夢解釈に必要な ” 直感 ” とは?

夢を解くためには、
” 直感 ” が必要です。

” 直感 ” と言うと、
芸術家のインスピレーションや、
ギャンブルの勘、もしくは、
第六感のようなイメージを
持っているかもしれません。

ここで言う ” 直感 ” とは、
そういったイメージとは
少し違っています。

直感とは?

ここでの ” 直感 ” とは、
夢の中で感じる
感覚のことを指します。

例えば、夢の中で、
振り向いて確認してもいないのに、
後ろに、人がいることを
予め知っていることがあります。

それが、
誰かも分かっている。

他にも、
姿を見たわけではないが、
何者かが自分を追いかけてくる
気がしたなど、根拠の無い、
” だと思った ”
” 気がした ”
という感覚があります。

*

 映像としては、
描写されていませんが、
夢を解くには、
夢の中で感じた ” 直感 ” は、
重要な鍵になります。

夢とは、映像だけが、
全てでは無いのです。

夢の中であなたが感じたこと、
考えたことなど、
目に見えない要素も、
織り込まれて、ようやく、
” 夢 ” という一つの作品に
なっているのです。

目に見えない要素

つまり、
夢を解くという作業は、
登場人物や、その振る舞い、
舞台となった場所、
ストーリーという
目に見える要素に加え、

そこで感じたこと、
考えたことなど、
目に見えない要素も視野に入れて、
総合的な解釈をします。

実際は、夢の中のある場面で、
自分が何を感じていたのか、
何を考えたかを一つ一つ、
思い出すという作業になります。

*

そして、自分の解釈が、
誤っているのか、それとも、
自分の心の奥底を
言い当てているのか、
判断するのは、最終的には、
あなたの ” 直感 ” なのです。

それが、
正しい ” 答え ” ならば、

” ああ、多分、そうだわ
自分、そういうとこある・・ ”

というような自分にしか
分からない ” 個人的感覚 ”
が得られます。

そこに、はっきりとした
根拠はありません。

あなたという人間を
全て知っている自分だからこそ、
得られる ” 感覚 ” なのです。

直感が働かないとき

ただ、人間ですから、直感が
働かないということも
あると思います。

それは、どういった時でしょう?

例えば、
知識があり過ぎるとき、
固定観念など、強いこだわりや、
強い執着があるときです。

知識があるときは、
それを元に夢を分析しようと
してしまいます。

つまり、
個人的な感覚よりも、
一般的な理論や法則などに
捉われた視点で、
夢のストーリーを読んでしまうのです。

*

その理論や法則を作った人たちは、
もちろん、あなたを知りません。

タイプ別に区別したり、
お決まりのパターンから、
典型的な答えを与えてはくれますが、
” 夢 ” という極めて個人的で
繊細なものに対しては、
全てを網羅できないのです。

そして、
それに基づいて解釈すると、
かえって答えから遠ざかってしまう
可能性もあります。

*

例えば、
夢占いでは、ライオンは、
” 権力の象徴 ” とされていますが、
あなたに、ライオンについて
個人的な思い出があった場合は、
その解釈は、全く違ったものに
なるかもしれません。

もし、
あなたが、夢を見る前日に
映画 ” ライオンキング ” を
観ていたとしたら、
夢の中のライオンは、
” 頼れる父 ” を
象徴しているのかもしれない。

もちろん、夢占いに、そこまで
細かな想定はありません。

しかし、夢を見たあなたが、
登場したライオンを見て、
なぜか、” お父さん ” を
思い出したとしたら、
その感覚こそが、
最も答えに近いヒントなのです。