夢の中の ” Siri “|人工知能と夢

AI ( 人工知能 ) が身近なものに
なりつつあります。

iPhoneには、Siri が、
Android系スマートフォンには、
Googleアシスタントが、

他にも、AmazonのEchoなど、
” スマートスピーカー ”
と呼ばれる音声操作できる
AIデバイスが登場しています。

技術の発展に伴い、
新しいアイテムが、
私たちの日常生活に、
次々に追加されていく。

今後も、様々な分野で
まだ名前もつけられていない
新しい技術と商品が
生まれていくのでしょう。

*

そして、無論、それを
日常的に取り入れていれば、
いつか夢に登場することに
なります。

しかし、古来から伝わる
伝承を元にした夢占いでは、
これから、新しく追加される
次世代のアイテムには、
対応出来ていません。

太陽や、馬など、古くから
親しまれてきた存在には、
解釈の模範例のようなものが
ありますが、今しがた
登場したばかりの歴史の
浅い存在には、蓄積された
知識などが無いのです。

では、一体、こういった
新しいアイテムについては
どのように解釈していく
べきでしょうか?

広告

彼女の中のギャップ

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

周辺には、まばらに
古びた建物があるだけの、
寂しげな通りを歩いている。
 
Siriに目的地を尋ねても、
” お探しの情報が見つかり
ました ” と言って、
無関係のウェブサイトを
表示するだけで、
全く、役に立たない。
 
何度か、尋ねなおすが、
まともに答えてくれない。
 
” 何これ、
ちゃんとやってよ! ”
 
Siriに文句を言うと、
” 知らんわ ” と答える。
 
やがて、道が途切れてしまう。

夢の中でSiriと会話を
するという現代的な
ストーリーの夢です。

そして、彼女が歩いていたのは、
開けた野外で、街と言えるほど
のものはなく、所々に建物が
点在する閑散とした場所だった
そうです。

彼女の潜在意識は、この奇妙な
夢によって、何を伝えようと
しているのでしょう?

*

” 道なりに何となく、
こっちかなと思いながら
歩いていました ”

夢の中で、彼女は、自分が
どこに向かっているのかも、
よく分からないまま
歩いていたと言います。

筆者は、尋ねました。

” 何か、人生の方向性などで、
悩んでいませんか? ”

架空の道に関する夢は、
ときおり、人生の縮図として
描かれることがあるので、
周辺の景色と彼女が何となく
歩いている状況から見て、

何か、目標に向かう途中、
進むべき道に迷いが生じて
いるのではないかと思ったのです。

*

彼女は、今年、コンピューター系の
専門学校を卒業する予定でしたが、
この時期になって、

” これが、本当に自分の
やりたかったことなんだろうか? ”

と疑問に思い始めていると
言います。

*

最初の頃は、今の時代に
必要なスキルを身に着けたい
という思いで勉強を
していましたが、段々と
その熱意は薄れていった。

” 必要かもしれないけど、
自分の好きな事とは違う ”

と、最近になって思うように
なったということです。

広告

Siriが答えられる範囲

夢の中の架空の背景は、
彼女が今感じている
目的を見失った喪失感、
虚しさが描かれています。

古びた建物が点在する
どことなく寂しげな風景は、
彼女の情熱をかきたてる
ようなものは一つも無く、
空虚な気持ちの象徴の
ようにも見えます。

誰かが敷いた道の上を
目的地もはっきりしない状況で、
ただ、闇雲に歩いている。

*

彼女は、夢の中で
Siriに尋ねています。

自分がどこに
向かっているのか?

どこに向かうべきなのか?

この道の先に何が
あるのか?

しかし、Siriは、
的外れなウェブページを
表示するだけで、明確な
答えを提示してはくれない。

*

スマートフォンの
音声アシスタントを
利用したことのある人なら
誰でも経験したことが
あると思います。

それが人工知能とは言え、
決められたルールの質問
にしか答えてくれない
という不便さ。

AIとの会話と言っても、
単発的な会話のみで、
無論、人生相談など
文脈を理解した会話は
出来ません。

それは、音声によって、
スマホの操作が出来る
といった程度の限定的な
” 便利さ ” なのです。

*

さて、彼女は、なぜ、
そんなAIであるSiriに
目的地を尋ねたのでしょう?

Siriは、設定された目的地
までの経路を教えては
くれますが、この場合、
彼女は、目的地はどこか?
と尋ねている。

この質問に、Siriが
答えられるはずもありません。

広告

AIに与えられた役割

ここで忘れてならないのは、
この夢の作り手が彼女自身
であるということです。

つまり、機械に尋ねて、
的外れなウェブページを
見せられるぐらいなら、
最初から Siriなど登場させず、
学校の進路指導の教員や、
家族を登場させて、質問に
答えさせることも出来た。

しかし、彼女は、その設定ではなく、
あえて、Siriに尋ねているのです。

なぜでしょう?

*

彼女にとって質問する相手は、
不完全なAIでなければ、
ならなかったのです。

なぜなら、見失ってしまった
” 正しい答え ” を彼女自身が
知らないからです。

先ほどは、この夢は、
本人が作ったものと言いました。

つまり、彼女は、
夢の中で、これから
どうしていくべきか、
その方向性を自分に対して
質問しているわけです。

質問をしている本人に
解答を求めても、答えが
返ってくるわけがありません。

*

ところが、質問を投げかける
相手がAIならば、的外れな
回答で上手に、はぐらかして
くれるでしょう。

彼女は、Siri の不完全さ
を利用したのです。

” Siri が答えられないのは、
機械だから仕方ない・・ ”

彼女は、正しい答えが得られない
のをAI の性能のせいにして、
本当は、答えが別にあるのだと
思いたがっています。

つまり、” 答え ” は、どこにも
無いことを彼女は知っている。

広告

AIらしからぬ言葉

では、Siri が、AIらしからぬ
セリフを言う場面。

これには、どんな意味が
あるのでしょう?

*

夢の中で、彼女は、
Siri に答えてもらおうと、
色々、言い方を変えて、
質問を繰り返したそうです。

しかし、段々と、Siri の
受け答えが、雑になり、
イラついているようにも感じた。

そして、最後に、
突き放したようなセリフ。

” 知らんわ ”

*

これは、彼女自身の声なのです。

自分で選択した道の途中で、
立ち止まって、

” もしかしたら、こっち
じゃないかもしれない ”

と思い始めている自身の迷いや、
自分の置かれた今の状況に対して、
イラついている彼女が、Siri に
言わせているのです。

*

そして、最後の場面、
道は徐々に途切れて、
砂利と草によって、
分からなくなってしまった。

彼女が、今の自分の進んでいる
方向に対するイメージが、
最後の場面に描かれています。

ただ、この場面は、
彼女にこういった未来が
待っているという暗示ではなく、
あくまで、現時点で、彼女自身が
感じている未来に対する
イメージなのです。

ベースとなる作業

さて、今回は、夢の中で
人工知能が登場するという
奇妙な夢を紹介しましが、
もちろん、この夢の解釈が、
夢占いにおける AI の正しい
模範解答というわけでは
ないのです。

あくまで、この夢を見た
彼女にだけ当てはまる
” 特例 ” と言っても
よいかもしれません。

ただ、突き詰めれば、
全ての夢は ” 特例 ” なのです。

無論、あなたが見た夢も。

だから、一人一人に合わせて
解釈していくしかない。

それが、古くから伝わる
伝承であろうと、
最新のトレンドであろうと、
読み解き方に違いはないのです。

*

例えば、あなたが、
今、話題の新技術である
VR ( バーチャルリアリティ )
の夢を見たとします。

下手な解釈の模範例を
調べるよりも、あなたが、
VRゲームを持っているのなら、
それをどんな風に使っているか、

なぜ、それを買おうと思ったのか、

もしくは、使ってみて
どんな感想を持っているか、

その製品が、自分にとって
どういった存在なのかを
考えていく必要があります。

*

それは、自身の心に
問いかけるという極めて、
内向的な作業なのです。

そして、その作業は、
夢を読み解く上では、
全てのベースとなるのです。

広告

この記事をシェアする