休日をダラダラ過ごしてしまう心理|時間を節約するということ

時間が少しでも余ると、忙しい現代人は
” 勿体ない ” という衝動に駆られて何かを
始めてしまう。

それが、趣味だったり、娯楽だったり、
スキルアップのための勉強だったり、
いずれにせよ時間を無駄にしてしまうことに
対する ” 恐れ ” が行動の動機になっている。

筆者自身も時間が空いてしまった時に、
読書やら、映画鑑賞やら、何かしら用事を
見つけようと、いつの間にか、あれこれ
考えている自分に気づく時があります。

これでは、本当の意味での ” 休憩 ” に
ならない。

広告

睡眠時間と生産性

” 寝るのが勿体ない ” と言って、一日、
4時間ほどしか眠らないと言う人もいるようです。

以前、筆者も、いわゆる ” 短眠 ” というのを
挑戦してみたことはあるのです。

ただ、三日も持たなかった。

それは、眠たくてたまらないというのでは
なく、頭痛、そして、背中の痛み、常に
胸のあたりに圧迫感があり、気分が悪かった
記憶があります。

その時は、無論、集中力も無く、ぼやっと
起きている間、出来ることと言えば、ネット
サーフィンやゲームぐらいで、ダラダラと
時間を潰しただけだった。

この状態で一日4時間の空き時間が確保できた
としても、何も幸せではなかった。

例えば、睡眠時間を削って単純作業などを
行えば時間節約になるかもしれません。
何も考えずに指先を動かすだけなら、多少、
頭がぼやっとしていても出来そうです。

ただ、日常生活では ” 腰を上げる瞬間 ”
という怠け者には煩わしくてたまらない
瞬間が至るところにある。

人と顔を会わなければいけない時、
ちょっとどこかに足を運ばなければ
いけない時、読みたくもない文章を
読まなければいけない時、
注意しながら行わなければならない時、

手間のかかる面倒な用事の数々・・

集中力も無い状態でやる気のブーストを
かけることがとても億劫に感じてしまう。

仮に睡眠時間を削って、どうにか仕事を
一つ、二つ終わらせることが出来たと
しても、残りの時間をゆとりを持って
過ごせるかと言えば、そうじゃない。

むしろ、何も考えられない頭のせいで
通常業務にも支障が出て、ミスや勘違い
によって余計な仕事が増えたりするのです。

そう、私たちはぼやっとしていると、
本来は存在しなかった ” 不必要な仕事 ” を
作り出すという特技を持っている。

もしかすると、時間節約に必要なのは、
生産性を高めることではなく、単にミスを
しないということなのかもしれません。

近年、” 睡眠負債 ” という言葉が
メディアでよく取り上げられました。

睡眠不足によって脳にかかり続ける負荷が、
しわ寄せとなって、病気にかかるリスクを
高めるというものです。

” 人生の3分の1は睡眠時間に取られる ”
という損をした気分にもさせられるこの
主張は、まさに合理的現代人の考えです。

実際は、損を回収するために睡眠時間を
削ったことによって無駄な判断と選択を
繰り返し、人生の貴重な時間をその
” ツケ ” の支払いに当ててしまっている・・
というのが真実のような気もしますが。

睡眠不足で病気になってしまったとしたら
多くの時間が失われることになるという
のは誰が見ても明白です。

魔の10分間

” 今から10分間、何もしないでください ”
と言われたら、あなたならどうしますか?

ダメですよ。

スマホを見るとか、爪を手入れするとか、
ちょっとしたこともしてはいけません。
頭の中で、やることリストをチェック
するのも、楽しいことを思い浮かべるのも
無しです。

何だか、ソワソワしませんか?

目先で何か出来ることは無いかと
探している自分はいませんか?

” 勿体ない ” という魔物が、心の中で
強迫観念のように騒ぎ出しているのです。

これが、一日をダラダラと過ごしてしまう
事と、どう関係するのでしょう?

つまり、” 時間を無駄にしたくない ” という
焦りが、たった10分の休息時間さえ
惜しんで精神を急き立てている。

悪い事にその状態が慢性化していて、
本人にとっては、それが普通になっている。

仕事や体を動かしている状態だけが
” 働いている ” ということではありません。

” 休息 ” と言いつつ、携帯でメッセージを
チェックしたり、頭の中であれこれ考える
だけでも集中力を消費している。

それは、単に仕事をする時よりは、
消費しないというだけです。

集中力は資源と同じく ” 有限 ” です。

無論、睡眠を取っているから、それによって
” 休息 ” していると考えることも出来ますが、
それは、しっかり眠れている場合の話です。

多分、誰にでも朝起きて疲れが取れていない
といった経験はあるでしょう。これは
肉体の疲れではありますが、要は、十分な
休息を与えなければ、完全に取りさることは
出来ない。

疲れは蓄積していく。

よく眠れない日が続いたが日曜日に10時間
以上眠ってしまったというありがちな
パターンも、結局は ” ツケ ” を払っている
だけなのです。

脳とは、肉体です。

さて、睡眠時間を惜しんだり、日常生活で
休息する時間も与えられない状態で週末を
迎え休日がやってきたとして、

” せっかくの休日だから何かしよう ”

と思っても、やる気が起こらない。
それもそのはず、日頃から ” 休息 ” を
取っていないのですから。

本人は睡眠は十分に取れているはずだと
思っているだけで、本当は取り切れて
いないのかもしれません。

と言って、せっかくの休日にベッドの上で、
天井を一日見つめているわけにはいかない。
起き上がって何かしようとします。

しかし、昨日まで働き続けていた頭に
集中力は残っているでしょうか?

要するに ” 時間を無駄にしたくない ” という
焦りと脳の休息がちゃんと取れていない
状態の狭間で ” ダラダラとした一日 ” が
生まれてしまう。

広告

認識できない時間

筆者もダラダラと過ごしたおかげで、
何の成果も無い一日を数えきれないほど、
経験してきました。

今は、睡眠時間に気を配りながら、脳が
疲れているなと感じる時は、仮眠、
もしくは、” 何もしない時間 ” というのを
5分でも、10分でもいいから、なるべく
作るようにしています。

つまり、スマホで暇つぶしをするわけ
でもなく、頭であれこれ考えたりもしない
本当の意味での ” 何もしない ” です。

暇を潰さずに暇のままにしておく。
” 暇潰し ” は休息ではないのですから。

休日の午前中を何もせずに過ごしたとして、
そのおかげで夕方の2時間だけでも何かに
没頭できるなら、その一日は充実した一日です。

つまり、時間の ” 量 ” ではなく、
” 質 ” を大切にする。

それは結果的に、判断ミスによる余計な
仕事を増やさないという意味で ” 量 ”
としての時間節約にもなっている。

ただ、こういった表面的には分かりにくい
時間節約は、効果を実感できないという
側面があります。

ミスをする以前の私たちは、そもそも未来に
生み出される ” 不必要な用事 ” の存在を
知らないわけですから、それによって時間
を奪われているという認識はありません。

しかし、それが一旦、生み出されてしまえば
確実にあなたの時間を削る。

もし、その ” 不必要な用事 ” が生み出される
ことなく何事も起こらなかったとしたら、
私たちはどれだけの時間を節約できたのか
知らないままなのです。

あなたは早起きをし、いつもよりも
少し早めに家を出て職場に向かった。

実は、いつも通り遅れ気味に家を出て
いたら、遅刻するかもしれないという
焦りから、判断を誤り事故に巻き込まれる
未来が待っていたのです。

事故対応に時間を取られ、下手をすれば
怪我をして、長い期間、病院のお世話に
なっていたかもしれません。

しかし、何事もなく会社に到着し、いつも
通り仕事をしているあなたは知らない。

今日、人生の大きな時間を
節約できたことを。

それは、睡眠時間を惜しんで深夜1時まで
起きていたことによって得られた
” 何かしていた時間 ” よりも何倍もの量です。

睡眠時間や仕事のメールチェックの時間、
友人のつまらない世間話を聞いている時間、
車を運転しながらファーストフードで食事を
済ませようとしている時間、そういった
現時点で認識できる小さな時間ばかりに
目を奪われて、

” 何事も起こらなかった ” という
認識不可時間をほったらかしにしている
としたら、とても勿体ないことだと思います。

そして、その見えない時間を節約するには、
必要な時に最善を尽くせるための集中力と
冷静な判断が必要なのです。

それは、純粋な休息によってのみ
取り戻せる。
 

関連記事

広告

この記事をシェアする