人物がすり替わる夢|なぜ、途中で変わるのか?

夢を見ていると、
時折、登場人物が別人に
入れ替わったり、
動物が人間に、もしくは、
人間が動物に入れ替わる
ということがあります。

また、人間や動物が
物になるという理解しがたい
状況になることも。

現実世界ではありえない
ことですが、夢の世界では
それが、全く何の違和感も
無く成立するのです。

そして、最も奇妙なのは、
夢を見ている私たちが、
その ” 入れ替わり現象 ”
を変だと思わずに
受け入れている点です。

*

例えば、夢の中で、
犬を主人だと思って
話しかけていたり、

飼い猫が、床に落ちた
アクセサリーに化けても
特に驚くことなく、それを
拾って身に付けたりする。

一体、奇妙な
この入れ替わり現象は、
どう解釈すべきでしょう?

広告

怪我をした犬、そして、少年

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

玄関に怪我をした犬が
座り込んでいる。
 
息も絶え絶えに
苦しそうにしている。
 
突然、犬が、
泣きじゃくる幼い少年
になっている。
 
私は、親に連絡を取る
ために電話番号を聞く。

この夢で特徴的なのは、
怪我を追った犬が、
途中から、幼い少年に
入れ替わるという部分です。

なぜ、犬が、突然、
少年になったのでしょう?

犬は犬のままでは
いけなかったのでしょうか?

もしくは、最初から
少年ではいけなかった
のでしょうか?

*

まず、筆者は、
怪我をした犬の状況を
詳しく聞くことにしました。

犬は、右後脚、そして、
右前脚に怪我を負っていた
ということです。

そして、その場に
へたり込んでいた。

彼女が、
玄関から顔を出すと、
希望の光を見るような
哀れな眼差しで自分を
見上げたと言います。

*

彼女は、筆者に
尋ねます。

” 足を怪我しているのは
なぜですか? ”

彼女は、家族の誰かが
足を怪我をするのでは
ないかと心配している
ようでした。

その時、筆者は、
この質問に答えるには、
もう少し、彼女の置かれた
状況を知る必要があると
感じたのです。

想定された憶測

まず、この夢の作り手は
彼女自身ですから、
犬を玄関先に配置したのも
怪我を負わせているのも
彼女による演出という
ことは念頭に入れておく
必要があります。

このことから、
考えられるのは、犬が
足に怪我を負っているのは、
その場から動かすことが
困難な状況を作るため
なのです。

何だか犬が可哀そうに
思えますが、

この夢においては、
彼女にとって、
犬は可哀そうな存在で
なければならなかった。

夢の中で彼女は、
自分を見上げる犬を見て、
” どうにか助けてあげたい ”
と思ったそうです。

*

また、それと同時に
次のような憶測も
行ったと言います。

” 首輪がついているから
飼い犬だ。誰かが、
手に余って家の前に
置き去りにしたんだ ”

彼女は、
無責任な飼い主が、
面倒事を押し付けて、
行方をくらましている
ことに腹が立った。

” 一体、どんな
飼い主なんだろう? ”

*

この夢の中で行った
彼女の憶測は、
極めて重要です。

なぜなら、
潜在意識は、彼女に
そう思わせたかった
からです。

つまり、彼女の憶測は、
予めシナリオに組み
込まれた想定なのです。

*

さて、
ここま解説しましたが、
一体、潜在意識は、
これら意図的演出によって、
何を伝えようと
しているのでしょう?

広告

夢を見た背景

筆者は、彼女に
尋ねました。

” 最近、何か面倒だと
感じたことはありますか? ”

筆者には、怪我をした犬が
面倒事の象徴のように
思えたのです。

*

彼女の話では、最近、
会社の取引先の男性から
個人的に食事に誘われて
いるとのことでした。

彼女としては、あまり、
気が進まないようで、
どうやって断ろうかと
気を揉んでいたのです。

雑談に付き合って、
話しているうちに
相手に好意を持たれて
しまったようだと彼女は
経緯を説明しました。

そして、元々、自分は、
断り切れない優柔不断な
性格だと言います。

この彼女の性格は、
今回の夢にも表れている。

*

もう一度、
振り返ってみましょう。

怪我をして動けない犬。

犬は、今にも
振られそうになっている
取引先の男性を表して
いるのでしょうか?

そう解釈することも
出来ますが、厳密には、
男性に対する彼女の
罪悪感が犬として
登場しているのです。

*

そもそも、この夢は、
彼女の作ったものですから、
取引先の男性には、
無関係なものです。

もしかすると、男性は、
約束を忘れているかも
しれない。

あくまで、夢に描かれて
いるのは、彼女から見た
” 主観 ” に過ぎないのです。

*

犬が怪我をして一歩も
動けないというのは、
彼女が面倒事を
引き受けやすい状況を
あえて作っているのです。

犬が、哀れな眼差しで
彼女を見上げる場面にも
表れているように、
犬が可哀そうであれば
あるほど、人として
彼女は見捨てるわけには
いかない。

” 仕方ない。
私が面倒をみなきゃ・・ ”

断り切れない自分が
楽になるように、
やもえない状況を作って、
それを理由に面倒事を
引き受けようとして
いるのです。

*

つまり、彼女は、
夢の中でも、罪悪感から
食事の誘いを断り切れずに
いるのです。

そういった意味で、
この夢における
怪我をした犬は、
” 断らずに済む理由 ”
と言うことも出来ます。

押し付けられた面倒事

さて、夢の中で
怪我をした犬が玄関先に
座り込んでいる原因は、
無責任な飼い主が世話を
放棄してしまったという
ことになっています。

現実ならば、もちろん、
許されることではありません。

犬が哀れ過ぎます。

( そうでなければ
ならないのですが・・ )

ここで彼女は、少し、
手の込んだ演出を行っている。

*

思い出してみてください。

彼女が、現在
抱えている問題は、
食事の誘いを断り切れない
ということでした。

もし、犬が男性を
表しているなら、
飼い主は、誰なのでしょう?

そもそも、犬は、人を
表しているわけではなく、
彼女の求めている
” 断らずに済む理由 ” を
映像として表現した結果
なのです。

つまり、夢には直接
登場していない飼い主も、
人ではありません。

*

彼女は、自身の優柔不断さ
によって、今回の面倒事を
招いてしまったことを
自覚しています。

だから、
必要だったのです。

問題の種は自分ではなく、
別にあると思える人物が。

それによって、
自分の中の罪悪感を
打ち消そうとしている。

*

彼女は、
飼い主に連絡をして、
犬を引き取らせようと
しています。

自分の身に降りかかった
面倒事を避けるために、
引き受けるべき相手を
夢の中で作り出している。

相手が、悪い人間ならば
面倒事を押し付けても
罪悪感を感じません。

左脚が無傷の理由

さて、ここで、疑問を
持った方もいるかも
しれません。

先ほどは、彼女が、
面倒事を受け入れようと
していると説明しました。

そして、一方では、
面倒事を回避しようとも
している。

つまり、この夢は、
彼女の中の葛藤を
描いているのです。

*

この葛藤は、犬の怪我の
状態にも、表れている。

怪我を負っているのは、
右前脚、右後脚の二本。

なぜ、左側の足は、怪我を
していないのでしょうか?

これは、彼女の中に
断りたい気持ちと
断れない気持ちが
半々にあるということです。

面倒事を引き受けずに
済む余地を残しておく
ために右脚のみの怪我に
留めているのです。

*

さて、
夢の中で、彼女は、
犬と飼い主という
二つの存在にそれぞれ
役割を与えています。

断らずに済む理由、
そして、
断っても自分は
悪くないと思える理由。

この役割分担は、
彼女にとっても、
都合のよい状況を
作っています。

自分は、出来るだけ
犬を助けたい。

しかし、本来は、
返すべき場所に
返すのが道理。

この設定ならば、
彼女は、たまたま、
面倒事に巻き込まれた
不運な第三者に
なることが出来る。

つまり、彼女は、
” いい人 ” でいたいのです。

広告

なぜ、犬が少年になったのか?

さて、犬が、突然、
途中から少年になった
という部分。

ここには、どんな意味が
あるのでしょう?

彼女は、夢の中で
犬が、いつの間にか
少年に入れ替わって
しまったことを特に
気に止めなかったと言います。

最初から、
そうだったかのように。

夢の中で、犬と少年は、
同一の存在として
扱われている。

なぜ、途中で
変えたのでしょう?

*

夢は、それを見ている
本人の心の状態を
映像化したものです。

心は、絶えず、
成長し、変化している。

この夢では、最初、
怪我をした哀れな犬が
描かれています。

そして、
彼女の憶測の中で、
無責任な飼い主が
登場する。

その面倒事を
引き取るべきか、
返してしまうべきか、

この時点では、
彼女は、まだ迷っている。

*

やがて、彼女の心に
変化が訪れます。

” やっぱり、
返してしまおう ”

ここです。

この考えが生まれた
瞬間に犬を子供に
切り替えたのです。

それは、なぜか?

*

怪我をした犬ならば、
飼い主が見つからずに
自分が世話をしなければ
ならない可能性がありますが、

小さな子供ならば、
そのまま放っておく
わけにもいきません。

状況によっては、
警察沙汰にもなりかねない。

潜在意識は、必ず、
親元に返さなければ
いけない設定に
切り替えたのです。

*

犬と入れ替わった少年は、
単に泣きじゃくって
いるだけで、怪我はして
いなかったという状況からも
このことが覗えます。

つまり、より返しやすい
状況に設定を変更した。

この夢は、彼女の心が
変化する瞬間を切り取って
いるのです。

葛藤した状態が、やがて、
一つの考えによって
解消されるまでの変化を
描いている。

その後、彼女は、
取引先の男性に断りの
メールを送ったそうです。

鍵のある場所

さて、今回は、
夢の中の登場人物が、
途中で、別のものに
変わってしまうという
現象について解説しました。

ただ、今回の夢では、
このように解釈出来た
というだけで、

人が突然、動物になるとか、
動物が物に化けるといった
夢が、全て、” 心の変化 ”
を描いているかと言えば、
そうとは限りません。

夢は、それを見る人の
内面を描いているわけ
ですから、本人が
置かれている状況や、
個人的な事情と密接に
関係しているのです。

それを無視して、
夢の内容だけでその
意味を読み解くことは
出来ないのです。

*

もし、あなたの夢に
登場した人物が、
ある場面から別のものに
変わってしまったとしたら、
その部分だけに注目する
のではなく、

夢の内容もそうですが、
自分の日常生活や、
今、抱えていることなど、
現実世界での出来事なども
頭の中で、一度、
整理してみてください。

自分の人生と
全く無関係の夢を
潜在意識が作ることは
無いのです。

夢は、必ず、あなたの
体験している現実と
関連している。

夢は、現実の延長線上に
作られるのです。

だから、それを読み解く
鍵もそこにある。

広告