意中の人に良い印象を与えるには|印象とは何か?

” 人の印象のほとんどは、
第一印象によって決まる ”

巷では、よく、
そう言われています。

そして、その ” 第一印象 ”
と言うものを良くするために
人は、様々な努力をする。

話し方や、姿勢、身だしなみ、
振る舞い、女性ならば、
メイクやファッションなどにも
気を使うことでしょう。

逆に、
” 人は、外見より中身が大切だ ”
と言って、そういったことに
無頓着な人もいます。

ただ、問題なのは、
中身を磨いたとしても、
結局、その努力は他人には
伝わらないということです。

*

さて、第一印象を良くする方法
などは、書店に行くか、
ネット検索すれば、すぐに
見つかるでしょう。

ここでは、別の視点で、
この ” 第一印象 ” について
考えていきたいと思います。

広告

フィルターを通して

まず、第一印象とは、
どうやって作られるのでしょう?

例えば、旅先で、異性との
出会いがあったとします。

笑顔が素敵な男性、
もしくは女性が
こちらを見ている。

自分も微笑み返す。

笑顔が素敵ならば、
第一印象は、お互いに
良いものになるでしょう。

*

では、少し
設定を変えてみましょう。

過去、あなたは、
旅先でお金を騙し取られて
酷い目にあった経験がある。

その時の相手は、最初、
笑顔で近づいてきたのです。

話を戻しましょう。

今、出会ったばかりの
笑顔の素敵なその人に
あなたは、どんな印象を
持つでしょうか?

あなたに微笑みかける
その人の印象は、
” 笑顔の素敵な人 ” でなく、
” 旅先の怪しい人物 ” に
なるのではないでしょうか。

その人の服装も髪型も
出会ったシチュエーションも
何一つ、怪しい要素はありません。

一つだけ違っているのは、
あなたの過去の体験です。

*

” 印象 ” とは、その人に
まとわりついているものではなく、
その人を見る人の頭の中に
作られるものです。

つまり、人それぞれが持っている
” 価値観 ” や ” 認識 ” という
フィルターを通して、誰かを
見ることで ” 印象 ” が
完成するわけです。

見る側のフィルターによっては、
善良な人も、偽善者に見えたり、
悪人の中に善良な部分を見たり、

結局、印象とは、見る側の
捉え方によって決められてしまう。

もし、無人島にあなた一人なら、
あなたに、” 印象 ” と言えるものは
ありません。

あなたを見る人が
いないのですから。

もし、その無人島に
野生のライオンがいたなら、
ライオンから見たあなたの印象は、
” ご馳走 ” です。

あなたが、どれだけ
身だしなみを整えようと、
ヘアースタイルを変えようと、
ライオンの頭の中にある
印象を変えることは出来ない。

広告

無難なアドバイス

もし、第一印象が、それを
見た人の勝手な主観によって
決まるものだとしたら、

人の印象のほとんどは、
見る側の ” 主観 ” によって
決まると言うことも出来る。

そう考えると、自分の
印象をよくするために、
あれこれ努力するよりは、
良い印象で見てくれる人を
探した方が早いような気もします。

そして、それは、
インターネットのSNSや
マッチングアプリで
実際に行われている。

インスタグラムに自撮り写真を
アップロードして、多くの
” いいね ” を貰うわけです。

良い印象を持った閲覧者たちが、
フォロワー登録をしていく。

無論、世の中には、
全く無関心な人もいますが、
そういった人たちは、
通り過ぎて消えていくだけです。

あたかも、最初から
存在しなかったかのように。

*

これまでの印象を良くするための
ノウハウは、人生の中で、
偶然出会った特定の人に
良い印象を与えるということを
前提とした技術です。

例えば、一般的な基準として、
異性から好かれる話し方や、
立ち振る舞い、仕草というものは
実際にあるのでしょう。

清潔感のある人は、誰が見ても
良い印象しか与えないという
一般的な傾向は、確かにある。

ファッションに疎い男性が、
異性に良く思われるために、
何を着るべきか迷っていると
大抵は、

” 綺麗にアイロンのかかった
白いシャツを着ていけば、まず、
悪い印象を持たれることはない ”

とアドバイスされる。

*

話し方、椅子の座り方、
歩き方、表情、目線、服装、髪型・・

そのほとんどは、冒険をせずに、
その他大勢の価値観に合わせた
リスクを減らすためのノウハウです。

だから、以前付き合っていた
恋人のヘアースタイルが、
ショートボブだったという男性に
ロングヘアーのあなたが、
アプローチをかけても素通り
されるかもしれない。

もしくは、その男性が、
以前の恋人と喧嘩別れした
という過去を持つなら、
わざわざショートボブにした
あなたをかえって避けるかも
しれません。

そうした個別の事情までは、
フォローアップされていない。

広告

失われていくもの

例えば、テレビに出ている有名人
のヘアースタイルを真似るのは、
ある意味、効率的です。

テレビによって、有名人の
イメージが世間に定着して
いますから、それは、
馴染みのある印象として、
一般的に受け入れられやすい。

その有名人の認知度が高いほど、
好感度が高いほど、
比例してリスクは低下し、
恩恵を受けやすくなる。

これも、白いシャツを着ておけば、
大抵の女性は、良い印象を持って
くれるだろう、という例と同じく、
リスクマネジメントなのです。

*

つまり、自分の印象を
良くするための努力は、全て、
リスクマネジメントなのです。

それは、あくまで、リスクを
低減するための確率論であって、
特定の個人に対して、
良い印象を与えるための技術
とは違うものです。

あなたに意中の男性がいたとして、
その人に良い印象を持って
もらうために、一般的な男性に
好まれるメイクやヘアースタイル
にしたとしても、意中の人が、
その枠の中に入っているとは
限りません。

むしろ、様々な価値観が生まれ、
多様化している現代ですから、
一般的な意味での ” 男性像 ”
もしくは、” 女性像 ” は、
無くなりつつあるのでは
ないでしょうか。

今後、” 一般的 ” という枠が、
無くなっていくとしたら、
今ある ” リスクマネジメント ”
としての印象を良くするための
ノウハウは、その効果を失って
いくのかもしれません。

*

では、それ以外で、特定の人に
良い印象を持ってもらうための、
効果的方法は、あるのでしょうか?

それは、結局、
完全オーダーメイドに尽きる
のではないでしょうか。

真夏の炎天下で
汗まみれになって働く
肉体労働者に冷えた
炭酸ジュースの差し入れを
するように。

寒空の下、公園のベンチに
座って震えているホームレスに
熱いコーヒーを手渡すように。

何年も会っていない人に
手書きの年賀状を出すように。

仕事でミスをした人の
バックアップをするように。

一人暮らしで料理をしない人に
手料理を振る舞うように。

その人の置かれた状況に
合わせた ” 気遣い ” という
一番、面倒で、誰も
やりたがらないことが、
結局は、その人の心に
残るのではないでしょうか。

 

関連記事 : 好きな人が夢に登場したら|願望夢か、それとも暗示か?

広告

この記事をシェアする