” 願望 ” が夢解釈の邪魔をする?

夢から正しいメッセージを
受け取る上で障害となる
ものの一つに、” 願望 ”
があります。

潜在意識が、あなたに
何か伝えたとしても、
それが ” 願望 ” によって
歪められた形で伝わって
しまう。

*

これは、別に夢だけに
限ったことではなく、
日常的な場面でも
よく見られることです。

例えば、人の噂話は、
正確に伝わる方が稀で、
誰が付け加えたのか、
必ず尾ひれがつくものです。

人から聞いた話に個人的な
” そうあって欲しい ”
という気持ちが、無意識に
込められてしまうのです。

*

では、夢の場合は、
どのような形で
願望が正しい解釈を
妨げるのでしょう?

広告

” 願望 ” が正しい答えを妨げる

例えば、好きな人が
登場する夢。

恋する若い女性ならば、
その夢に、恋の進展を
期待してしまうでしょう。

” 恋が進展する
暗示であってほしい ”

という気持ちから、
色々な理由を持ち出して、
自分の求める答えに
合わせていくのです。

*

ある女性が、親友に
こう言われます。

” 彼が、あなたと
デートしている夢を見たよ ”

彼女には意中の男性がいて、
親友にもそのことを
話していたのです。

彼女は、親友の夢の話を
聞き、恋の進展の暗示
と解釈します。

ですが、この夢は、意中の
男性に思いを伝えることが
出来ない彼女のことを思った
親友が背中を押そうとして
いるだけなのです。

*

この夢が伝えているのは、
” 恋の進展 ” ではなく、
” 友情 ” なのです。

彼女は、願望によって、
誤った解釈をし、
” 友達が自分を思う気持ち ”
という大切なメッセージを
見落としている。

広告

どの解釈を選択するか

先ほどの例は、自分の夢
ではなく、友達の見た夢
を解釈するというケース
でしたが、

これが自分の夢であっても
本来の意味を都合のよく
歪めて解釈してしまう
ことがあります。

*

次は、とある受験生が
見た夢の一例です。

志望する大学の学生と
一緒に遊んでいる。

勉強が思うように
進んでいなかった彼は、
この夢を志望する大学に
入ることが出来る暗示
と解釈します。

*

しかし、彼は、もう一つ
の解釈を見落としています。

それは、満たされない
願望を夢の中で満た
そうとしているという
解釈です。

つまり、今の学力では、
希望する進学が望めない
彼が、進学できた人たち
の仲間になりたがっている
だけなのかもしれない。

どちらの解釈を採用
するかは、彼自身の学力を
見れば、何となく予想が
つくでしょう。

問題は、彼自身が、
それを冷静に受け止める
ことが出来るかどうかです。

広告

解釈の落とし穴

自分で見た夢を自分で
解釈するということには、
夢を都合良く捉えてしまう
という ” 落とし穴 ” が
あります。

強い結婚願望がある人が
恋人が登場する夢を
見れば、それがどんな
内容であったとしても
” 結婚の予兆 ” という
解釈にになってしまう。

*

例えば、自分なりに
夢を解釈してみて、

” これって、自分が
都合良く解釈している
だけでは? ”

と頭に疑問が浮かぶと
したら、その人は、
ある程度の冷静な判断が
出来ていると言えます。

自分の考えに疑問を
持つことが出来ている
わけですから。

もし、真実が見えなく
なっているとしたら、
自分の考えに疑問を
感じることもありません。

*

夢解釈において、100%の
確証など、永久に得られる
ことはありません。

これが、答えだと思える
ものに辿りついたとしても、
あくまで、
” 多分、これだろう ”
という程度の認識でしか
無いのです。

そこに腑に落ちる感覚が
あったとしても、大抵は、
若干の疑念が残るものです。

むしろ、” 少しの疑念 ”
は、必ず残しておくべき
だと思います。

もし、100%の確証がある
と言うなら、それは、
どこかに不備があるのです。

広告

主観と客観の使い分け

見たくないものに目を塞ぎ、
見たいものだけを見る。

それが、人の弱さ
というものです。

どんな人であれ、常に
冷静に物事を観察する
ことは難しい。

夢という心の中に
作り込まれた世界を
主観と客観を使い分け
ながら、観察していく
という作業は、一見
すると、ゴチャゴチャ
しているように見えます。

*

筆者でも、依頼された
支離滅裂な夢の内容を
拝見して、どこから
手をつけるべきか
分からないということ
があります。

” もしかして、
こういうことかも ”

そういった場合は、
こうした曖昧な ” 気づき ”
から分析が始まることが
多いのです。

最初は、間違っていても
いい。都合良く解釈して
しまってもいい。

まずは、主観で問いかけて
みることが大切です。

そして、客観的視点で
間違いを修正していく。

それを繰り返しながら、
” 答え ” に近づいていく
のです。

広告

この記事をシェアする