” 願望 ” が夢解釈の邪魔をする?

夢から、
正しいメッセージを受け取るときに
障害となるものの一つに、
” 願望 ” があります。

潜在意識が、あなたに
何か伝えたとしても、
それが ” 願望 ” によって
歪められた形で伝わってしまう。

*

これは、別に夢だけに
限ったことではなく、
日常的な場面でも
よく見られることです。

例えば、人の噂話は、
正確に伝わる方がまれで、
誰が付け加えたのか、
必ず尾ひれがつくものです。

人から聞いたその話に
個人的な ” そうあって欲しい ”
という気持ちが、無意識に
込められてしまうのです。

では、夢の場合は、
どのような形で
願望が正しい解釈を
妨げるのでしょう?

” 願望 ” が正しい答えを妨げる

例えば、
好きな人が登場する夢。

恋する若い女性ならば、
その夢に、恋の進展を
期待してしまうでしょう。

” 恋が進展する
暗示であってほしい ”

という気持ちから、
色々な理由を持ち出して、
自分の求める答えに
合わせていくのです。

*

ある女性が、親友に
こう言われます。

” 彼が、あなたと
デートしている夢を見たよ ”

彼女には意中の男性がいて、
親友にもそのことを
話していたのです。

彼女は、
親友の夢の話を聞き、
恋の進展の暗示と解釈します。

ですが、この夢は、
意中の男性に思いを
伝えることが出来ない
彼女のことを思った親友が、
背中を押そうとしているのです。

*

親友の夢が伝えているのは、
” 恋の進展 ” ではなく、
” 友情 ” なのです。

彼女は、自らの願望によって、
誤った解釈をし、
” 友達が自分を思う気持ち ”
という大切なメッセージを
見落としているのです。

どの解釈を選択するか

先ほどの例は、
自分の夢ではなく、
友達の見た夢を解釈するという
ケースでしたが、

これが自分の夢であっても
本当の意味を都合のよく
歪めて解釈してしまうことが
あります。

*

次は、とある受験生が見た
夢の一例です。

志望する大学の学生と
一緒に遊んでいる。

勉強が思うように
進んでいなかった彼は、
この夢を志望大学に
入ることが出来る暗示
と解釈します。

*

しかし、
彼は、もう一つの解釈を
見落としています。

満たされない願望を
夢の中で満たそうとしている。

つまり、
現段階の学力では、
希望する進学が望めないなら、
これは、単なる
” 願望夢 ” かもしれない。

どちらの解釈を
採用するかは、
彼自身の学力を見れば、
何となく予想がつくでしょう。

彼が、自分の今の実力を
踏まえて、解釈したのか、
どうかがポイントです。

*

見たくないものに
目を塞ぎ、
見たいものだけを見る。

それが、
人の弱さというものです。

夢を解釈するときは、
” そうであって欲しい ”
という願望が、
自分の中にあるか、どうか、
確かめることが大切です。