夢の中の ” エキストラ “|脇役たちの役割

夢の中には、
様々な人々が登場します。

家族や、友達、会社の上司、
意中の人、嫌いな人物、
見知らぬ人物、通行人A、群衆・・

例えば、心に引っかかっている
家族の問題が夢になるとき、
家族が登場するのは、ごく自然です。

その夢には、
必要不可欠な登場人物。

そうではなく、あまり、
必要性が感じられない人物が
夢に登場することがあります。

” 何、この人?
別にいなくてもよくない? ”

夢の中で、ただ、後ろに
立っているだけの見知らぬ人物。

進路妨害をしながら、
前方を歩いている通行人。

何気に部屋の片隅に座っている老人。

ストーリーには、直接、
関わっていないが、なぜか、
登場している脇役たち。

彼らは、偶然、
居合わせた通りすがりではありません。

こういった
夢の中のエキストラたちにも
登場する理由があるのです。

では、彼らには、
一体、どういった役割が
与えらえているのでしょう?

広告

見知らぬクラスメートたち

次は、とある女学生が見た
夢の一例です。

校舎の階段下で三人の
男子生徒が柔道の稽古をしている。
 
顧問の教師と、私たちは、
それを遠くから見ている。
 
誰かが ” 可愛そう ” と言うと、
” しかたないよ ”
と他の誰かが答えた。

筆者は尋ねました。

” 登場人物は、全員
実在の人物だったのですか? ”

彼女は次のように答えます。

” 先生だけが実在します。
他は、全員知らない人でした ”

” 私たちは・・ということは
あなたの周りに誰かいた
ということですか? ”

” はい。四、五人ほどの
女子生徒がいました。多分、
クラスメートか何かだと思います ”

” つまり、あなたは、
周りにいた見知らぬ女子生徒を
クラスメートだと認識していた? ”

” 確かに変ですね。
知らない子なのにクラスメート
だと思っていたのは・・ ”

夢の中でこうした誤認識は、
よくある現象です。

それは夢の中の曖昧な記憶ではなく、
潜在意識があえて彼女の認識を
すり替えているのです。

それは、一体、
何がすり替えられた結果なのか?

*

” 先生は現実世界でも
柔道の顧問をされているという
ことでしょうか? ”

” そこが変なんです。
柔道の顧問は別の先生なんですけど、
夢の中では生徒指導の先生でした ”

” つまり、あなたは、
生徒指導の先生を柔道部の
顧問だと思い込んでいた? ”

” そうです。変ですね・・ ”

*

筆者には、もう一つ奇妙に
思えることがありました。

” 体育館や道場ではなく、
階段の下で柔道をしていたのですか? ”

” ああ、そこも変なんです。
私もなぜこんな場所で柔道なんて
するのだろう?と思っていました ”

” 夢の内容では三人で、
とありますが、柔道は通常、
二人でするものだと思うのですが、
二人が組み合っているのを
一人が見ていたということですか? ”

” 二対一という感じで
組み合っていました ”

” それは、つまり、
二人が交代しながら一人を
相手にしていたということですか? ”

” いえ、そうじゃなくて、
二人がかりで一人を抑え込もうと
していた感じです ”

” 因みに三人は道場着でしたか? ”

” いえ、学生服のままです ”

” 少し、話を整理させてください。
つまり、階段下で三人の男子生徒が
学生服を着たまま二対一の柔道を
していた。それを生徒指導係の先生と
あなたたちは見ていた・・”

” そうなりますね ”

この状況から見て、それが
柔道ではないということは確かです。

広告

夢が作られた本当の理由

この夢は、潜在意識が彼女の
いくつかの誤認識を利用して、
本来描くはずだった ” 何か ” を
カモフラージュしようとしている。

その ” 何か ” とは・・

筆者は尋ねました。

” イジメに心当たりはありませんか?
あなたの周りで ”

” ああ・・やっぱり、
夢の意味はそれだったんですね ”

彼女はすでに夢の意味を
理解しているようでした。

” つまり、あなたの学校で
イジメがある? ”

” はい・・ ”

*

彼女にとって、それは
あくまで ” 柔道の稽古 ”
でなければならなかった。

生徒指導の教師は、
柔道部顧問を兼任しなければ
ならなかった。

そして、その現場の目撃者は、
複数人でなければならなかった。

彼女一人が目撃者なら、
イジメを見て見ぬふりをした
罪悪感を一人で背負わなければ
ならない。

彼女の周りにいる数人の女生徒は、
罪悪感を分担し合うために
キャスティングされた ” 分身 ” です。

それによって彼女はイジメを
目撃しながらも何もせずに
ただ見ている人たちの中に
紛れ込むことが出来る。

” 見て見ぬふりをしたのは
私だけじゃない ”

女生徒の誰かが ” 可哀そう ” と言い、
誰かが ” 仕方ない ” と答える。

彼女のイジメに対する本音を
代弁しています。

*

彼女は見知らぬ女生徒数人を
クラスメートだと誤認していた。

数人の女生徒は、彼女の罪悪感を
軽減するために配置された分身
ですから、彼女とは、元々
繋がりがあるわけです。

それを彼女は、クラスメート
としての繋がりだと勘違いをした。

これは潜在意識が、
あえて仕組んだ ” 錯覚 ” です。

*

この夢はイジメという事実を
隠蔽するために作られた。

彼女の罪悪感を打ち消すために。

もし、そうであれば、
一つの疑問が残ります。

なぜ、潜在意識は、
この夢を作ったのでしょう?

イジメから目を背けておきたい
のであれば、最初から
夢を作らなければよい。

彼女の潜在意識は、
カモフラージュしながらも、
どうにかして事実を描こうと
している。

夢の中では柔道部顧問が
立ち会うというという名目で
生徒指導係の教師を配置しています。

この設定がイジメに対する
彼女の唯一の積極的な対処です。

彼女は、学校で行われている
イジメを黙認しながらも、
心の中で苦しんでいた。

イジメという事実を見過ごすことが
出来なかった彼女の思いが
この夢が作られた本当の理由です。

広告

エキストラの役割

それから、数日経った頃、
筆者の元にメールが届きます。

それは、彼女からでした。

メールの内容は、先日、階段の上で
イジメが行われているのを目撃
してしまったというものでした。

二人の男子生徒が、
一人の生徒を突き落そうと
していたと言うのです。

その階段とは、夢の背景となった
階段と同じ場所だった。

夢の中では、階段の下で
柔道をしているという設定でしたが、
彼女が目撃した実際のイジメの現場は
階段の上だった・・

彼女の潜在意識は、数日後に
彼女が遭遇する出来事を予見し、
現場を階段の上から下へと移動した。

危険を回避するために。

生徒指導係の教師だけが、
唯一の対処ではなかったのです。

*

潜在意識は、時折、
私たちよりも先に
未来の出来事を察知する。

そして、
夢の中で対処しようとする。

夢は、それが未来の出来事で
あったとしても都合よく
脚色されて作られるのです。

ゆえに、一見すると
全く無関係に見える。

そして、私たちは実際の出来事と
夢に関連性を見つけることが出来ず、
見過ごしてしまう。

*

夢の中に登場する人物は、
全て役割を与えられています。

彼女の周りに立っていた
見知らぬ女生徒たち。

彼女たちには、罪悪感を分担する
役割が与えられていた。

教師には、名目上の ” 稽古 ” に
立ち会う顧問としての役割、そして、
” イジメ ” に対する彼女なりの
アプローチとしての役割、
二つの役割を担っていた。

もし、あなたの夢に不必要に
思える人物が登場したなら、
その人物には、必ず、
存在理由があるはずです。

そもそも潜在意識は、
エネルギーを浪費して、
不必要な仕事をしない。

潜在意識が最も望んでいるのは、
夢に誰も登場しないこと、
すなわち夢を作らなくてすむほど、
私たちが精神的に安定している
ことなのです。

潜在意識が、どういった目的で
エキストラたちを配置したのか、
その意図を探ってみてください。

 

関連記事 : 夢の中の ” 無意味な人物 ” |この人って必要?

広告

この記事をシェアする