夢の中の ” 虫 “|実在しない生物を解釈するには

夢の中で ” 虫 ” が登場することがあります。

虫と言えば、蝶のように美しいものもあれば、
蜂のように危険な虫、
ゴキブリのように不快な存在もいます。

また、見たこともない模様の虫や、巨大な虫、
何かと何かが合体したような奇妙な虫など、
現実には存在しないものが登場することもある。

それら実在しない昆虫は、
どのように解釈すべきでしょうか?

広告

奇妙な模様の蜘蛛

次は、筆者自身が見た夢の一例です。

朝、目を覚ますと、
布団の上に拳ほどの大きな蜘蛛がいて、
自分の右腕に糸を巻きつけようとしている。
 
それを必死に振り払う。
 
蜘蛛は黒と青色のストライプ柄の奇妙な模様。

夢占いでは、” 蜘蛛 ” は、
不快な出来事の訪れを暗示すると言われます。

また、シチュエーションによっては、
良い知らせの予兆とも言われている。

さて、良いか悪いかで言えば、
この夢は、悪い夢ということになります。

それは、夢占いの項目を調べて、
そこに不吉な解釈が載っていたからではなく、

単に、この夢を見た筆者が
不快に感じたからです。

*

さて、個人的に不快に感じたから、
という浅はかな理由だけで
判断してしまってよいのでしょうか?

本来なら、しっかりとした根拠に基づき、
誰が解釈しても同じ答えを導き出せることが
適切な夢解釈だと。

確かに、個人の勝手な感想で
答えがコロコロ変わるとしたら、
何が正しいのかが分かりません。

ただ、実際は、夢の意味は、
人によってコロコロと変わるのです。

例えば、朝に蜘蛛を見る夢は、夢占いでは
良い知らせが来る暗示とされていますが、

通勤時、どこからともなく小さな蜘蛛が飛んできて、
あなたの肩に着地するという夢を見たとして、
それが朝の設定だったとしたら、

それは、幸運の兆しと判断すべきでしょうか?

重要なのは、
あなたがその場面で何を感じたのか・・

その蜘蛛を見て、
” あら、かわいい ” と思ったのか、もしくは、
その瞬間、体をのけ反らせて振り払ったのか、
それによって解釈が分かれるということです。

夢の作り手である潜在意識は、自ら用意した
その蜘蛛が何を意味しているのかを知っています。

つまり、肩に着地したのが、
蜘蛛に例えた別の ” 何か ” だということを
知っているのです。

そして、潜在意識とは、あなた自身でもある。

*

これは蜘蛛の解釈に限った話ではなく、
夢解釈全般に言えることです。

夢を見た本人の ” 感覚 ” が、それを読み解く鍵となる。

なぜなら、夢で描かれる全てが
” 感覚 ” によって構築された世界だから。

主観によって作られた世界

夢とは、
その人の中にあるイメージの集合体です。

そして、それは、
” 主観 ” によって作られたもの。

主観とは、
個人の感覚でとらえた認識そのものです。

簡単に説明すると、あなたは
庭先で一匹のチャバネセセリを見かける。

それは、セセリチョウ科に分類される
蝶の一種で全体が明るい茶色です。

しかし、昆虫に詳しくなかったあなたは、
それをてっきり蛾だと思い込んでいた。

その晩、夢にその蝶が登場したとしたら、
そのイメージは ” 蛾 ” として登場しているのであって、
” 蝶 ” という扱いにはならない。

現実世界におけるあなたの誤認識は、
夢の世界では、事実です。

*

さて、” 蛾 ” が登場する夢は、
夢占いでは不吉な夢の代名詞のように
扱われていますが、もし、あなたが
夢の中に登場したそれを見て、
次のように感じたとしたら、どうでしょう?

” あ、これ見たことある。
こんな綺麗な茶色の蛾もいるんだ ”

それが、蝶であろうと、蛾であろうと、
あなたが、それを見て感じた感覚が真実です。

潜在意識にとって、
それが何科に属するものなのか、
それは、どうでもよいのです。

ただ、あなたに
” 今まで見過ごしていた美しさ ” に
気づいもらいたかっただけ。

無論、美しさとは、
チャバネセセリの羽の色のことではありません。
それは、あくまで、潜在意識が思いついた
” 例え ” です。

広告

早朝のホームで

では、今回の夢について見ていきましょう。

筆者はこの夢を見て、とても不快に感じました。

実際に夢の中でも、腕を振り払って
蜘蛛を遠ざけようとしています。

ここで気になるのは、
蜘蛛の黒と青の奇妙なストライプ模様。

もちろん、実際には存在しない蜘蛛で、
明らかに筆者が作り出した架空の生物でした。

ただ、夢を見た直後は、
なぜ、潜在意識が単なる蜘蛛ではなく、
奇妙な模様の蜘蛛をキャスティングしたのか、
分からなかったのです。

その時は、気味が悪い
という印象しかありませんでした。

*

それから数日ほど経ち、用事があって
とある大きな駅を訪れた時のことです。

乗車予定の列車が来るまで、
少しばかり時間があったので、
ベンチに腰かけて待つことにしました。

早朝ということもあり、睡眠不足のせいか、
何度もあくびをしていました。

荷物を足元に置いて。

睡魔に耐えながら意識を保っていたのですが、
ふと、右側に人気を感じ、視線を向けると、
いつの間にか背広を着た中年男性が座っていた。

駅のホームに人気は無く、
他にも空いているベンチはあったのですが、
なぜかその男性は、筆者のすぐ隣、
ちょっと肘を動かせば触れる程度の
至近距離に座っているのです。

妙に不自然に感じました。

それから、彼の胸元に目が止まった。

ネクタイの柄を見て、
夢の中の蜘蛛を思い出したのです。

それは、全く、同じ模様ではありませんでしたが、
何となく、あの蜘蛛の模様にも似た青と黒の柄。

筆者は静かに席を立つと、その場を去りました。

” 思い過ごし ” という事実

結局、それらしい出来事は何も起こらなかった。

あの男性が、なぜ、筆者の隣に座っていたのか、
それは、今でも分かりません。

筆者の思い過ごしなのかもしれない。

実際、夢にまつわるエピソードには、
こういった出来事との関連性が
はっきりしないことは、よくあります。

先ほども言ったように、夢は、
その人の ” 主観 ” を描いているだけなのです。

今回のケースでは、筆者が駅で出会った
男性に不信感を抱いたことには間違いありませんし、
その感覚が発端となった。

実際に、手荷物を盗まれるというような
被害が起こらなかったとしても、
男性にそのような意思が初めから無かったにしても、

結局、夢に描かれるのは、
筆者がどう受け止めたかという主観なのです。

それが、暗示として夢に表れた・・

*

夢とは、出来事そのものを描くわけではなく、
出来事に対する個人の ” 感想 ” が
描かれるのです。

今回の夢では、蜘蛛のストライプ柄と、
男性のネクタイの柄は似てはいましたが、
厳密には違っていました。

これも、結局は、
筆者の中のぼんやしした ” 印象 ” が
再現されているだけなのです。

もしくは、気味悪く感じた奇妙な模様は、
” 疑わしさ ” ” 不信感 ”
という感覚を映像として表現した結果・・
だったのかもしれません。

この夢における蜘蛛は、筆者にとっては、
” 疑わしき存在の象徴 ” ということなのでしょうか。

*

さて、夢の中に実在しない生物が登場した場合、
どう解釈すべきでしょうか?

今回のエピソードでは、
実在しない蜘蛛を取り上げたわけですが、
それが、蝶であれ、カタツムリであれ、
謎の生物であれ、

それらは、夢を作った本人の
” 主観 ” によって再現された存在だということを
頭の隅に入れておく必要があります。

その生物に何を感じたのか、
まず、自分の感じた ” 感覚 ” を
もう一度振り返ってみてください。

それを見て ” 触ったら噛まれそう ” とか、
” 日の当たらない場所で生息していそう ”
” 捕まえたら高値がつきそう ” など、
何か感じることがあれば、
メモをしておいてもよいかもしれません。

*

また、架空の虫に対する印象は、
色彩に対する印象にも似ています。

例えば ” 赤 ” と言えば ” 情熱 ” と言った具合に
色から連想する言葉がありますが、
一体、なぜ ” 赤 ” が ” 情熱 ” なのか?
と聞かれても、
” 何となく ” としか答えようがありません。

そこに明確な根拠など無い。

しかし、そう感じてしまった以上、
その感覚に基づいて夢は作られる。

潜在意識は、私たちに理解出来るように、
論理的範囲、言葉で説明できる範囲で
夢を作ったりしてはくれない。

夢は頭で理解するために作られるものではなく、
感じるために作られるのです。

 

関連記事 : 夢の中の ” 奇妙な生物 “|曖昧な存在の意味

広告

この記事をシェアする