” 夢占い ” に関する誤解|夢が未来の自分を映す

” 夢占い ” という分野は、
他の占いとは違って、
少々、特殊な事情を
抱えています。

風水やタロットの場合、
その道に精通したエキスパートが
依頼者の悩みに答えるという
アドバイザーと依頼者
という関係があります。

それは、ドクターと患者の
関係にも似ている。

つまり、
アドバイスをする側と、
される側に、立場の優劣が
あるのです。

*

夢占いには、” エキスパート ”
は存在しません。

筆者の知る限り、
夢占いで生計を立てている
占い師というのを
見たことはありません。

夢占い辞典のような
書籍やウェブサイトが
あるぐらいです。

なぜでしょう?

広告

厳密には ” 占い ” ではない

筆者は、” 夢占い ” という
単語は、多くの人に誤解を
与えている結果になっている
と考えます。

” それは、星占いや、
誕生日占い、四柱推命や
タロットと同列のものだろう ” と。

しかし、実際は、
” 占い ” と呼ぶには、
あまりに個人的過ぎるのです。

*

夢を読み解く作業は、
厳密に言うと、単なる
” 自己分析 ” です。

それを ” 占い ” という
カテゴリーに収まるように
形を整えて、体系化したのが、
いわゆる ” 夢占い ” です。

そして、その過程で、
本来の趣旨から、
乖離してしまっている。

*

例えば、日記をつけながら、
自分のことを一日の終わりに
思い返してみるというのは、
一つの自己分析と言えます。

” ああ、あんなことを
言わない方がよかった ”

” なぜ、自分は、いつも
このパターンなんだろう? ”

” ここ一週間、
レトルト食品ばかり
食べているな ”

” 明日から気をつけよう ”

自分を見つめ直すことで
色々な ” 気づき ” があります。

夢を読み解くというのは、
テキストベースの日記ではなく、
もっと直感的で、心の奥底を
映したバーチャル体験を元に、
自分を見つめ直すという
個人的作業なのです。

自己分析を ” 占い ” と
呼ぶのは、少々、観点が
ズレている気がします。

*

本来の趣旨から、離れて
しまっているというのは、

その分野で、自分よりも
多くの知識を持った専門家や、
専門的なウェブサイトに
自分の求める ” 答え ” が
あると思わせてしまっている
ということです。

専門家は、あなたのことを
何も知らない。

会ったことも
無いのですから。

*

夢とは、それを見た人の
最もプライベートな領域
である心の奥底を
映しているのです。

健康に関する情報ならば、
例えば、大豆には、
イソフラボンが入っていて、
女性ホルモンと似た働きを
するというような有用な
情報を得ることが出来る。

それは、誰にとっても
価値のある情報です。

*

しかし、その夢は、
それを見たあなたにしか
価値を持たない。

つまり、どこかの
夢占いに載っている解釈は、
他人の夢の解釈です。

あなたにとって、必ずしも
価値のあるものだとは
限らない。

自分を見つめることを
置き去りにして
” 答え ” を得ることは
出来ないのです。

広告

夢のエキスパート

あなたの夢を最も深く
理解しているエキスパートは
夢を見たあなた自身です。

当たり前ですが。

実際に映像を
見ているわけですし、
映像だけでなく、
その世界で過ごし、
バーチャル体験を
しているわけですから、
その夢について、
最も詳しいわけです。

*

医療の分野では、
患者の夢を分析することも
ありますが、それは、
治療の一環としての
分析であって、
患者の精神状態や傾向を
知るためのものです。

それによって、
人生の指針をアドバイス
してくれるわけでは
ありませんし、治療に
無関係な部分を細かく
分け入ったりもしません。

とりわけ、夢の持つ
スピリチュアルな側面
などには。

*

つまり、
夢を読み解く作業を
” 夢占い ” と言うのなら、

日記をつけるのも、
アスリートが自分の
フォームを映像で
チェックするのも、
画家が自画像を描くのも、
” 占い ” ということに
なってしまいます。

” 夢占い ” という言葉には、
そういった誤解を招く
部分があるのです。

*

ただ、お気づきの方も
いると思いますが、
このブログのタイトルにも
” 夢占い ” という単語が
使われています。

そのキーワードでしか、
このブログには、
たどり着けない。

もう、周知されてしまった
単語なのです。

自分にとって未知のものを
探したいとき、
その呼び名を知らなければ
検索することが出来ない。

インターネットは、
不完全な仕組みなのです。

未来の自分を映す

さて、ここまで来て、
何か見落としているように
思いませんか?

そうです。

夢には、
スピリチュアルな側面がある。

例えば、正夢など、
未来を予知する現象。

単なる自己分析というなら、
確かに、日記を書いたり、
自画像を描くのと
同じなのかもしれない。

しかし、夢の場合、
未来を暗示するという
特殊な側面を持ちます。

ゆえに、” 夢占い ” と呼ばれる。

これについては、
どう考えていけば
よいのでしょう?

*

その夢が、現在の自分を
描いていたとしても、
それが未来の自分を
描いていたとしても、
基本は、変わりません。

その夢は、自身を
表現しているのです。

現在の自分を映した夢に
よって自己分析するのと
同じように、
未来の自分を映した夢を
分析するだけです。

*

例えば、あなたは、
今から数日後に素敵な異性と
出会う予定があるとします。

あなたが、もし、
素敵な異性と出会ったら、
どんなリアクションを
取りますか?

恥ずかし過ぎて、
目線を合わすことが出来ない?

それとも、友達に
協力してもらって、
どうにかして、
コンタクトを取ろうとする?

それとも、
自分には高望みだと、
言い聞かせて諦めてしまう?

*

まだ、現実になっていない
出来事でも、頭の中で
シュミレーションをすれば、
自己分析は可能です。

もし、
その異性が魅力的過ぎて、
自分とは釣り合わないと
感じてしまうとしたら、
その考え方は、無論、
夢にも表れる。

例えば、その数日前に、
それほど、素敵でも無い
平凡な異性と会話をしている
夢を作るのです。

つまり、
数日後に出会う異性を
自分に釣り合うように
調整し、夢の中で、
平凡化しているのです。

このように潜在意識は、
未来の出来事そのものではなく、
未来の出来事に対する
その人特有の
” リアクション ” を描く。

夢は、その人の ” 主観 ” を
描いているのです。

*

なので、未来の予知に
関する夢を読み解くときにも、

自分なら、どんな
リアクションを取るだろうか?

と、自己分析していく
必要が出てきます。

そして、自分のリアクション
を見て、そこから、どんな
出来事が起こるのかを
逆をたどって推測するのです。

*

ただ、ここで、
留意しておきたいのは、
夢の作り手が、夢を
見ている人の潜在意識
であるということです。

つまり、
夢の世界の創造主は、
あなた自身なのです。

創造主ですから、
リアクションと言っても、
夢の中の自分の行動だけが、
リアクションではありません。

必要であれば、海を二つに
割ることも出来ますし、
天空からドラゴンを召喚する
ことも出来る。

夢の世界で起こる全ての
現象が、あなたの
” リアクション ” なのです。

それを踏まえた上で、
夢を読み解かなければ、
未来を知ることが出来ない。

*

いずれにせよ、まず、
自分の深い部分を
分析する必要があるのです。

それが、
単純な願望夢であっても、
予知夢であっても。

ゆえに、夢占いは、
雑誌の1ページに掲載される
” 今日の運勢 ” というような
商業的なアプローチを
取ることが出来ないのです。

広告