愛すること、束縛すること|” 愛 ” とは何か?

例えば、誰かを
好きになったとします。

最初は、ただ、
純粋に好きだったのです。

しかし、いつしか、
他の異性と喋っているだけで、
イライラしてしまう。

行動のいちいちを
チェックしてしまう。

少しでも、連絡が途絶えると、
何をしていたのか
詮索したくなる。

あらゆることで、相手を
思い通りにしようとする。

*

” 一途な愛 ” が、
いつの間にか ” 執着 ” となり、
醜い姿に豹変するのです。

これをよく ” 愛情 ” ではなく、
” 独占欲 ” だと言う人もいますが、
果たして、この二つは、
全く別物なのでしょうか?

それとも、受け入れがたく、
不都合な ” 愛 ” に
ネガティブな単語を
割り当てているだけ
なのでしょうか?

広告

” 愛 ” とは何か?

さて、
” 愛 ” とは何でしょう?

筆者が、それに
答えられるわけもありません。

と言うか、
テーマが大き過ぎて、
多分、誰も答えられない。

” 愛とは人生そのもの ”
” 愛とは利他的だ ”

と漠然としたことなら
言えるかもしれませんが、
本当のところは、
よく分からない。

もし ” 愛 ” と ” 独占欲 ” を
明確に使い分けているとしたら
その人は、” 愛 ” が何かを
知っているということに
なります。

*

筆者は、この二つを
明確に区別する必要は無い
と考えています。

もっと言えば、
誰かに抱く ” 好き ” という
感情を何と呼ぶべきか、
わざわざ決める必要は
無いと思うのです。

それが、” 愛 ” という
言葉に当てはまるのか、
単なる ” 執着 ” なのか、
” 欲 ” なのか、
どうでもよいことです。

感じたことが、全てです。

それ以上でも、
それ以下でもない。

*

ただ、” 好き ” という感情が、
度が過ぎて、相手を苦しめる
結果になっているとすれば、
それが、
” 愛 ” と呼ばれようと、
” 独占欲 ” と呼ばれようと、
不協和音が発生している
ことには、違いありません。

束縛する側にとっては、
それは、” 一途な愛 ” であり、
束縛される側にとっては、
それは、” 独占欲 ” なのです。

つまり、” 愛 ” とは、
言葉の定義に過ぎない。

おかしな会話

二人の破局したカップルが、
言い争っている。

” 僕が、こんなに
愛しているのに、なぜ、
分ってくれないんだ? ”

” あなたのは、
愛じゃない。ただ、
私を束縛したいだけよ! ”

さて、この会話、少し、
変だと思いませんか?

*

この二人は、
単純に加害者と
被害者の関係なのです。

しかし、不協和音の原因が、
愛なのか、否かという
別の議論にすり変わっている。

男性は、” 愛 ” なのだから、
それを受け入れるべきだ
と主張し、女性は、それは、
” 愛 ” では無いと主張する。

この二人は、一体、何を
話し合っているのでしょう?

一人の男性が、
一人の女性を苦しめている。
それに女性が反発している。

ただ、それだけです。

そして、それは、
至って当然のことです。

それとも、
それが 純粋な ” 愛 ” ならば、
苦しんでいても、受け入れ
なければならないのでしょうか?

*

良かれと思って行った親切が、
逆に相手を傷つけている
ということは実際にあります。

例えば、電車で老人に
席を譲ってあげようとすると、
老人は、
” 私は、まだ、そんな年じゃない ”
と言って、それを拒む。

親切心が、彼のプライドを
傷つけたのです。

例えば、自信をつけて
もらおうと思って、
その人を褒め過ぎると、
返って、皮肉に聞こえてしまう。

*

それは、日常生活の中で、
誰にでも起こりうる。

特に、珍しいことでは
ありません。

男女の間に起こるこういった
揉め事も、結局は、
同じなのです。

” 愛 ” という言葉の定義は、
個人の自由ですが、
状況によっては、
その美しい概念が、
誰かを傷つけることも
十分、考えられることです。

広告

束縛する側の苦しみ

さて、束縛される側は、
無論、苦しんでいる。

状況を改善したいと
望んでいる。

ただ、束縛する側も
苦しんでいるのです。

そして、
相手を苦しめていることも
十分に理解している。

*

ただ、束縛する側の
苦しみとは、一度、
手に入れたものを
手放すことへの不安
なのです。

つまり、
” 1 ” の状態から、
持っていなかった
” 0 ” の状態に戻る
という不安。

反対に、束縛される側は、
単に、降りかかった災難から
逃れようとしているだけです。

つまり、” -1 ” の状態を
” 0 ” に戻そうとしている。

*

筆者には、この関係が、
アメリカの南北戦争以前の
時代に重なって見えるのです。

当時、
アメリカ南部の白人たちは、
黒人を私有財産だと主張し、
反発が高まっていた。

そこに、
エイブラハム・リンカーン
が登場した。

リンカーンは、
奴隷制度という人類最大の
不条理を解放宣言によって
正したのです。

*

そう。

これは、
” 不条理 ” な問題です。

それが、契約によって
合法化されていたとしても、
” 愛 ” という美しい言葉で
言い表されたとしても、
人が、人を思い通りに
コントロールすることは、
” 不条理 ” 以外の
何物でもないのです。

*

ゆえに、束縛する側は、
失う不安、そして、
愛する人を苦しめる罪悪感、
人として道徳に反する背徳感、
という三重苦を背負うわけです。

” 自分のことを
愛しさえしてくれれば・・ ”

と相手の考えが変わることで
全ての苦しみが
終わるのでしょうか?

*

答えは、NOです。

表情は笑顔でも、心は
違っているのかもしれない。

いつ裏切られるのか
分からない。

常に、
疑念と不安を抱えながら、
監視し続けなければ、
ならないのです。

結局、束縛した先にある
” 幸せ ” とは、幻想でしかない。

束縛される側に必要なこと

さて、この不条理な状況を
打開する策はあるのでしょうか?

これが、DV、いわゆる、
ドメスティック・バイオレンス
の問題を含んでいるというなら、
もちろん、しかるべき手続きを
とるべきです。

黙って耐え続けても、
その先に、希望は見えない。

*

それが、暴力というレベル
ではないにしても、はやり、
必要なのは、
” 立ち向かう強さ ” だと思います。

無論、束縛する側の
理解を得て、円満解決
出来るのであれば、それに
越したことはありません。

もし、それを望めないならば、
戦うしかない。

それが、相手を傷つける
結果になったとしても、
一粒の泥も被らずに ” いい人 ”
であり続けるよりは、ずっといい。

*

ある程度の犠牲は
あるかもしれません。

ただ、その先に
希望があることも確かです。

自分の主張に自信を持つこと。

こちらが、必要以上に
何かを欲しがったり、
不条理な要求をしている
わけではないのです。

人間本来の状態、
” 0 ” に戻ろうとしているだけ。

あなたに何の非があると
言うのでしょう?

広告