夢の中の ” いつも使っている物 “|メガネの夢

日常生活でいつも
持ち歩いている携帯品、
よく使う愛用品などが
夢に登場する場合。

例えば、現代人が、
肌身離さず持っている
スマートフォンとか、
視力の悪い方なら、
メガネがそうかもしれません。

他に、頭痛持ちの人なら、
バッグの中に常備薬を携帯
している場合もあります。

既婚の方なら、結婚指輪、
信心深い人ならお守りを
持ち歩いているかもしれない。

*

こういった持ち歩ける
ぐらいの小さな物、
そして、
日常でよく使うものが
夢の中で協調される
場合は、どのように
解釈すべきでしょうか?

広告

メガネの夢

まず、そのアイテムの
使い方や、価値は
人それぞれですので、
結局は、その解釈も
ケースバイケースになる
ということ念頭に入れて
おく必要があります。

例えば、
スマホについて言うなら、
メガネのような、用途が
限られたアイテムとは違い、
電話、ゲーム、SNS、
ネットショッピング、
もしくは、株式投資の
ツールとして利用する
など使い方は多岐に渡ります。

それは幅広い用途を
持っているわけですから、
スマホが登場する夢は、
他のアイテムに比べて、
より解釈が難しくなる。

その人がスマホを
どのように使っているのか
という所から始めなければ
なりません。

*

もし、その人が、
SNSを中心に使っている
というのなら、スマホの夢
を見たとしても、それは、
その向こう側にあるSNSに
ついて描かれた夢という
ことになります。

スマホについて
書き続けると、かなりの
分量になってしまうので、
後は、別の記事に任せる
として、

関連記事:
タブレット・スマホが故障する夢|現代的なアイテム

要は、アイテムが持つ
特性によって、柔軟な
解釈が必要になっていく
ということです。

*

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

オフィスにて。
 
自分のデスクの上に
メガネが置いてある。

とても短く、
シンプルな構成の夢です。

ストーリー性も
登場人物もいないので、
” デスクに置かれたメガネ ”
だけが、唯一の判断材料
ということになります。

また、デスクの上に
メガネが置いてあるという
場面は、一見すると、
不自然ではありませんし、
日常的な光景のように
も見えます。

この夢は、一体、
何を意味しているの
でしょうか?

いつもと違う設定

女性の話では、メガネは
自分がいつも使っている
もので、通常は、
常に身に着けているが、
お風呂と就寝の時だけ、
それを外すということでした。

ここで、一つの疑問が
浮かびます。

なぜ、いつも身に着けて
いるはずのものが、
デスクの上に置きっ放し
になっているのでしょう?

そして、それが、
置いてある場所は、
洗面所でも、枕元でも無く、
職場のデスクの上。

*

彼女の潜在意識は、
夢の中で、あえて、
メガネをデスクの上に
置き忘れたという設定
を作っている。

筆者は、尋ねます。

” それは、
仕事場に忘れたという
ことですか? ”

彼女の認識では、
職場に置き忘れた
メガネを思い出す
回想シーンとして、
今回の夢を見たという
ことでした。

そして、自分は、
会社に取りに戻るか
どうかを迷っていた
と言います。

*

それから、彼女に
当時の仕事の状況を
尋ねました。

すると、次のような
事実が浮かび上がって
きたのです。

彼女には、当日、
やり残した仕事があった。

本来は、仕事の仕上がりを
チェックすべきところを、
そのまま帰宅した。

彼女曰く、これまで
チェックして、
間違いが見つかった
ことは無かったので、
気にはなっていたが、
” 大丈夫だろう ” と
自分に言い聞かせ、
やり過ごしたそうです。

広告

すり替えられたもの

翌日、
彼女は職場に来ると、
夢のこともあり、
気になっていた
昨日の仕事を朝一番に
チェックした。

そして、間違いを
一箇所だけ発見した。

*

この経緯を聞く限り、
次のような解釈が
出来ます。

彼女は、内心、
仕事のやり残しが
気になっていた。

でも、職場に戻るのは
面倒だった。

そこで潜在意識は、
睡眠中に夢を作ったのです。

戻らなくてもよい
言い訳として。

*

オフィスに忘れたのは、
やり残した仕事ではなく、
いつも使っているメガネ
であると、問題意識の
” すり替え ” を行ったのです。

仕事なら、後々、
何か問題になるかも
しれないが、メガネなら、
私物だし、置き忘れた
としても問題にはならない。

彼女は、自分が
ミスをしていることを
何となく気がついていた
のかもしれません。

そこで、心の底で
感じた ” 焦り ” を
仕事の仕上がりではなく、
メガネを職場に忘れた
からだと、自分自身の
気持ちを誤魔化そうと
しているのです。

*

しかし、なぜ、
メガネなのでしょう?

他のアイテムでも
よかったのでは?

これが、
大して使っていない
置き忘れても困らない
爪切りや、目薬だった
としたら、自身を騙す
ことが出来ない。

打ち消せない心の焦りが
どうでもよい爪切りの
せいだとは、とても
思えないからです。

なので、
いつも愛用している
メガネを犠牲にしな
ければいけなかった。

分析の範囲

メガネや、アクセサリー、
化粧品、時計、バッグなど、

こういった持ち歩く
ことが出来る小さな
携帯品は、比較的、
夢占いで検索すると
見つかりやすいタイプ
の項目です。

そのため、夢解釈の時に、
ストーリー全体や、
意味不明の場面や設定、
という分かりにくい部分を
放置したまま、アイテム
のみで解釈してしまう
というアイテム中心の
分析になりやすい。

*

夢を映画に例えるなら、
小さなアイテムは、
小道具です。

無論、小道具だけで、
映画は成立しませんし、
それだけ見ていても、
テーマは伝わりません。

断片的な手掛かりだけでは、
夢が伝えている本当の意味
を知ることは出来ないのです。

*

大切なのは、
夢を見た本人にとって、
そのアイテムが何を意味するか、
どんな価値を持っているのか、
ということをよく理解して
おくことです。

もし、あなたが、
いつもバッグに入れて
持ち歩いている化粧品の
夢を見たとしたら、それを
使うタイミングはどんな時か、
それに感じている使い心地、
最近使い始めたのか、
ずっと愛用しているものか、
なぜ、使い始めたのか、
といった細かな観察を
していく必要があります。

観察していく中で、
” もしかして、こういう
ことなんじゃないか・・ ”
と自分の中に一つの考えが
浮かんだら、後は、それを
掘り下げていくだけです。

*

いずれにせよ、なぜ、
それが夢に登場したのか、
そこには、裏付けされた
心理があるのです。

メガネが登場したら
こう解釈するといった
教科書的な回答は、
無いのです。

全ては、その人の
個人的体験から
始まること。

なので、あなた自身の
体験が夢を解く鍵と
言うことも出来る。

アイテムだけでなく、
全体を視野に入れるのです。

それは、無論、
夢の内容だけでは
ありません。

あなた自身の日常、
さらには人生も、
その中に入るのです。

広告