夢の中の ” はぐらかす態度 “|答えてくれない登場人物たち

夢の中で登場人物に
何かを尋ねたり、
問い詰めたりした時に、
なぜか、はぐらかされる
といった場面があります。

的外れな回答で話を逸らしたり、
のらりくらりとした態度で
まともに取り合ってくれない
といったはっきりしない態度。

もしくは、答えてはいるが、
声が小さく聞き取れなかったり、
曖昧な発音で何を言っているのか
分からない。周囲の騒音が
うるさくて聞き取れないなど。

こういった登場人物が、
質問に応じない、
明確な回答が得られないという
奇妙なシチュエーションには、
どういった意味があるのでしょう?

広告

乗っ取られたLINEアプリ

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

スマホを見ていると、
彼氏と見知らぬ女性が
メッセージのやり取りしている。
 
場面は切り替わり、
私が彼氏にメッセージの
ことを問い詰めている。
 
彼氏は、あれこれ言い訳をして、
まともに取り合おうとしない。
 
証拠を見せようと、
スマホを操作するが、
履歴が見つからない。

夢の中で自分のスマホで
LINEを見ていると、なぜか、
恋人と女性がメッセージを
送り合っている一部始終が
閲覧出来たと言います。

そして、それが何となく
浮気を匂わせるような
会話だった。

*

まず、この夢の奇妙な点として、
恋人と浮気相手のやり取りを
彼女が自分のスマホで見ている
という部分です。

LINEでは、複数の人と
メッセージを送り合う機能が
ありますので、現実、
そういった状況も作ることが
出来ますが、浮気相手との
やり取りならば内密にするのが
普通です。

*

” つまり、あなたは、
二人の会話に招待された
ということですか? ”

筆者が、そう尋ねると、
” 少し違う ” と答えます。

彼女は、招待もしていない
二人が勝手に割り込んできて、
自分は、それに参加できず、
黙って見ているだけという
何か、不正ソフトでLINEを
乗っ取られた感じだったと
言います。

これは、一体、何を
意味しているのでしょう?

広告

夢の中のサンドボックス

まず、この夢の作り手は、
彼女自身であるということを
理解しておく必要があります。

つまり、彼女は、自らLINEアプリ
のコントロールを放棄し、恋人と
浮気相手に使わせているのです。

なぜ、そのようなことを
する必要があるのでしょう?

*

筆者は、彼女と恋人の間に
何らかの問題が無いか
知る必要があると感じ、
次の質問をしました。

” 現在、恋人に浮気の兆候の
ようなものが見られますか? ”

彼女は、次のように答えます。

” 浮気の兆候はないが、
心配はしている ”

彼女いわく、つい最近、
友人に、彼氏に浮気をされた
という話を聞いたそうです。

そして、その友人の
” 男という生き物は必ず浮気を
するものだ ” という言葉が
ずっと引っかかっていた。

*

友人の生々しい浮気話を聞き、
” 男は必ず浮気をする ”
という偏った考えが彼女の
頭の中を支配していく様子が
今回の夢となっています。

夢の中では、LINEアプリが
乗っ取られたということに
なっていますが、実際は、
彼女のマインドが、一つの
考えに乗っ取られたのです。

そして、乗っ取られた
アプリの中で、自分の恋人が
別の女性と浮気をしている。

夢の中で、彼女は、
浮気の確証を得るために、
やり取りを観察し続けるが、
決定的なものはなく、
曖昧なメッセージばかりが、
続いたと言います。

つまり、参加出来ないのではなく、
あえて、参加せずに
二人を泳がせているのです。

*

言うなれば、この夢は、
アプリの中を実験場に見立てた
一種のシュミレーションです。

” 男は誰もが浮気をする ”
という仮説を立証するための。

広告

答え無き問い

しかし、結局、メッセージの
やり取りを観察していても、
確証を得ることは出来なかった。

なぜなら、そもそも、
夢の作り手である彼女自身が、
仮説が正しいのか、
間違っているのか、
その答えを知らないからです。

このシュミレーションは、
彼女の中の単なる問いかけに
過ぎない。

*

さて、夢の中では、
彼女の答えの無い問いかけは、
アプリ内にとどまらず、
実際に恋人を問い詰めるという
ストーリーへと展開していきます。

アプリ内では、確証を得ることが
出来なかった彼女が、確証を
得るために直接、恋人を登場させて、
真偽を確かめようとしますが、
結局、それも彼女が全て用意した
演出に過ぎないので、そこで、
答えが示されることはありません。

彼女の知りたい答えを
恋人から引き出せないのも、
やはり、その演出を手掛けた
彼女自身が答えを知らないからです。

しかし、彼女の中の
” 真偽をはっきりさせたい ”
という欲求に答え続けるには、
答えが、そこにあるかのように
見せかけなければいけない。

ゆえに、恋人は、問い詰める
彼女をはぐらかしながら、
浮気をしたとも、していないとも、
明確に答えないのです。

*

この夢における ” はぐらかし ” は、
答えようの無い問いかけをした結果
生まれたものであって、恋人が
浮気を誤魔化すためではありません。

そもそも、それらは、全て、
本人が作り上げた仮想の演出に
過ぎないのです。

広告

目覚めの直前に入る演出

夢の最後の場面、彼女は、
メッセージの履歴を恋人に
見せようとするが、履歴が
消えてしまうという部分に
ついては、どうでしょう?

問い詰めて浮気を確定する
ことが出来れば、彼女の
求めている答えを一応は
得ることが出来る。

しかし、その一方で、
確定してしまえば、彼女は、
恋人を含め、世の男性たちに
に失望をしてしまうわけです。

この夢は、単に答えを
知らないから、示せない
というだけではなく、

真偽をはっきりさせたいという
思い、そして、失望したくない
という相反する思いの妥協点として、
答えをあえて示さないという
意図も含まれています。

*

さて、今回の夢では、答えの無い
問いが、登場人物のはぐらかす
態度に現われるという現象、

そして、答えを求めながらも、
その一方で不都合な事実を
受け入れたくない心理から、
明確な答えを得ることが出来ない
という演出が夢に組み込まれる
例を紹介しました。

ただ、夢の中の登場人物の
曖昧な態度が、必ずしも、
この解釈に当てはまるとは
限りません。

*

例えば、目覚める直前では、
こうした、登場人物の
はぐらかす態度が描かれる
ことがよくあります。

それは、眠り続けようとする
潜在意識が、夢の中に
留まろうとしているのです。

それが、
登場人物に何か尋ねても、
曖昧な態度で誤魔化されたリ、
答えを引き延ばしたりして、
答えそのものをはっきりと
示さないシチュエーションに
なることがあります。

*

これは、登場人物の曖昧な
態度だけではなく、もっと、
違った形で描かれることも
あります。

例えば、スマホ操作で目的の
画面が出てこないとか、
探し物が見つからないとか、
仕事が終わらない、待ち人が
来ないなど、時間稼ぎのような
シチューエションが延々と
続くのです。

こういった夢は、
待ち続けても、永久に結果が
示されることはありません。

最初から、答えなど無いか、
なるべくあなたから答えを
遠ざける意図が働いているのです。

広告

この記事をシェアする