夢の中の ” この人、誰? ” |登場人物の存在理由

夢の中で見知らぬ ” 部外者 ” が登場するという夢。

例えば、自宅のリビングでくつろぐ
家族の中に見知らぬ人物が紛れ込んでいたり、
なぜか、職場で見知らぬ人と
一緒に仕事をしているといった設定。

一見すると、その謎の人物は、
ストーリーの中で取り立てて重要な役割を
持っているようにも見えない。

そして、何となくその人物に感じる
場違いな ” 違和感 ”

しかし、そこにいるということは潜在意識が、
その人物をキャスティングした理由が
あるはずです。

一体、その人物はどこから来たのでしょう?

広告

夢の中の ” 思い込み “

次は、とある女性が見た夢の一例です。

私、恋人、そして見知らぬ男性の三人で
車に乗っている。
 
見知らぬ男性が運転席、恋人が助手席、
私は後部座席に座る。
全員、沈黙している。
 
走っている方向が、全く逆。

夢の中で彼女は運転席に座っている男性を見て、
ずっと ” 誰、この人? ” と思っていたそうです。

目覚めてから思い出してもそのような人物は
身の回りにはおらず、全くの架空の人物だった。

筆者は、尋ねます。

” その男性に何か設定はありましたか? ”

通常、架空の人物が登場する場合、
友人であったり、親戚であったり、
職場の同僚であったりと、
夢の中での設定というのがあります。

しかし、今回の夢では、
そのような設定は一切無く、彼女自身、
なぜ、男性が運転している車に二人が
乗っているのかも分からなかったと言います。

助手席に座る恋人の知り合いなのかとも考えたが、
一言も会話を交わすことなく、
見た所、そうでも無さそうだった。

*

筆者は、質問を続けます。

” その男性の印象はどうでしたか? ”

彼女は、男性は運転に集中しているようで、
話しかける隙は無かったと言います。

さて、夢の作り手は彼女ですから、
この見知らぬ男性を運転席に配置したのは、
彼女自身です。

そして、話しかけづらい状況を作っているのも
彼女自身の演出。

なぜ、彼女は、運転席に見知らぬ男性を
座らせているのでしょう?

座席の位置

夢の内容を振り返ってみましょう。

運転席に見知らぬ男性、助手席に恋人、
後部座席に自分・・

筆者には、
この座席の配置が妙に不自然に感じたのです。

自分と恋人が前の席、
見知らぬ男性が後ろの席でもなく、

見知らぬ男性が運転席、
自分と恋人が後ろの席でもない。

筆者は、尋ねました。

” あなたは後部座席のどちら側に
座っていましたか? ”

彼女は ” 助手席側 ” と答えます。

” つまり、恋人の真後ろに座っていた? ”

” そうです ”

” 運転席側に座ることは可能でしたか? ”

” スペースは空いているので
座ろうと思えば可能だった思います ”

運転席側に座れば、斜め前に座る
恋人の横顔を確認出来ます。

しかし、彼女は、あえて恋人の死角に座ってる。

*

次に、筆者は車の向かう先が
全く逆方向という部分について尋ねます。

” 車は、逆方向に走っていたそうですが、
つまり、目的地は別にあったということですか? ”

彼女は、次のように答えます。

” いえ、はっきりとした目的地というのは無く、
絶対にこっちじゃないという認識だけがありました ”

続けて、次のように言いました。

” 方向が真逆なので、そのことを伝えたかったが、
運転している男性に話しかける隙が無くて
言えませんでした ”

そして、助手席に座る恋人が黙って乗っていることに
内心腹を立てていたと言います。

” 何で黙ってるの? 逆だって分かるでしょ・・ ”

広告

理想と現実

” 恋人との交際期間はどれぐらいになりますか? ”

” 一年程です ”

彼女は、現在、夢に登場した恋人と交際中で、
一年が経過しようとしていました。

そして、最近になって、二人の間に ” ズレ ” を
感じるようになったと言います。

” ズレ ” というのは会話が噛み合わないとか、
その日の気分がお互い合わないとか、
会える日や時間帯が合わないなど、
日常のちょっとしたことなのですが、
それが、最近、度重なるようになり、

彼女自身、合わせることが
段々と面倒になってきているということでした。

” 彼の方も何となく会いたがらない雰囲気で、
それで、私も、段々気まずくなってきて・・”

筆者はこの話を聞いて、この二人が倦怠期に
入りかけているような印象を持ちました。

そして、尋ねます。

” 現在の恋人と、
結婚について考えたことはありますか? ”

” 最初は、その方向に進んでいると思っていました。
でも、最近になって分からなくなってきたんです ”

*

夢の中で彼女が、恋人の死角に座るのは、
彼と距離を置きたいという心理。

車が彼女の意に反する方向に進んでいるのは、
恋人との関係が、彼女が望んでいる形とは
全く違う方向に進んでいるということを
表しています。

潜在意識は、恋人との関係が
彼女の描く未来からかけ離れ始めている
という状況を車のドライブに置き換えて
描いています。

では、運転席に座る見知らぬ男性は、
何を意味しているのでしょう?

おとり

今回の夢のテーマが ” 恋人との距離感 ”
ということならば、見知らぬ男性は、
必要ないようにも思えます。

シンプルに恋人が運転席、
その後ろに彼女が座れば
それで成立するような気もします。

しかし、潜在意識は、あえて
見知らぬ男性をストーリーにねじ込んでいる。

もし、彼女が単に恋人と距離を置きたいと
考えているならば、夢の中で
同じ車に二人が乗る必要はありませんし、
そもそも恋人を登場させる必要すらありません。

彼女は、恋人と距離を置きつつも、
完全に離れてしまうことまでは
望んでいないのです。

運転席に座る見知らぬ男性は、
恋人と彼女の間に配置された
” 緩衝材 ” の役割を与えられています。

間違った方向に車を走らせているのは、
自分でも、恋人でもなく、あくまで見知らぬ男性。

そうなれば、二人の関係が
望まない方向に向かっているとしても、
二人に責任はありません。

運転席の男性に話しかけずらい状況を
作っているのも彼女自身による演出。

この事態を招いた張本人が見知らぬ男性である限り、
悪いのは自分や恋人ではないと思うことが
出来るからです。

*

見知らぬ男性には、緩衝材の他に
もう一つ役割が与えられています。

男性の存在によって
車内に気まずい沈黙が漂っている。

恋人と彼女との間にある気まずさを誤魔化すために
潜在意識は男性を配置して、彼女に
車内の気まずい沈黙は赤の他人が同乗しているからだ
と思わせようとしています。

言わば、男性は気まずさの原因を引き受けるための
” おとり ” です。

助手席で黙って座っている恋人。

彼女は自分の気持ちを察してくれない恋人に
内心腹を立てている。

この時の恋人に対する苛立ちは、
二人の距離が離れてしまった原因は
本当は恋人にあるという彼女の本心なのです。

つまり、
” 何で黙ってるの? 私たちこれでいいわけないよね ”
という意味です。

この夢は、恋人に対する苛立ちを緩和するために
作られたのです。

広告

全てに意味がある

今回の夢は、彼女と恋人、
二人の問題を描いているわけですが、
そこに、一見、無関係に思える人物が登場し、
ストーリーを複雑にしています。

しかし、不要とも思える人物には、
重要な役割が与えられていた。

もし、夢に見知らぬ人物が登場し、
その人物に対し何かを感じたというなら、
やはり、そこには何らかの意図があるのです。

まず、その人物がいなかったら、
そのストーリーはどうなっていたかを
考えてみてください。

*

例えば、
あなたが暗い森の中にいるとしましょう。

そして、なぜか見知らぬ子供を連れている。

もし、子供がいなければ、
どうだったのでしょう?

暗い森の中で、あなたは一人ぼっちで
途方に暮れていたかもしれません。

しかし、あなたよりも弱い存在が
すぐそばで指をくわえて
あなたの顔を見上げていたらどうでしょう?

あなたは、きっと、
” 私が、しっかりしなきゃ ”
と自分を奮い立たせる。

強くなるために、
弱き者をそばに置いたのです。

夢の中の登場する全てのものに意味がある。

無意味な存在など無いのです。

 

関連記事 : 夢の中の ” 知っているようで知らない人 “

広告

この記事をシェアする