体の不調を察知する夢|病気リスクと夢の関係

例えば、深夜、ふと目覚めると、
冷蔵庫の音が気になって
眠れないということがありませんか?

日常では特に気にならない音でも、
全てのボリュームが下がった深夜では
その些細な音が騒音に聞こえる。

これは、睡眠中にも起こる現象です。

日常では気づかなかった小さな体の不調が、
眠っている時により大きな不調として
感じられるというものです。

眠っている間、
意識が通常の生活から解放され、
内面の小さな変化に向けられやすくなっている。

この性質は、体の不調をいち早く知るための
手掛かりになるかもしれません。

広告

睡眠を維持するための細工

では、次は筆者が見た夢の一例です。

まずい、まずいと言いながら、
キャットフードを食べている。
 
まだ、山盛りになって残っている。

筆者は夜中に目が覚めると、
胸のあたりに妙な違和感を感じました。

そして、口の中に妙な苦み。

その原因は、
就寝直前にヨーグルトを食べたのです。

眠るときは、
これぐらいなら大丈夫だと思ったのですが、
寝ている間に逆流してしまったようです。

就寝直前の間食という悪習慣によって、
睡眠を妨げられました。

*

では、もう一つ夢を紹介します。

チェーンソーを使って大木を切っている。
 
アクセルをふかして切れ目を入れるが、
途中からなかなか進まない。

これも、筆者の夢ですが
筆者は林業に携わったこともありませんし、
チェーンソーを使ったこともありません。

ただ、目覚めると、少し歯が痛かったのです。

夢の中で、危険な作業に意識を集中させることで、
歯の痛みに気づかせないようにしているのです。

*

基本的に、睡眠中、体に不調があった場合、
潜在意識は睡眠を維持できるように夢を作り、
誤魔化そうとする性質があります。

そして、夢を見ている本人の意識を
夢に留めておくために、
大抵は ” 目標 ” を持たせる。

先ほどのキャットフードの夢では、
一皿食べ終わるまで、そして、
チェーンソーの夢では、木が切り終わるまで
という目標を持たせることで、
途中、意識が夢から離れてしまわないよう
細工をするのです。

メンタルを維持するための細工

次は、睡眠中に眩暈を起こした
と思われる女性の見た夢です。

ベッドがなぜか海に浮かんでいる。
 
波に煽られてベットが大きく揺れる。
 
自分は海に落ちないように、
必死にしがみついている。
 
大きな波が来て、ベッドはひっくり返り、
一回転して元に戻る。

彼女は日常でも、時々、眩暈を起こす
ということで、この夢から目覚めた時も、
眩暈が続いていて天井が回って見えたそうです。

*

眩暈は体に起きている異変なので、
ストレスや感情のように夢で処理する
ことはできません。

それでも、彼女の潜在意識は、
体の異変をベッドが揺れているという状況に
置き換えて対処しようとしています。

ベッドにしがみついてさえいれば、
問題は無いと意識に思わせることで
心の平静を保とうとしている。

夢が身体の病気を癒すことはありませんが、
病気によって弱っているメンタルを
フォローするための役割が与えられていることが、
この例からも分かります。

広告

無自覚の病気について

さて、ここまでは、本人に自覚のある
体の不調が夢になった例ですが、
無自覚の病気が夢になるということは
あるのでしょうか?

例えば、内臓の状態が悪いなど、
表面上、直接の痛みがあるわけではないが、
水面下で悪化しているといった場合です。

これら見えない症状は、夢になる可能性が
あるとも、無いとも言えます。

そもそも ” 無自覚 ” というのは、
どういった状況なのでしょう?

例えば、肥満になってしまう場合、
ある一定の体重を越えるまで、
自分はいつもどおりだと思いながら食生活を送ります。

しかし、体重に気をつかって
こまめにチェックしている人は、
一日毎の体重の変化に敏感です。

*

” 無自覚 ” と言っても、どれぐらい
健康管理に関心を持っているかによって、
その度合いは変わります。

健康に全く関心が無ければ、
生活習慣病のほとんどは無自覚と言えます。

逆に、常に体の調子をチェックしていれば、
夢を観察するまでもなく普通は分かることです。

また、常に病気についてあれこれ考えている
心配性の人にとっては、ちょっとした疲労感ですら、
不安を助長する格好の材料になります。

健康への執着と不安が悪夢を作り出す。

なので、100パーセント無自覚というならば、
それは夢にならないでしょう。

しかし、自覚があるとしても、それは、
不安が作り出した幻想なのかもしれない。

” こんな乱れた生活してたら、
いつかしっぺ返しがくるかも・・ ”

と、心のどこかで思っているだけで、
それは夢になるわけです。

*

次は、夢の一例です。

手術室で大掛かりなオペが行われている。
 
医師がメスで切り開かれた腹部から
黒い物質を取り出す。

この夢を見た女性は、
その時期、便秘に苦しんでいました。

ネットで便秘の解消法について調べていると、
関連する病気について書かれた記事を見つけ、
逆に怖くなってしまったと言います。

彼女いわく、夢の中で腹部から
取り出された黒い物質は、
コールタールのようなドロドロとしたもので、
それを取り除くのに医師が苦労していた。

一見すると、彼女が大病を患う暗示
のようにも見えますが、
この夢における黒い物質は、彼女の中の
” 病気への不安 ” が形状化したものです。

そして、医師が除去に手間取っていたというのは、
彼女の不安を完全に取り除くためには
時間がかかることを意味している。

数日後、彼女の便秘は、ようやく解消します。

何年も先は分からない

仮に彼女の健康状態が思った以上に
悪かったとして、
潜在意識がそれを知っていたとしたら、
そのような事実を真正面から描くでしょうか?

そのような受け入れがたい事実は、
潜在意識も受け入れようとはしません。

つまり、夢はカモフラージュされ、
病気から遠い別のものへと置き換えられる。

*

そもそも、夢とは病気そのものを暗示する以前に、
生活上の不摂生や悪習慣に警鐘を鳴らすのです。

例えば、ヘビースモーカーに
煙草のボヤ騒ぎを起こす夢を作ったり、
運動不足の人にジムで運動している夢を作る。

しかし、こうした日常的な耳の痛い夢は、
ある意味、私たちが知りたがっている
” 病気を暗示する夢 ”
と言うこともできるわけです。

悪習慣を続けていると、
明らかに病気リスクは高まるわけですから。

ただ、人々は潜在意識の
健康を気遣ったそのアドバイスを

” まだ、大丈夫でしょ?
病気じゃないなら、いいじゃん ”

と言いながら、無視し続けているだけなのです。

*

生きていれば病気になる可能性は
ゼロではないことぐらいは誰でも知っています。

つまり、その可能性を ” 自覚 ” している。

そういった意味で、そもそも、
100%無自覚の人などいないのでしょう。

健康に関する夢を見たとしても、
それは、日常では気づきにくい、
小さな体の変化を潜在意識が察知したということ。

そして、病気に対する恐れも、
やはり、夢になる。

もし、数日後に風邪になる未来が待っているならば、
すでに体の不調は始まっているはず。

それを自覚するか、しないかは、結局、
その人の健康に対する関心の度合いに依存します。

五年後、自分は何の病気になるのか、
という予知を夢に期待するなら、それは誤りです。

五年後に向けて、
あなたが今から何をするかによって、
その結果は変わるのですから。
 

関連記事 : 病気の兆候を示す夢|異物が体内に入る

広告

この記事をシェアする