、
あなたの隣人が引っ越しをして、
いつの間にか新しい入居者が
入っていたとしても、あなたに
関心が無ければ、それは夢には
ならない。

しかし、その入居者が、
素敵な異性だった場合は、
きっと、夢になるでしょう。

夢とは、そういうものです。

広告