夢の中の ” 平穏な日常 “|季節違いの夢

夢は、常に、支離滅裂な
ストーリーだけを描く
とは限りません。

時には、何でもない風景や、
日常を映すこともある。

ただ、その ” 何でもない日常 ” が、
なぜか、新鮮に感じたり、
普段以上に ” 穏やかな時間 ”
に感じることがあります。

そのひと時が、
私たちを癒すのです。

*

通常、夢は、インパクトの
強いストーリーによって、
心の中で抑圧された感情や
欲求を処理しようとします。

その目的は明確です。

一方、何の変哲もない
” 穏やかな日常 ” を描く
夢も作られる。

一体、このような夢は、
何のために作られるのでしょう?

広告

夕暮れのひと時

次は、筆者の見た
夢の一例です。

ドラッグストアを出ると、
美しい紫色の空。
 
立ち話をしている人、
犬の散歩をしている人、
 
人々が、思い思いの
夕暮れのひと時を
過ごしている。
 
暖かなそよ風。

お店で何か買い物をして、
駐車場を歩いている
という日常的で
シンプルな夢でした。

ただ、妙な部分が、
一点だけ。

それは、季節の設定です。

夢を見ながら、筆者は、
” 夏の涼し気な夕暮れ ”
だと思っていたのです。

そう、この夢は、
今年の冬に見たのです。

なぜ、冬の真っただ中に
夏設定の夢など見たのでしょう?

*

まず、一つ考えられるのは、
単純に、厳しい冬の寒さに
耐えながら、気分的に
夏を求めていたということ
かもしれません。

筆者自身も、この夢を
見た当初は、そう解釈
していたのです。

ただ、腑に落ちないのは、
厳しい寒さは、冬に入ってから
ずっと続いていたのに、
なぜ、今になって夏の夢を
作ったのだろう?
という疑問だけでした。

*

筆者は、特に気にすることは
無いと思い、取り立てて、
深く考えませんでした。

それから、何事もなく
数日が過ぎたのです。

何でもない ” 日常 “

週間天気予報では、
大雪と予想されていましたが、
筆者は、例年の冬と変わりない
程度だと思っていたのです。

積もったとしても、
日常生活に影響が出る
ほどのものではないと。

*

しかし、蓋を開けてみると、
西日本では、大変な大雪に
見舞われ、都心部でも、
例年に無い積雪量によって、
交通が麻痺するなど、
豪雪によって、各地で
混乱した状況が続きました。

筆者の住んでいる場所も
雪国ですので、大変でした。

車でドラッグストアに
買い物に行ける状態では
ありませんでしたし、徒歩で、
どうにか店に辿り着いたとしても、
輸送トラックが来ないので、
店頭に商品が残っていなかったり、

生活道路の除雪作業も全く
間に合っていませんでした。

*

それからしばらくして、
少し状況が落ち着いたので、
筆者は、買い出しをするため、
雪の降る中、長靴を履いて、
とぼとぼと近くのコンビニに
向かって歩きながら、先日見た
夢について考えていたのです。

脈絡も無く、夢の中で、
なぜ、夏の夕暮れが
再現されたのか?

雪害によって、生活が
困窮してしまうことを
予め知っていた潜在意識は、
そのストレスを軽減する
ために夢を作ったのでは
ないだろうか?

炎天下の夏ではなく、
あえて、夕暮れの
涼しい夏を再現したのは、
外出するのに、最も、
心地の良い気温だから。

*

筆者は、夢の中で、
夕暮れどきの人々の姿を
眺めながら、こうした
” 何でもない日常 ” が、
とても尊いもののように
感じたのです。

もしかしたら、
今回の大雪によって、
生活が困窮して、ようやく
実感できる ” 普段の日常 ”
という幸せをこの夢は、
前もって描いていたのかも
しれません。

すぐ近くにあるもの

夢の中に再現された
” 何でもない日常 ”

取り立てて、ドラマティックな
ストーリーでも無く、
何を目的としているのか、
明確では無い夢。

こうした夢は、
強いインパクトが無いので、
単なる雑夢として片づけて
しまうことが多いです。

ただ、
夢を見ている間、なぜか、
” 平穏 ” を感じている。

*

例えば、夢の中で、
ただ、海辺に座って
ぼんやりと潮騒の音に
耳を傾けているなら、
社会の喧騒から逃れて、
自然に癒されたい気持ちの
表れなのかもしれない。

もし、公園のベンチに
座って、遊んでいる子供を
眺めているなら、少し、
休息が必要なのかもしれない。

恋人や、友人が、
何気なく、そばにいて、
ニッコリ微笑んでいるなら、
その人が大切な人である
ことを実感する時期が
来ているのかもしれません。

*

無論、必ずしも、私たちの
置かれている環境は、
同じではありません。

なので、一人一人が、
感じる ” 小さな幸せ ” は
それぞれ違っている。

解釈も、その個性に
合わせる必要があります。

*

人生の他愛無い一コマを
切り取ったような、
刹那的な夢。

私たちが、時間に追われて、
日常の中の ” 小さな幸せ ”
を見過ごしてしまっている時、
潜在意識は、不意に、
それを再現するのです。

そして、人生が何か、
幸せとは何かを思い出させる。

もし、あなたが、
こうした夢を見たならば、
一度、身の周りにある
日常を振り返ってみる
よい機会なのかもしれません。

*

大切なものとは、
すぐ近くにあるものです。

人は、それを失ってから、
ようやく、その尊さに
気づくのです。

広告