夢占いの限界点|” 猫 ” の解釈から見えるもの

夢の中では、様々な動物が登場します。

犬や猫といった身近な動物が登場する場合もあれば、
ゴリラやライオンといった日常生活とは
ほど遠い存在が登場する場合もある。

夢占いでは、比較的、動物に関する項目は
充実しているので解釈を見つけやすいのですが、
犬や猫、蛇といった夢占いでは定番の動物は、
解釈が多岐に渡ることも確かです。

それ故に、こうした身近な動物は、
そうでない動物よりも解釈が難しいと言えます。

ここに一つの問題があるのです。

広告

夢占いの限界点

なぜ、身近な動物の解釈の幅が広いのか?

それは、その動物が伝える夢の本質が
” 夢占い ” の範囲を越えているからです。

夢占いは古くから伝わる伝承が元になっていますが、
身近な動物に最初から幅広い解釈が
与えられていたわけではなく、

結果的にそうなってしまった
と筆者は考えています。

つまり、夢が ” 夢占い ” という枠組みだけでは
処理しきれないことが、身近な動物の項目で
露呈しているだけなのです。

*

夢の意味は、そもそも、
状況によってどのようにも変化する。

例えば、猫という動物は、
人間の生活に溶け込んだ身近な存在です。

それ故に猫と人の関係性は多面的です。

猫をペットとして飼っている人にとっては、
それは家族であり、
窮屈な日常を送っている人にとっては、
気ままに暮らす野良猫は自由な生き方の象徴であり、
猫好きなのに動物アレルギーを持っている人
にとっては、触りたくても触ってはいけない
禁欲の象徴だったりするわけです。

だから、夢に登場した猫の意味を聞かれたとしても、
正しい解釈など答えられるはずもありません。

その意味は、その人が置かれた状況によって
個々に与えられるものだからです。

月や太陽といった誰にでも同じイメージを
与えるものに比べて、身近な動物は、
そういった ” 個人差 ” が影響しやすい項目なのです。

夢占いでその一つ一つをフォローアップしている
うちに結果的に解釈の幅が広くなってしまった。

猫の夢

では、” 猫 ” に関する夢を一つ紹介しましょう。

次は、とある女性が見た夢の一例です。

ソファーの上で数匹の猫が寝そべり、
くつろいでいる。
 
ソファーの所々が爪によって引っかかれて
破れてしまっている。

夢占いでは、” 猫 ” の項目には
様々な解釈が与えられます。

魅力的な女性と解釈することもあれば、
忍び寄る人物や、不吉な出来事、その逆に
幸運の象徴といった様々な解釈があるようです。

例えば、なぜ、猫が不吉な出来事を意味するのか?

夜、猫の光る目が不吉さを
感じさせるからでしょうか?

それとも、黒い猫が前方を横切ると
不幸が起こるといった迷信が元になって
いるのでしょうか?

それは、単なるイメージによる解釈です。

*

筆者は尋ねます。

” 猫を飼っていますか? ”

彼女は ” いいえ ” と答えます。

” 猫は好きですか? ”

” はい。よく猫の動画を見ます。
ペットショップに行ったこともあります ”

” なぜ、飼われないのですか? ”

” 本当は飼いたいのですが、
自宅のアパートではペット禁止なので・・ ”

猫をペットとして飼っているという場合、
ソファーを引っかかれるといったことは、
実際にありえることです。

それは、少なくとも日常的なことを描いた
夢だと判断出来る。

そして、猫が好きかどうかについては、
猫が彼女にとって安心感を与えるものかどうかを
知ることが出来ます。

もし、安心感を与える存在ならば、
潜在意識は夢の中で彼女に安心を与えるために
猫を登場させていると読むことが出来る。

問題は、なぜ、今、彼女に安心が必要なのか?
ということです。

広告

忘れていた姉との約束

もし、彼女の中に、今、不安があるなら、
潜在意識が猫を登場させて、
彼女の中の不安を打ち消そうとしていると
考えることが出来ます。

しかし、それとおぼしき不安が無いというなら、

潜在意識が将来やってくる不安に備えて、
前もって対処しようとしていると考えることも可能です。

つまり、その夢は、近々、不安になる出来事が
起こる暗示と読むことも出来る。

筆者は、彼女に、現在、
不安に感じることが何かあるか尋ねました。

しかし、思い当たるようなことは特に無かった。

ならば、この夢は、将来、不安になる出来事
が訪れる暗示ということなのでしょうか?

夢の内容を注意深く観察してみましょう。

ソファーの上に数匹の猫がくつろいでいる。

一匹ではなくて。

一匹では安心感を得るのに
不足だったということでしょうか?

結局、考えられるいくつかの解釈はあったものの、
明確なことは分からなからないまま、
その時のセッションは終了しました。

*

それから、数日後、
彼女から一通のメールが届きます。

その内容を読む限り、
今回のセッションで行った解釈のどれもが、
彼女のケースでは当てはらまなかったようです。

彼女の話では、
結婚をして今は二児の母となっている姉が、
遠方から子供たちを連れて、
先日、自宅に遊びに来たそうです。

姉が一人で来たことはあったのですが、
子供を連れてくるのは初めてということで、
当日、そのことをすっかり忘れていた。

そして、育ち盛りの男の子二人は、
彼女の部屋をしっちゃかめっちゃかにして
嵐のように帰っていった。

彼女は笑顔で姉たちを見送りながらも、
内心、” もう二度と遊びに来ないで欲しい ” と思った。

この出来事が今回の夢と何か関係があるのか、
筆者に尋ねる内容でした。

置き換えられた甥っ子たち

このエピソードを聞くと、
夢が何を描いていたのか何となく理解できます。

夢の中のソファーは彼女がいつも使っている
お気に入りの場所、ある意味、
彼女の ” 私生活の象徴 ” のようなものです。

それが、傷物になってしまった。

ソファーの上でくつろいでいる猫たちは
やんちゃな甥っ子たち。

彼らによって私生活がかき乱されてしまうことを
この夢は暗示しています。

彼女は姉が子供を連れてくることを忘れて
いたそうですが、潜在意識では、
そのことを覚えていたのでしょう。

*

さて、この夢では、なぜ、甥っ子二人を
二匹の猫に置き換えているのでしょう?

甥っ子そのものを登場させるわけには
いかなかったのでしょうか?

自分の好きな猫、勝手気ままな動物のした悪戯なら、
彼女は仕方ないと諦めることが出来る。

彼女は、内心、腹を立てながらも、どうにか
可愛い甥っ子二人の過ちを許そうともしているのです。

そして、潜在意識は、
この夢において ” 問題の縮小化 ” を行っています。

実際に、かき乱されたのは
彼女のプライベートスペース全体ですが、
夢の中では私生活の一部だが、
多くの時間をそこで過ごすという ” ソファー ”
だけが被害を受け、猫に乗っ取られるという
描き方になっている。

潜在意識が彼女のストレスを軽減しようとしているのです。

原点回帰

さて、今回の夢では ” 猫 ” は、

” 腹は立つが我慢しなければいけない出来事 ”

を暗示していました。

それは、夢占いを見て、単に
” 不吉な出来事 ” と解釈することも出来ますが、
夢の本質を理解することで潜在意識が伝えようとしている
具体的なメッセージを知ることが出来る。

もし、あなたが、夢占いで調べても、
どう解釈すべきか分からないといった複雑な
夢を見たとしたら、既存の解釈を捨てて、
一度、原点に回帰するべきです。

原点とは、夢を作ったのは誰か?

無論、それは、あなた自身です。

そして、その夢によって
自分は何をしようとしているのか?

まず、自分なりの解釈で
夢の意味を見つけることが大切です。

もし、それでは正解が分からないと思うなら、
次のように考えてみてください。

元々、夢の意味に正解など無い。

それは、芸術家が
自分の作品の解釈をすることに似ています。

作者がその作品によって
平和を訴えたかったのなら、
その作品テーマは ” 平和 ” なのでしょう。

例え、どんな答えであれ、
あなたにとってプラスになれば、
それが潜在意識が一番に願っていることなのです。

あなたが前向きな気持ちで生きられるために
全ての夢は作られる。

あなたを貶めたり、傷つけるためのものでは無い。

なぜなら、潜在意識は、あなた自身だからです。

 

関連記事 : ペットが登場する夢|夢占いでは解けないこと

広告

この記事をシェアする