霊夢と願望夢の見極めについて

夢の中に、神や天使など、
スピリチュアルな存在、
もしくは、今は亡き故人が
登場するという場合。

人によっては、それを
霊界からのメッセージだと
受け止める人も入れば、
ただの夢だと片づける人もいます。

それが、本当にスピリチュアルな
夢なのか、単なる夢なのか
という線引きは、極めて難しい。

*

そういった精神世界に
傾倒しやすい人であれば、
あらゆる夢は、天使からの
贈り物でしょうし、

まったく信じない人には、
どんな夢も、単なる雑夢
にしか見えない。

果たして、これを客観的に
見極める方法はあるので
しょうか?

広告

夢が作られる理由

まず、夢が作られる理由に
ついて考えてみましょう。

基本的に、全ての夢は、
願望によって作り出される。

例えば、故人ともう一度
再会したいという願望が
あるなら、潜在意識は、
そのようなストーリーの
夢を作ります。

それは、故人の魂との再会
ではなく、潜在意識が過去
の記憶を元にその面影を
夢に投影したのです。

故人に対する思いが強ければ、
それだけ、強い願望を持つ
ことになります。

それが、故人が登場する
夢を作るきっかけになる。

*

また、どれだけ、夢で
故人との再会を願っても、
全く、登場しないケース
もあります。

これは、
潜在意識の防衛反応です。

辛い記憶を思い出して、
心に負荷をかけないために、
夢にすることを避けている
のです。

と言っても、故人への執着が
無くなるわけではありません
から、潜在意識は、それを
別の形で処理しようとする。

つまり、故人を直接登場
させるのではなく、神や
天使という姿に置き換えたり、
外国人や、見知らぬ人物
として登場させることも
あります。

見知らぬ人であるのに、
なぜか懐かしく感じる
人物などは、置き換えらえた
一つの例です。

*

例えば、歳月が過ぎ、
悲しみが癒え、故人に対する
強い執着が薄れてきた頃に
ようやく、故人が夢に登場
するようになるという現象は、

大切な人を失った事実に
向き合うことが出来るよう
になってきた気持ちの
変化を表しているのです。

広告

見極めよりも大切なこと

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

伯母がキッチンで母と
世間話をしている。
 
母が、紙包みを差し出すと
伯母は、” いいの、いいの ”
と言って笑っている。

この夢に登場する伯母は、
すでに亡くなっており、
近々、三回忌を迎える頃
でした。

彼女は、前回の法事には、
出席することが出来たの
ですが、今回は、仕事の
都合で出られないかも
しれないという状況でした。

*

この夢の解釈は、
二つ考えられます。

一つは、三回忌に出席
出来ない彼女の罪悪感から、
伯母を家に招いて、
もてなしている。

つまり、願望夢の線。

もう一つは、出席出来ない
彼女に対して、あの世にいる
伯母が、” 気にしてない ”
というメッセージを送ってきた。

霊的なメッセージという線。

*

どちらが正しいのでしょう?

筆者は、これを明確にする
必要はないと思います。

彼女の亡くなった伯母に
対する気遣いは事実ですし、
その思いは、天国にいる伯母にも
伝わっているでしょうから。

筆者は、彼女に尋ねました。

” もし、あなたが会いに
行けないことを謝ったら、
伯母さんは、どんな反応
をすると思いますか? ”

” あの人なら、多分、
気にするなと言うと思う ”

と彼女は答えます。

彼女は、メッセージなど
受け取らなくても、すでに
伯母のことを理解している。

言うなれば、彼女は、
生前の伯母から、すでに
メッセージを受け取って
いるのです。

言葉としてではなく、
思い出として。

それ以上、何が必要だと
言うのでしょう?

広告

未知の領域

潜在意識が感じ取ったものが、
スピリチュアルメッセージ
だったのか、単なる直感だった
のか、それを見極めることに、
それほど意味があるのでしょうか?

いずれにせよ、あなたが、
正しい道に導かれるのならば、
それがどこから来たものであれ、
大切なメッセージには
違いないのです。

*

例えば、故人が夢に登場して
危機を知らせる。

故人が霊界からメッセージを
送るほどの重大な危機なら、
あなたの潜在意識が察知
しないはずがありません。

潜在意識は、何らかの形で
あなたにそれを知らせようと
するでしょう。

それは、夢とは限らず、
体調の変化や、ちょっとした
気づきという形で。

あまり、メッセージの出所に
こだわる必要は無いと思います。

*

仮に、もっと緻密な分析を
すれば、それが願望夢なのか、
そうでないのかを判別する
ことが出来るかもしれません。

ただ、最終的には、
” 答え ” は、自分の直感で
判断することになるのです。

明確な判断基準など無い。

そもそも、霊界や、霊魂と
いったものに ” 根拠 ” を
求めることがナンセンス
だからです。

それは、科学で証明されて
いないのですから、
証明されてもいない存在
からのメッセージを
どう証明するのでしょう?

それは、まだ、人類には、
未知の領域なのです。

*

つまり、夢とは幻影に過ぎず、
信じたければ、そのように見え、
疑いたければ、そのように
見えるものです。

それが霊的存在からの
メッセージなのか、どうかは、
それを見た本人が決めることです。

そもそも、あなたの見た夢は、
あなたのものです。

誰が、夢を見た本人に向かって、
” それは違う ”
と言えるでしょうか?

 

関連記事 : 霊夢と願望夢の見極めについて

広告

この記事をシェアする