リアルな悪夢は、悪いことが起こる前兆?

” 凄くリアルな夢だった。いつもの夢とは違っていた ”

現実的な悪夢から目覚めて、
そう感じることがあります。

それが、あまりにもリアルであるがゆえ
恐怖感が増し、
” もしかして、悪い事が起こる前兆なのでは? ”
と思ってしまうかもしれません。

そして、ネットでその意味を調べ回る。

インターネット検索には
” フィルターバブル ” という現象があります。

要するに、見たくない情報を遮断し、
見たい情報だけが目に入ってくるという仕組みです。

ネガティブな気持ちで検索を続けると、
もっとネガティブになる情報へと誘導されてしまう。

まずは、気持ちを落ち着けましょう。

それから、時間を空けて、
夢についてもう一度振り返ってみる。

冷静な観察力が必要です。

果たして、リアルな悪夢は、
本当に不吉な出来事を暗示しているのでしょうか?

広告

” リアル ” である理由

その夢がリアルであると感じる理由は、
ストーリーの辻褄があっている。
実在の人物だけが登場する。
実在の場所でストーリーが展開するなどがあります。

通常、夢は、目覚めた後に
ストーリーの矛盾点に気づいたり、
空を飛ぶとか、怪物が登場するといった
明らかに非現実的な内容によって、
すぐに夢だと分かることがほとんどです。

それだけにリアルな夢は、
特別な夢のように思えるのかもしれません。

と言っても、リアルではない夢が
重要ではないというわけではありません。

時には、リアルな交通事故の夢より、
一匹の蝶が何気に飛んでいる夢の方が
警告度が高い場合もある。

” リアルさ ” は、
メッセージの重要度と関係が無いのです。

では、なぜ、リアルな夢を見るのでしょう?

理由の一つとして、
その夢に ” リアルさ ” が必要だったから、
というのがあります。

潜在意識は必要とあれば夢にリアルな演出を施し、
また、リアルであることが不都合なら、
それを崩した形で夢を作ります。

つまり、幻想的なストーリーであったり、
支離滅裂で理解不能な夢です。

*

眠りが浅く覚醒状態に近いから、
覚醒時の認識力によって夢がリアルになる
という話もありますが、筆者の考えは少し違います。

眠っている時間が長ければ、潜在意識にとって
夢を大いに脚色する ” ゆとり ” があるわけです。

つまり、都合の良い形へと
気が済むまで作り変えることが出来る。

しかし、眠りが浅く、いつ起きてしまうか
分からない時、潜在意識は職人技のような
巧妙なストーリーを展開することが出来ない。

夢を作りかけている途中で
目覚めてしまうかもしれないからです。

なので、いつ起きても問題が無いように
周りくどい演出ではなく、
もっと直接的な表現を選ぶようになる。

例えば、熟睡出来ていない時に
” ああ、もうこんな時間だ。布団に入らないと ”
と思って布団に入る夢を見る。

眠り足りないという感覚によって、
眠りながらも、その中でさらに眠ることで
より深い睡眠を取ろうとしているわけですが、
これは直接的表現です。

もし、もうちょっと夢を作り込む時間があれば、
なぜ、熟睡出来ないのか?
その原因は仕事に関するストレスなのか、
人間関係なのか、経済的な問題なのか、
といった問題の根に向かって深堀りしていきます。

そして、それら根深い問題に対処するために
複雑な夢を作る。

覚醒状態に近い意識だからリアルな夢になる
というよりは、眠りが浅い時に
直接表現をした方がよいと潜在意識が
判断した結果、夢がリアルに描かれているだけです。

つまり、潜在意識がその時に何を選択するか、
その采配によって
” リアル度 ” の調整が行われる。

覚醒状態の意識がリアルな夢を作るというのは、
結果論であり、実際は潜在意識次第です。

ゆえに、目覚めの直前の夢全てが
リアルな夢というわけではないのです。

全てが実在のシチュエーション

次は、とある女性が見た夢の一例です。

恋人とデパートで買い物をしている。
 
恋人がトイレに行く。
 
どこからともなく元彼が現れ、
私の口を塞いで連れ去ろうとする。

彼女は、この夢から目覚めて怖くなったと言います。

夢の舞台となったデパートは実在の場所で
恋人とも、何度か一緒に
買い物をしたことがあるということでした。

数日後もそこで二人で会う約束をしていた。

そして、夢に登場した元彼も実在の人物です。

彼女の話では、彼は嫉妬深く束縛が激しいので、
別れ話を切り出すときにも、
かなり、揉めたという経緯がありました。

なので、夢の中で元彼が現れた時に、
恐れていたことが起きてしまったと動揺した。

彼女は言いました。

” 元彼は、まだ、この街に住んでいるので、
どこかでバッタリ会うのが怖い ”

そして、この夢が、
それが実際に起こる前兆なのではないかと
恐れているようでした。

*

筆者は、彼女の話を聞きながら、
もし、これが実際に起こることなら、
夢の描写がストレート過ぎると感じました。

なぜなら、通常の夢は、
夢を見ている本人によって
都合良く書き換えられる性質があるからです。

仮に、元彼に拉致される未来が
予定されているとするなら、潜在意識が、
その出来事をそのまま描写するとは考えにくかった。

筆者は、もう少し、
彼女から話を聞く必要があると感じました。

広告

演出効果としての ” リアル “

セッションを続けていくうちに、
一つの事情が見えてきました。

彼女は現在の恋人と出会ってから、
二人の関係はぎこちないままで、
彼の本心が分からないという悩みを
抱えていたのです。

*

” 元彼に拉致されそうになっていた時、
現在の恋人はトイレから戻ってきましたか? ”

筆者は尋ねます。

夢の中で彼女は襲われながらも、
戻ってこない恋人に状況が伝わるように
自分の携帯を通話中にしたと言います。

この部分はとても重要です。

なぜなら、この夢は、
現在の恋人に心配をさせることが
目的で作られたものだからです。

彼女は夢の中で、あえて自身をすぐに
助けることが出来ない危機的状況に置いている。

仮に、恋人と元彼が鉢合わせになり
その場で喧嘩になったとしたら、
話はそこで終わってしまうでしょう。

恋人が本気で心配をするのかどうかを
見極める時間が必要なのです。

本心を知りたいと願う
彼女の思いが恋人を試すような
シチュエーションを用意しているのです。

過去に別れ話でもめた元彼に拉致される
という実際にありそうなストーリーならば、
恋人は真面目に心配してくれるでしょう。

この夢の ” リアルさ ” は、
説得力を得るための必要な演出として
取り入れられています。

*

ただ、これは、あくまで彼女の
夢の中で起こっていることですから、
当然、現実世界の恋人のリアクション
を確かめられるわけではありません。

要するに、この夢は、

” もし、私がこうなったら、
一体、彼はどうするだろう? ”

という彼女が想定し、
再現した ” シミュレーション ” なのです。

つまり、不確かな事実を確かめたい
彼女の強い気持ちが、より正確な
シミュレーションを行おうとした結果の
” リアルさ ” です。

ファンタジーにも意味はある

さて、悪夢といっても様々なものがありますが、
巨大な怪獣が登場してビルを破壊したからといって、

” リアルじゃないから、ただの夢 ”

と簡単に片づけるべきではありません。

どんなに馬鹿げた夢であっても、
それは、潜在意識があなたのために作った
” 今必要なこと ” が映像化されているのです。

*

夢の中の怪獣は、あなたのフラストレーションが、
爆発しかけていることを伝えているのかもしれない。

もしくは、

” これから遭遇することは単なるファンタジーさ ”

という未来の悪い出来事に対する
現実逃避の心理が描かれているのかも知れません。

それが、リアルでも、ファンタジーでも、
どんな夢もあなたにとっては
大切なメッセージには違いないのです。

もし、あなたがリアルな夢を見たなら、
潜在意識が、なぜ、わざわざ
それをリアルに仕上げたのか考えてみてください。

あなたは、その答えを知っているはず。

その夢を作ったのは、あなた自身なのだから。

 

関連記事 : リアルな夢の意味|それは現実になる?

広告

この記事をシェアする