夢に映し出される人の性格|注目を浴びる夢

夢の中で周りの人の注目を浴びてしまう
という設定。

様々なシチュエーションが考えられます。

会議室で発表を行ったり、街の中で
突拍子も無い行動を取って注目を集めたり、
ロックスターになってステージで演奏するなど

自ら注目されることを
望んでいる場合もあれば、
不本意にも注目されて恥ずかしい思いをする
という場合もあります。

シチュエーションによっては
解釈も違っていくでしょう。

*

まず、理解しておくべきは
” 注目を集めた ” という部分のみで
意味を判断することは出来ないということです。

どの夢にも言えることですが、
ストーリーの全体を視野に入れる必要があります。

そして、その夢が作られた理由と
自身の私生活との関連性を見つけることが
夢を読み解くための近道です。

つまり、全てはケースバイケースです。

広告

架空の講演会

次は、とある女性が見た夢の一例です。

講演会が開かれている。
 
壇上で講師が何やら喋っている。
 
舞台袖でそれを見ている自分。
 
誰かが背中を押したので
舞台に出てしまう。
 
慌ててカーテン隙間に隠れる。

夢の中では、彼女は客席ではなく、
舞台袖から講演を聴いているという状況から、
運営スタッフのような立場として
ストーリーに参加しているようにも伺えます。

” 講演会の運営スタッフとして
働いた経験などはありますか? ”

筆者が尋ねると、
彼女は次のように答えます。

会社の研修でそういった集まりに
出席したことは何度かあるが、
運営スタッフとして働いた経験は
一度も無いということでした。

また、今後の予定についても尋ねましたが、
特に講演会に参加する予定も、
運営に参加する予定も無いそうです。

*

彼女の回答を聞く限り、
夢の中の講演会と彼女の私生活とは
何ら関わりが無いようにも思えます。

潜在意識は、なぜ、夢の舞台を講演会とし、
彼女をステージの袖に配置しているのでしょう?

この夢の作り手はあくまで彼女自身なので、
ステージを用意したのも、誰かに押され、
一瞬、人目に晒されてしまう演出も
彼女自身が仕組んだものです。

そう考えると、この夢は
人々の注目を集めるためのもので、
彼女の中の ” 目立ちたい ” という
隠れた願望が描かれているかに見える。

彼女の性格を知らなければ、
筆者もそのように解釈したかもしれません。

夢を読み解く上で、夢を見た人、
つまり、夢の作り手の性格を
把握しておくことは重要です。

夢ほど、その人のプライベートな一面が
表れるものはありません。

夢とは、” 個性 ” の結晶のようなものなのです。

なので、夢の内容だけで
判断できることには限界があり、
解釈する側の勝手な思い込みによって、
全く誤った解釈を導くこともある。

*

セッションを進めていくうちに、彼女が
どういった人柄なのか段々と分かってきました。

彼女は、ある告白をします。

実は、人前で喋ることが全く出来ない
と言うのです。

それは大勢の前に限らず、
1対1で話すときも、
自分から発言したりしませんし、
意見を求められても
自分の意見などありません。

そもそも、周りの誰も
彼女に意見を求めたりはしなかったのです。

ただ、彼女の中には、
この性格をどうにかしたいという
切実な思いがあるだけでした。

理想の影で

彼女の人見知りの強い性格を知ると、
別の解釈が見えてきます。

筆者は、夢の中で彼女が、
なぜ、舞台袖に立っていたのか尋ねてみました。

彼女は出番を待っているわけではなく、
運営スタッフとしてそこにいたという
認識もなかったと言います。

一体、そこで何をしていたのでしょう?

彼女は、既に
ステージ上に立っているのです。

正確には、彼女の ” 理想の自分 ” が
演台の前に立つ講師として再現されている。

演台の前に自分の理想の姿を描きながらも、
彼女自身は舞台袖で甘んじている。

そこは聴衆には見えない位置ですが、
一応、ステージの端には立っているわけです。

そこを降りて、
客席から話を聴くわけにはいかないのです。

なぜなら、それは
彼女のために用意されたステージだから。

*

そして、後ろから
何者かによって背中を押された。

自らの口で意見を言わなければならない
という彼女の中の ” 強い意思 ” が、
演台に進めと言うかのように背中を押したのです。

彼女は、ステージに飛び出した後、
自分に注目する聴衆を見て、
怖気づき、隠れてしまいます。

正確には舞台袖に戻ったのではなく、
ステージの中央に垂れ下がっていた
カーテンの隙間に隠れた。

位置関係として舞台袖に戻るには、
一度、カーテンから出て、
聴衆の前を横切らなければならなかった
と言います。

しかし、彼女は、怖くて、
出ることが出来なかった。

*

この夢は、彼女自身が作っているわけですから、
ステージの状態や、位置関係といった演出は、
全てコントロール出来るのです。

つまり、聴衆の前を横切らなければ、
舞台袖に戻ることが出来ないという状況も
あえて、仕組まれたもの。

潜在意識は、もう一度、聴衆の前に
出るための機会を彼女に与えているのです。

これら仕組まれた演出からも
彼女が、どうにかしてコンプレックスを
克服しようと葛藤している姿が見えてきます。

広告

彼女が見ている風景

さて、彼女は、なぜ、
このタイミングで、この夢を見たのでしょう?

先ほどの解釈でいけば、彼女には、
今、コンプレックスを克服しなければならない
差し迫った理由があるか、

もしくは、今後、
そういった状況になるか、どちらかです。

筆者は、尋ねます。

” 最近、コンプレックスを克服しなければ
いけないと思ったことはありますか? ”

その質問に彼女は
一つの事柄に思い当たったようでした。

彼女は、働いている職場に、来週、
二人の新入社員が入ってくるので
案内役を頼まれたそうです。

他の社員が忙しく、
自分だけが空いていたから、
という理由のようでした。

つまり、何も知らない新入社員が、
職場で最初に出会う人になるということが、
彼女にとっては大きなプレッシャーに
なっていた。

普通の人ならば取るに足らないことでも、
極度の人見知りである彼女には、
初対面の人に自分から話しかけ
なければいけないという状況が、
途轍もない重責に感じられたのでしょう。

彼女はコンプレックスを
克服する必要に迫られていたのです。

*

ただ、たった二人の新入生が相手です。

これが、どうして大勢の聴衆を前にしての
講演会という夢になったのでしょう?

夢の中の架空の講演会は
彼女の ” 主観 ” を描いている。

つまり、普通の人なら何でもないことでも、
彼女にとってそれが一大イベントのように
感じられたのなら、夢は
そのスケールで描かれるのです。

例えば、十代の若者が失恋して、
世界が終わったと感じれば、潜在意識は、
巨大隕石が地球に衝突する夢を作ります。

それと同じで、彼女にとって
初対面の人に話しかけるというのは、
大勢の聴衆の前でスピーチをするぐらいの
プレッシャーを与えているのです。

” まるで、講演会で
スピーチするぐらい緊張する ”
という彼女の感じている緊張感が
ストレートに映像化されています。

プライベートという領域

人の悩み事は、
いくつかのパターンに類別出来る。

仕事、恋愛、人間関係、健康など、
大抵の悩みはそのどれかに当てはまる。

そして、それに合わせて、
用意される答えも予め決まっている。

筆者は、この考え方はナンセンスだと思います。

統計の数字だけを目で追って
” 人 ” を見ていない。

これは、夢への理解を妨げる要因の一つです。

*

夢は、その人の
最も奥深くから生まれるものです。

それは、繊細で
外側からは見えないものです。

そのプライベートな領域に踏み込まなければ、
本当の理解は得られない。

あなたが何か夢を見たとして、
そこにはあなただけの
” 答え ” があるはずです。

そして、そこには必ずと言っていいほど、
あなた自身の性格、人生観、思想、
コンプレックスといった普段は人前で
口に出さないコアな部分が反映されている。

” そんなことは人前で言うことじゃない ”

と思っていることを潜在意識は、
夢のテーマとして扱うのです。

それを隠して、
自身を守る必要もありません。

なぜなら、潜在意識とあなたは一つです。

あなたが傷つけば、
それは潜在意識にとっての痛み。

そして、潜在意識が抱えているものは、
あなたが抱えているもの。

夢という世界に現実世界のような
” 悪意 ” は存在しないのです。

 

関連記事 : 夢の中で人格が変わるとき|潜在意識の見ている世界

広告

この記事をシェアする