夢の中の ” SNS “|システムを組み込んだ夢

今は、多くの人が何らかの形で
SNSを利用しています。

Facebook や、Twitter、
Instagram、LINE、Google+など、
いくつものサービスがあり、
それぞれに特色がある。

それらは、人々の生活に浸透し、
日常的に利用されるのです。

そして、それが身近なもので
ある限り、いつか、夢に登場
することになるでしょう。

*

人々のSNSに対する接し方は、
個人個人で大きな違いがあります。

複数のサービスに登録し、
複数のアカウントを状況によって
使い分けているヘビーユーザー
もいる一方、登録したはいいが、
システムがよく分からないまま
放置しているという人もいます。

ビジネスとして利用している
人もいれば、自己表現の
一つとして自分の創作物を
公開している人もいます。

異性との出会いの場として
利用している人もいれば、
匿名でアンチコメントを
書き込むためだけの
アカウントを作る人もいます。

その利用形態は、多岐に渡る。

*

そして、ITの世界ですから、
サービス自体が、日々、
アップグレードし、仕様が
その度に変更されるのです。

これら一つ一つについて、
夢に登場した場合の解釈を
いちいち解説するわけには
いきません。

解説したところで、それは、
あなたの見た夢を読み解く
手掛かりにはならない。

すぐに陳腐化してしまう情報です。

では、どうすればよいのか?

夢の本質を理解するしか
ありません。

広告

インスタグラムの夢

夢の本質とは、何か?

別に難しいことではありません。

それは、人の心を
理解するということです。

夢は、その心が作った
ものですから。

*

次は、インスタグラムを
利用している女性が見た
夢の一例です。

なぜか、過去の投稿が
全てストーリーズに入って
しまっていることに気づき、
消えてしまう前に慌てて、
投稿をやり直している。
 
どれも冴えない写真ばかりで、
投稿前に画像を加工し直そうか
迷っている。
 
友達が凄くいい旅先の写真を
投稿している。

インスタグラムという近年、
普及し始めている写真に特化
したSNSが登場している
現代的な夢です。

筆者自身は、インスタグラム
を触ったことがなく、今回、
夢を見た女性に、その仕組みを
教えて貰いながらセッションを
進めることになりました。

彼女の説明では、夢の中で
投稿したはずの過去の写真が、
なぜか、” ストーリーズ ” に
格納されてしまっていることに
気づいて、慌てて対処していた
と言います。

*

” ストーリーズ ” というのは、
インスタグラムの機能の一つで、
その中に入っている写真は、
24時間後に自動的に消滅
してしまうというものです。

筆者には、なぜ、
そのような機能があるのか
理解出来なかったのですが、
どうやら、一時的に写真を
公開したい人のための機能
ということで、彼女自身は、
ストーリーズ機能は利用した
ことがないと言います。

*

また、現時点では、
インスタグラムの仕様が変更
されており、24時間経過すると
非公開のフォルダに自動的に
保存されるということで、
完全に消滅するわけでは
なくなったということです。

ただ、夢の中では、彼女は、
なぜか、現在の仕様ではなく、
24時間後に消えてしまうものだと
思い込んでいた。

*

” インスタグラムには、
よく投稿するのですか? ”

筆者が尋ねると、意外にも
彼女は、登録はしているが、
現在は、それほど
利用していないと答えます。

登録したばかりの時は、
よく写真を撮っては、
投稿していたが、最近では
その頻度は減っていき、
今では月に一度、投稿するか
しないかといった程度だと
言います。

” なぜ、頻度が減ったのですか? ”

彼女は答えます。

” 多分、思ったよりも、
反応が得られないので、
張り合いも無く、
飽きてしまったのだと思う ”

*

それから、筆者は、夢の最後に
登場している友人の投稿について、
いくつかの質問をしました。

その友人は、インドア派の
彼女とは違って、旅行好きの
行動派でインスタグラムにも、
よく旅先の写真などを投稿して
いるということです。

*

この話を聞く限り、
彼女にとってインスタグラムは、
それほど、身近な存在という
わけでもなさそうです。

なぜ、彼女の潜在意識は、
すでに飽き始めているSNSを
材料に夢を作ったのでしょう?

広告

インスタグラムを始めた動機

” 利用しているSNSは、
インスタグラムだけですか? ”

彼女は、この質問に
” YesでもありNoでもある ”
と答えます。

その意味を尋ねると、ようやく
彼女の人柄が見えてきたのです。

彼女は、facebook にも、
Google+にも、Twitterにも
メジャーなSNSには大抵、
登録しているのだと言います。

しかし、登録して間もなくすると、
飽きてしまって投稿しなくなり、
そのうちログインパスワードを
忘れて、そのまま放置という形に
なるのがいつものパターンだと
言うのです。

今回のインスタグラムも
そのうちの一つだと。

*

” 夢の最後に出てくる友人の投稿は、
具体的にはどういった写真だった
のですか? ”

その写真は、友人が行った
旅行先で撮られた一枚といった
感じで、そのクオリティに比べて、
自分の日常的な写真が、とても
つまらないものに感じてしまった
と言います。

それで、夢の中で、写真を加工して、
もう少しいいものに出来ないか
頭を捻っていた。

*

筆者は、彼女が自らをインドア派だと
言うので、何か、旅行にでも行って
気晴らしをしたいという願望がある
のかもしれないと思い、次のように
尋ねました。

” 旅行で行きたい場所などは
ありますか? ”

すると、彼女は、旅行自体に
あまり興味が無いと答えます。

遠出をして疲れるよりは、
家にいる方がいいと。

ただ、夢に登場していた友人に
つい数日前に旅行に誘われており、
今、どうしようか迷っていると
言います。

*

” なぜ、迷っているのですか? ”

彼女は、言います。

” 自分は、これまで、ただ、
何となく生きてきただけで、
何も残していない気がするんです。
それで、何か、思い出らしき
ものを作った方がいいような
気もしていて・・ ”

” もしかすると、自分が、
SNSを始めるきっかけも、
何かを残そうとしているという
ことかもしれない。いつも、
続かないんですけど・・ ”

筆者は、彼女のこの告白を聞いて、
夢の意味が、ようやく理解
出来たのです。

広告

過ぎ去ってしまう前に

彼女にとって、
インスタグラムを含むSNSの
どれもが、登録しては、
特に何かを残すこともなく、
いつの間にか使わなくなり、
忘れ去られていく
” マイブーム ” なのです。

彼女の中で、何の爪痕も残せて
いないこれまでの自分の人生が、
丁度、無意味に過ぎ去っていった
いくつものSNSとオーバーラップ
したのかもしれません。

ある意味、人生の縮図です。

夢の中で、彼女は、今まさに
ブームが過ぎ去ろうとしている
インスタグラムに投稿した
過去の写真が、数時間後には
消滅してしまうストーリーズに
入っていることに気づく。

それらを消える前に救い出して、
どうにか ” 爪痕 ” を残そうと
している。

*

夢の中で、友人の投稿に比べて、
自分の投稿写真が、何か
みすぼらしく感じてしまった。

彼女から見た友人のアクティブな
生き方は、自分の何も無い人生に
比べて、輝いて見えたのかも
しれません。

それが、” インスタ映え ” した
素晴らしい投稿写真として、
描かれています。

*

この夢は、彼女がこれまで
送ってきた味気の無い人生を
マイブームの中で過ぎ去っては
消えていくSNSの状況に
置き換えているのです。

そこで、消滅するはずの写真を
救い出すことで、自分が存在した
証を残そうとしている。

自分とは真逆の生き方をしている
友人からの旅行の誘いは、
彼女が、これまでの生き方を
見つめ直す一つのきっかけに
なったのかもしれません。

そして、それが夢になった。

*

彼女は、セッションの最後に
言いました。

” 旅行に行こうと思います ”

広告

賢者と愚者

人がSNSを利用する理由は、
様々です。

そして、それが日常生活に
浸透していくほど、そこには、
何かしらの思いが生まれる。

友達との繋がりであったり、
新しい人との出会いであったり、
ビジネスであったり、
自己表現の場であったり、

今回の夢を見た彼女にとっては、
一つの ” 生きている証 ” を
残すためのツールだったと
いうことなのでしょう。

そして、それが身近なもので
あるならば、必然として
夢は作られる。

*

仮に、facebookを利用している
人が、それに関連した夢を
見たとしましょう。

facebookは、実名登録という
特徴を持ったSNSなので、
それに因んだ構成の夢が
作られる可能性はあります。

例えば、昔好きだった異性から、
友達申請のメッセージが来る
夢を作るかもしれません。

Twitterをよく利用している人なら、
誰かの悪口を呟くと、共感の
リツイートが大量に返ってくる
夢を見るかもしれない。

もし、サービス開始間も無い
登録者数の少ないSNSならば、
夢の中で、そこはプライベートな
領域を表しているのかもしれません。

*

他にも、オンラインゲーム内で
コミュニケーションをする
タイプのものや、特定の
ジャンルに特化したものなど、
様々な特徴をもったSNSが
あります。

必ずしも、そのSNSの特徴を
組み込んだ夢が作られるとは
限りませんが、あなたがその
システムに日頃から、
慣れ親しんでいるならば、
潜在意識は、その記憶を利用
するでしょう。

今回は、投稿写真が24時間経過
すると消滅してしまうという
” ストーリーズ ” という機能を
効果的に演出に組み込んでいます。

潜在意識は、あなたの記憶に
あるものなら、どんなものでも
利用するのです。

*

新しく生まれたテクノロジーには、
無論、古くから伝わる解釈など、
ありません。

ゆえに、古い解釈で状況が似て
いるものを当てはめて応用解釈
するという方法が取られます。

例えば、タブレットで電子書籍を
読んている夢を見たとしましょう。

タブレットも電子書籍も
現代のテクノロジーですから、
古来から伝わる夢占いには
解釈がありません。

それは、本を読んでいる夢
として考え、応用解釈すべき
でしょうか?

それで正しい解釈を行える
場合もありますが、そもそも、
なぜ、潜在意識は、本ではなく、
あえて電子書籍で読むという
シチュエーションを選んだのか?
という問いかけは必要なのです。

もしかしたら、紙媒体では、
いけない理由があったのかも
しれません。

例えば、読んでいる書籍を
誰かに知られたくないという
心理から、パスコード機能が
ついているタブレットを
選択したのかもしれない。

*

必ずしも、旧来の解釈を
応用すれば、正しい答えが
得られるとは限らないのです。

必要なのは、夢の本質と
人の心理を理解することです。

ドイツの政治家ビスマルクが、
次のような言葉を残しています。

” 愚者は経験に学び、
賢者は歴史に学ぶ ”

つまり、愚者は自分の体験した
ことからしか学ばず、賢者は
他人から多くを学ぶという
意味ですが、

夢解釈に限っては、
” 愚者 ” になるべきです。

なぜなら、夢は、あなたが
体験したことからしか
生まれないからです。

広告

この記事をシェアする