夢の中の ” 見知らぬ家 “|前から住んでいる感覚

夢の中で、見知らぬ家に
住んでいる場合があります。

そして、あたかも
最初から住んでいるかのように
何の疑問も持たず、そこで
普通に生活している自分。

中には、どことなく、
以前住んでいた家や、
田舎の実家を思わせる
ような懐かしい雰囲気を
持つ家や、

自分の経済力では、到底
住むことが出来ないような
立派な豪邸など、

夢から目覚めて、
ようやく、こう思うのです。

” 一体、どこ? ”

*

では、夢の中に登場した
住み慣れた ” 見知らぬ家 ” は、
どう解釈すればよいのでしょう?

広告

見知らぬ ” 高級住宅 “

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

眺めのいい
ガラス張りのリビング。
 
すぐ目の前に砂浜と
海が広がっている。
 
リビングから海岸に出ると、
人の集団が泥を投げ合って
遊んでいるのが遠くに見える。
 
そのうちの一人が、
こちらに気づき、
なぜか分からないが、
手に持っていた泥を
投げてくる。
 
続けて、一人、二人と
こちらに気づき始め、
一斉に泥を投げてくる。
 
家に避難するが、
集団は家を取り囲み
ガラスを割って
入ってこようとしている。

この夢を見た女性は、
海岸線に建てられた
素晴らしい高級住宅に
住んでいたそうです。

彼女自身は、現在、普通の
アパートに住んでおり、
無論、そのような家に
住んだ経験はありません。

しかし、夢の中では、
その高級住宅は ” 自分の家 ”
という認識だったと言います。

一体、彼女は、
なぜ、このような夢を
見たのでしょう?

*

一見すると、この夢は、
現実の彼女の日常には、
全く無関係な世界を
描いているようにも
見えます。

ただ、セッションを
進めていくうちに、
彼女の抱えているものが、
少しずつ、分かってきました。

人生の分かれ道

彼女には、同じ大学を卒業し、
一緒に就活をしてきた友達が
いました。

そして、つい半年ほど前に
二人とも同じ会社に就職
出来たそうです。

彼女と友達は、在学時、
専攻が違っていたので、
就職してから配属された
部署は、別々でした。

*

しばらく月日が経って、
仕事に慣れてくると、
会社の中の状態が何となく
見えてきたと言います。

それは、やりたかった仕事に
就くことが出来た順風満帆な
自分に比べて、友達は、
とても厳しい部署に配属されて
辛い思いをしているという
立場の違いでした。

” 自分のいる場所は、
恵まれている方なんだ ”

彼女にそう思わせたのです。

*

この事情を聞くと、今回の
夢の意味が何となく見えてきます。

筆者は、次のように
尋ねました。

” 集団の中に友達は
いましたか? ”

最初に夢の内容について、
聞いたときは、友達のことは
一言も言わなかったのですが、
そのとき、はじめて彼女は、

” いた ”

と答えたのです。

*

この夢は、
彼女の ” 後ろめたさ ” が
描かれているのです。

彼女の会社での今の立場が
” 高級住宅 ” として表されている。

そして、砂浜で、泥を
投げ合っている遠くの人々は、
友達のように、毎日、
しんどい思いをしながら、
日々の仕事こなしている
現場の人たち。

彼女の潜在意識は、それから
目をそらすために、あくまで
” 泥を投げ合って遊んでいるだけ ”
という設定に仕上げています。

*

そして、その人々が、
彼女を見つけて、泥を投げつけ、
最終的には、暴徒となって
ガラスを割って家に入ろう
してくる。

彼女の後ろめたい気持ちが、
自分自身を責めているのだと
筆者は思いました。

広告

自ら導く ” 答え “

この解釈を話したところ、
最後の部分が、少し違っている
ように思うと彼女は言います。

彼女の解釈は、次のような
ものでした。

会社は、度々、人事異動を
行うために自分も今の場所に
いつまでいられるか分からない
と言うのです。

自分は、それを恐れて
いるのかもしれない。

後ろめたさもあるが、
現場には行きたくないという
自己保身の気持ちもあるのでは
ないか?

*

筆者は、その解釈を聞き、
自分の中の ” 弱さ ” を正面から
見つめる彼女の冷静さに
感心したのです。

確かに、彼女の
言う通りかもしれない。

実際に、彼女は、家の中に
避難し、身を守ろうとしています。

*

なぜ、外の世界に解放された
空間ではなく、リビングを
ガラスで囲ったのか?

彼女は、自分のいる世界と
外の世界に ” 仕切り ” が
欲しかったのかもしれません。

その一方、ガラスという
透明な壁を選んだのは、
家の中と外は、同じ一つの
世界で続いているという
事実を受け止めようとも
している。

*

夢の中に再現された
架空の家は、彼女の
後ろめたさや、
今の自分の立場、不安を
表現するために最適の
建築物だったのです。

そして、そこに以前から
住んでいたと思わせる
” 慣れた感覚 ” は、
定着しつつある彼女の
仕事上の立場が、” 家 ”
という形として表現された
結果なのです。

” 答え ” に最も近い人物

例えば、
あなたが見知らぬ家に
住んでいる夢を見たとします。

見知らぬはずなのに
ずっと前から住んでいる
という感覚があるなら、
それは、” 家 ” という
形を借りた別のもの
なのかもしれません。

今回、紹介した夢では、
” 会社での立場 ” がそうでした。

他にも、
守り続けてきた信念や、
昔からの友達との関係、
習慣など、
目で見て確認出来なものを
” 家 ” という形にして、
表現しているのかもしれません。

それは、” 家 ” に見立てた、
” 形無きもの ” という解釈です。

無形のものに、形状を与える
ことで、ストーリーの中で、
より直感的、直接的に、
それに対してアプローチ
出来るのです。

*

もし、夢の中の家が、
実在するものだった場合は、
また、別の解釈が
必要になるでしょう。

例えば、その場所に
関する思い出を探る必要が
あるかもしれません。

他にも、
実在する家ではあるが、一部、
違っている部分があるとか、
実在する二つの家が、融合して、
架空の家になっているなど、
” 家 ” と言っても、どんな
シチュエーションなのかに
よっては、判断が分かれる
ところです。

それを一つ一つ解説する
ことは不可能なのです。

仮に、解説したとしても
あなたの夢には、
当てはまらない。

なぜなら、その夢は、
生まれたばかりで、
世界に一つしかないからです。

*

既成の解釈に自分の夢を
無理矢理、はめ込もうと
しないでください。

今回のセッションで、
筆者の解釈を彼女が修正し、
自ら答えを見つけ出したのと
同じように、あなたも
自分の解釈で、それを
見つけ出してください。

その夢を最も理解している
人物とは、それを作った
人なのです。

つまり、あなたです。

広告