” 変えられなかった現実 ” が変化するとき

” 現実を変えたい ”

誰しも、一度は思うことです。

しかし、実際には、
なかなか変わらない。

それは、何故か?

*

筆者は、ここに、ちょっとした
” 誤解 ” が生じているのでは
ないかと思います。

その誤解とは、
一体何でしょう?

また、現実を変えるための
方法は、果たして、
あるのでしょうか?

広告

現実逃避ってそんなに悪いこと?

” 現実に不満を持って
生きるのは不幸だ ”

” 気持ち次第で、
豊かな人生が送れる ”

” 現状に感謝すること ”

自己啓発の本や、
スピリチュアル系の本でも
よく見受けられるセリフです。

*

こういった言葉を聞いて、
こう思う人もいるかも
しれません。

” それでは、結局、現実を
変えられないじゃないか ”

” それって、ただの
現実逃避じゃないの? ”

確かに、その通りなのです。

*

と言って、筆者は、自己啓発や
スピリチュアリストの主張を
否定しているわけでは
ありません。

もちろん、感謝する気持ちは
大切ですし、気に入らない
ことばかりをクローズアップ
して、不満を持ち続けるのは、
誰が見ても、良いことだとは
思えないでしょう。

彼らが言っていることは、
何も間違っていない。

*

また、” 現実逃避 ” と言うと、
悪いことのように聞こえますが、
筆者は、それは決して、
悪いことではないと思います。

例えば、
嫌な気分を変えるために
音楽を聞く、映画を観る
といったことも、
一種の現実逃避ですし、

人々が、日々、
眠っているときに夢を
見ることも、まさに、
それなのですから。

*

と言っても、少し努力すれば、
現実を変えることが出来るのに、
それについては、何もせず、
感謝しているだけというのも
何だか妙な話です。

現実が変化したことに
感謝することだって出来る。

結局、感謝は、いつでも、
どの時点でも出来るのです。

本当に必要なもの

現実逃避がそれほど悪いことでは
無いにせよ、人には、実際、
生きていかなければならない
日常生活があります。

それは、
” 変えたくても変えられない現実 ”
として、私たちの人生に
根を下ろしている。

育児や家のローンや、健康、
人間関係、家庭問題、仕事、
生活のために必要なお金、
様々な生きていく上での課題。

*

さて、
この ” 変えられない現実 ”
に対して、

” 現状の不満ではなく、
良いところを見つけて、
それに感謝すべきだ ”

というアドバイスは、本当に
その人に必要なものなの
でしょうか?

例えば、パワハラで
鬱病になってしまった人に

” 世の中、
仕事に就けない人もいるんだ。
仕事が出来ることを
有り難く思いなさい ”

と言って、
会社に送り出すのでしょうか?

その人に、本当に必要なのは、
しかるべき治療を受けること
だと思います。

*

例えば、
学校でイジメにあっている子に

” 不満を持つな
学校に行けることに感謝しろ ”

などと、筆者には、
とても言えません。

この子に必要なのは、
帰ることが出来る ” 心の家 ”
なのだと思います。

広告

人間関係は絶えず変化してる

では、
” 変えたくても変えられない現実 ”
とは、具体的には、
どういったことでしょう?

最初に ” 現実 ” と、
一言で言っても実際は、
もっと複雑です。

例えば、職場での人間関係
について悩んでいるという
ケースを見てみましょう。

” 人間関係 ” は、様々な要素が
組み合わさって出来ています。

*

それが、
上司と部下という関係ならば、
上司は、立場として強く、
部下は弱いということから、
それに従った形の人間関係が
作られるでしょう。

つまり、
” 役職 ” という要素が、
二人の人間関係に
大きな影響を与えています。

また、上司が若く、
部下が年輩という構図なら、
” 年齢 ” や ” 経験 ”
という要素が影響します。

*

忙しいのに部下であるあなたに
仕事を押し付けて、早く
帰ってしまう上司がいたとします。

もし、上司の帰宅理由が、
拗れた夫婦関係を修復するため、
ならば、その夫婦関係も
あなたと上司の関係に影響を
与える要素の一つと言えます。

*

他にも、” 人格 ” や ” 能力 ”
” 考え方 ” ” 過去の経験 ”
” 昨日誰かに言われた一言 ” など、
あらゆる要素が、影響を与え合い、
人間関係を形作っていきます。

そして、作られた人間関係は、
時と共に変化していく。

*

例えば、
結婚し、子供が生まれたことで、
今まで付き合いのあった友達と
疎遠になってしまうとか、
グループから、中心的な人が
抜けてしまって、自然に
解散してしまったとか、
新しい人が入ってきて、変な
派閥が生まれてしまったとか、

時間が経つと、それぞれの人の
置かれた状況が変わっていきます。

それによって、
人間関係が清算されたり、
新しく構築されたり、
複雑な過程をたどって、
変化していくのです。

” 変わらない現実 ” という幻想

” 変えられない現実 ”
に話を戻しましょう。

” 現実 ” とは、ダイヤモンドの
ように永遠のものではない。

複雑で、
日々、数ある要素のうち、
どれかが変化しています。

つまり、変えたくても
変えられないはずの現実は、
絶えず変化し続けている。

ただ、現時点で、
あなたの思い通りに変化
していないというだけです。

*

一人の男が、
大きな岩を東に向かって
運ぼうとしている。

しかし、岩は重たくて、
1ミリも動かすことが
出来ない。

いえ・・

ちょっと待ってください。

本当は、東に向かって
途轍もない距離を
動いている。

地球の自転によって。

ただ、空にある太陽以外は、
全てが同じ方向に動いて
いるので、動いていない
ように見える。

*

あなたの前に立ちはだかる
その ” 現実 ” は、本当に
1㎜も動いていないんでしょうか?

現実を変えるために何が必要か?

” 北風と太陽 ” という童話、
多分、ほとんどの人は、
ご存じだと思います。

旅人のコートを脱がすために
太陽と北風が競い合うという話です。

北風はコートを脱がすために
強風を当てますが、旅人は、
コートをしっかり握りしめてしまい、
かえって逆効果。

一方、太陽は、
旅人を照らします。

暖かくなったことで、
旅人は、コートを自分から脱ぐ。

*

力ずくでは、人は反発し、
思ったとおりに動いてくれない。
というのが、この童話が
伝えていることだと思います。

人間関係の一つの教訓と
考えることも出来ます。

*

さて、少し見方を変えて、
この童話について考えてみましょう。

先ほどは、” 現実 ” は、絶えず
変化していると言いましたが、
それでも、” 現実が変えられない ”
と感じるのは、
変化の流れに逆らった方向に
変えようとしているから、
ということだと思います。

旅人が、” 現実 ” だとするなら、
北風のように、それを
力ずくで変えようとすることは、
” 流れに逆らった方法 ”

そして、
太陽の取った方法と言えば、

” コートは寒い時に着るもの ”
” 暖かければ必要ないもの ”

という、ありきたりで、
当たり前のことを踏まえた上で、
ちょっとだけ手を加える。

この流れに逆らわずに
” ちょっとだけ手を加える ”
というのが、現実を変えるための
シンプルでポピュラーな方法
なのだと思います。

” 北風と太陽 ” という童話が伝える
” 何かを変えるための方法 ” とは、
誰も思いつかなかった
逆転の発想などではなく、日常的に
誰もが、当たり前のものとして
慣れ親しんでいる常識に沿った
ちょっとした ” 機転 ”
なのではないでしょうか。

*

そして、
現実を変えていくということは、
一つ一つの積み重ねが、やがて、
目に見える形になっていくのであって、
目が覚めたら、理想の自分に
なっているという劇的な変化とは、
違うのだと思います。

それは、静かに、そして、
目立つことなく、動いていき、
振り返ったときに初めて、

” そう言えば、随分、変わったな ”

という省みる感覚が、
いわゆる ” 現実を変えた ”
ということではないでしょうか。

*

関連記事:
気持ちが落ち込んだ時の対処法|心の疲労感

広告