夢解釈に必要な ” 直感 ” とは?

夢を読み解くには、
それが何を象徴するのか、
夢に関する豊富な知識から
適切な組み合わせを見つける能力・・

そんなものは必要ありません。

夢占いや、心理学の
” A ” から ” Z ” を
覚える必要も無い。

必要なのは、
あなたと、あなたが見た夢。

それだけです。

*

そもそも、AからZは、
全て、あなたの中にあります。

なぜなら、その夢は、
あなたの中から生まれたものだから。

夢解釈は、その分野に精通した
タロットカードのリーディングとは
違います。 

” 夢占い ” というカテゴリー
がありますが、実際は、
夢解釈は ” 占い ” ではなく、
単なる ” 自己分析 ” に過ぎない。

ただ、そこに未来への示唆が
含まれているというだけで。

広告

夢の中の ” 直感 “

夢を読み解く上で
” 直感 ” は重要です。

” 直感 ” と言うと、
芸術家のインスピレーションや、
ギャンブルの勘、もしくは、
スピリチュアリストの第六感
のようなイメージを持つかも
しれません。

ここで言う ” 直感 ” とは、
そういったイメージとは
少々違っています。

筆者の言う ” 直感 ” とは、
夢の中で感じる感覚のことを指します。

例えば、夢の中で振り向いて
確認したわけでもないのに、
後ろに誰が立っていたか、
すでに知っていることがあります。

他にも、
何かが迫ってくる気がしたとか、
誰かが部屋の中にいると思ったなど、

目で見て確かめてもいない
ことを根拠も無く、
” 気がした ” ” だと思った ”
と思い込む奇妙な現象。

そして、その思い込みは、
大抵、当たっている。

*

夢を解く上で映像としては
描写されない夢の中で感じた
” 感覚 ” は重要な鍵になります。

夢とは、映像だけが全て
では無いのです。

夢の中であなたが感じたこと、
考えたことなど、目に見えない
要素も織り込まれて、ようやく、
” 夢 ” という一つの作品になっている。

つまり、あなたが
夢の中で感じた ” 感覚 ” は、
夢を見た単なる感想ではなく、
作品の一部です。

もし、あなたが全く行ったこと
のない架空の場所に訪れて、
” ここに来た覚えがある ”
と感じたなら、それは潜在意識が
あなたにそう思わせるために
用意したロケーション。

つまり、あなたの感覚は、
潜在意識の書いた脚本に
織り込み済みだということです。

重要なのは、なぜ、潜在意識が
その場面であなたにそう思わせる
必要があったのか? その理由です。

広告

目に見えない要素

夢を読み解く作業は登場人物や、
その振る舞い、舞台となった場所、
ストーリーという目に見える要素に加え、

そこで感じたこと、考えたことなど、
目に見えない要素も視野に入れて
総合的な解釈をします。

具体的には、夢の中のとある場面で、
自分が何を感じていたのか、
何を考えたかを一つ一つ、
思い出す作業になるでしょう。

そして、
自分の解釈が誤っているのか、
それとも的を得ているのか、
最終的に判断するのは、
あなたの ” 直感 ” なのです。

それが、正しい答えならば、

” ああ、多分、それだわ・・ ”

という自分にしか分からない
” 腑に落ちる感覚 ” を得ることに
なるでしょう。

ただ、” 腑に落ちる ” と言っても、
それは、推理小説を読んでいて
事件が一本の線で繋がったのを
発見した時のような衝撃ではありません。

それは、
何となく最初から分かっていたような、
忘れていたことをふと思い出すような、
淡い感覚です。

なぜなら、その脚本を書いたのは
夢を見ている本人だからです。

*

それは、夢を見た本人の得る
単なる ” 個人的感覚 ” なので、
無論、科学的に立証することも
出来ない。

” 答え ” がインターネットの
どこかに載っているということも
ありません。

夢とは、それを見る人の
本心が描かれる。

あなたの本心がインターネットで
検索できたら怖いですよね。

夢とは、精神世界の産物です。

だから、最終的には、
心によって判別する以外に
” 答え ” を見つける方法は
無いのです。

全てを明確にしなれば、
すっきりしない理数系の人には、
理解しがたい世界ですが、
どこまで追及しても、
具体化も、物体化も出来ない。

それが、夢の本質です。

広告

直感が働かないとき

ただ、人間ですから、
直感が働かないということもある。

それは、どういった時でしょうか?

例えば、知識があり過ぎると、
それを元に夢を分析しようと
してしまいます。

個人的な感覚よりも、
一般的な理論や法則などに
囚われた視点で夢のストーリーを
読んでしまうのです。

その理論や法則を作った人たちは、
もちろん、あなたを知りません。

タイプ別に区別したり、
従来のパターンから、
典型的な答えを与えてはくれますが、

” 夢 ” という極めて個人的で
繊細なものに対しては、
教科書どおりの答えでは
限界があるのです。

それに基づいて解釈すると、
かえって答えから遠ざかって
しまうこともある。

*

例えば、夢占いでは、
ライオンは ” 権力の象徴 ”
とされていますが、あなたに
ライオンについて個人的な
思い出があった場合は、
その解釈は、全く違ったもの
になるかもしれません。

もし、あなたが夢を見る前日に
映画 ” ライオンキング ”
を観ていたとしたら、
夢の中のライオンは、
” 頼れる父 ” を象徴して
いるのかもしれない。

無論、夢占いに前日に
何の映画を観たかといった
細かな想定は無い。

しかし、夢を見たあなたが、
登場したライオンを見て、
なぜか ” お父さん ” を
思い出したとしたら、
その感覚こそが最も答えに
近いヒントなのです。

*

そして、直感が働かない
もう一つの理由は、強いこだわり、
執着心があった場合です。

もし、強い結婚願望を持つ人が、
恋人が登場する夢を見れば、
どんな内容であれ、全ては
” 結婚の予兆 ” という解釈
になってしまうでしょう。

もし、今勤めている会社を
辞めたいと思っている人なら、
夢の中のあらゆる出来事が
” 人生の転換期 ” に思えてしまう。

自身の中にこうした
執着心を見つけたとき、
心の声を正確に聞き分ける
必要が出てきます。

強い執着心が ” 大きな声 ” ならば、
それを否定する ” 小さな声 ”

” おいおい、少し冷静になれよ ”
” 都合がいいな。お前は ”

こうした客観的な視点に
耳を傾けることが大切です。

しかし、実際、自分の中にある
執着心を自覚するというのは、
思いのほか難しい。

普通、人は皆、
” 自分はいつも冷静だ ”
と思っているものです。

もちろん、筆者も例外ではない。

なので、筆者の場合は、
間違いなくこれが正解だと思えても、
必ず次のように問いかけます。

” 本当にそれが答えなのか? ”

直感だけでは読み解けないこと

いずれにせよ、直感は、
夢解釈のベースになるものです。

それは、
どちらか決められない時は、
直感に頼るという意味では
ありません。

直感こそが最初に必要なもの。

それがなければ、それ以外の
緻密な理論など何の意味も
無いのです。

ただし、直感だけで全てを
判断するというわけではなく、
やはり、ある程度の洞察は必要です。

そもそも、あなたが
夢の中で感じたそれは
潜在意識にそう思わされて
いるだけなのか、潜在意識の
真意を見抜いた結果なのか?

それを見極めなければならない。

*

例えば、幸せな気分に浸る夢を見て、
気分はまさに ” 幸せ ” だった
わけですから、それは幸運の暗示
なのでしょうか?

その前に、なぜ、潜在意識が、
夢という幻想の世界であなたを
幸せにしなければならなかったのか?
という問いかけは必要なのです。

そこで現実世界のあなたは、
どんな毎日を送っているのか、
どんな悩みを抱えているのか、

それを振り返った時に
一体、何が見えてくるのか・・

やがて、あなたは何かを見つけ、
夢の中で幸せな気分に浸りながらも、
どこか ” 虚しさ ” を
感じていたことに気づく。

その ” 幸せな気分 ” は、
” 虚しさ ” を隠蔽するためのもの。

最初から、あなたは
それを感じ取っていたのです。

直感によって。

 

関連記事 : 夢を直感的に読み解くには?|指輪の夢

広告

この記事をシェアする