ウトウトした時の一瞬の夢|1コマだけの映像

眠気に誘われ、意識を失った一瞬の隙間にも
夢は入り込んできます。

それは、ストーリーのある夢というより、
あたかも ” 一コマだけのビジョン ” と
言った方がイメージしやすいかもしれません。

ただ、そのビジョンは、大抵、短か過ぎて
覚えていない。

ですが、常に夢について意識を向ける習慣が
身についていると、一瞬の夢を記憶に留めて
おくことが出来るようになります。

それは、一瞬の映像なのでストーリー
というよりは、短い動作、もしくは、誰かの
表情やどこかの風景という一場面のみで構成
されることが多く、限られた手掛かりから
探り出せるものは、やはり、断片的です。

しかし、それが断片であったとしても、
その小さな欠片には、
それなりの ” メッセージ ” がある。

広告

目覚めの直前

例えば、眠っている時間が長ければ、
それだけ夢は大掛かりなストーリーを
組み立てます。

ただ、目覚めが近づくと、遠回しな演出は
剥がれ落ち、もっとストレートな表現が
露出することがある。

次に紹介する夢は、一瞬のビジョンという
わけではありませんが、共通する夢の性質
を伝えています。

とある女子学生が見た夢の一例。

幽霊に追われている。
どこに隠れても必ず見つかる。
 
場面が切り替わって、
学校で授業を受けている。

この夢では、目覚める直前、なぜか
ストーリーを無視し、学校の授業風景が
挿入されています。そして、場面が
切り替わった直後に彼女は目覚める。

彼女は学校の成績について焦りと不安を
抱えており、それが悪夢になっています。

” もっと勉強しないといけない ”

という彼女の中の焦りが幽霊という形で
登場し、自分を追わせるという遠回りな
演出から授業を受ける夢に、突然、
場面転換している。

これは、目覚めの時が近づいていることを
察知した潜在意識が、不安を取り除く方法を
直接効果のある方法に切り替えているのです。

” ああ、目覚めてしまう。
すぐに不安を取り除かなければ・・
幽霊なんか使っている場合じゃない。
だったら、もう夢の中で勉強してしまえ! ”

という具合に。

これは、夢占いで目覚めの直前に見ていた
夢が重要とされ、それ以前の夢は雑夢だと
されることにも由来します。

目覚め直前の夢は、表現が核心に近い
直接的なものになるため理解しやすいのです。

それ以前の夢は凝った演出になりがちなので
一般的な夢占いでは、その部分は解読不能の
” 雑夢 ” として片づけられてしまう。

実際は、解読可能であり、目覚めの直前
であろうと、それ以前であろうと、夢が
伝えているメッセージに違いはありません。

ウトウトしたときの夢

意識を失った時に見る一瞬の夢は、
目覚め直前の夢と同じ性質を持ちます。

つまり、大掛かりな演出ではなく、直接表現
を重視したシンプルな夢になる傾向がある。

眠りが浅く時間が限られているために、
即効性のある夢が求められるのです。

次は、筆者自身が風邪を引き、病院に行った
ときの話です。

しばらく待合室で診察の順番を待っていた
のですが、室内の暖かい気温のせいもあり、
居眠りしそうになっていました。

居眠り中に名前を呼ばれるといけないので、
眠ってしまわないようどうにか意識を保って
いたが、それでも一瞬、落ちてしまった。

その時、脳裏で次のような映像を見た。

下唇を噛んで、
うつむいている若い女性の横顔。

すぐに目を覚ましたので映像は
それだけでした。

” 何だろう? ”

見知らぬ女性の横顔を見た理由について
考えましたが、思い当たるようなことは
ありません。

しばらくして、名前が呼ばれたので診察室に
向かいました。

診察が始まったのはいいのですが、担当の
ナースが入ったばかりの新人といった
感じで、どうも医師とのやりとりが噛み
合っていないようです。

医師は手際の悪さに耐えきれず、筆者の
見ている前で声を抑えながらも、ナースに
向かって短いお説教をした。

” 君は何をやっている?
私が次に何をするか考えながら動きなさい ”

診察が終わり部屋を出る時、ふと見ると、
新人のナースは次の準備をしながら
悔しそうにうつむいて下唇を噛んでいた。

それを見て、筆者は映像の意味をようやく
理解したのです。

患者の前でお説教されるのは、きっと
恥ずかしいだろうと思い、少し気の毒な
気がしました。

広告

最初の足掛かり

筆者の見たこの短い夢は、数分後に起こる
出来事をほとんど何の脚色も加えずに
映像にしています。

もし、もう少し意識を失う時間が長ければ、
夢の中で女性の肩をポンと軽くたたいて、

” 気にすることないさ ”

と声をかける場面を入れたかもしれません。

今回は、そこまでのストーリーを構成する
時間が無かったということでしょう。
結果的に必要な部分のみを映像にしています。

あなたも日常で眠気を感じ、一瞬、意識を
失ったときに脳裏に浮かぶ映像に注意を
向けてみてください。

全てがそうではありませんが、数分後に
起こる出来事、もしくは、数日後に起こる
出来事が映像として浮かぶこともある。

それは、特別な能力ではなく、誰もが
最初から持っているものです。

また、その映像が現在の願望を元に
作られている場合、自身のメンタルの状態
を観察することでその意味を理解できる
こともあります。

次は、読書中にウトウトしてしまい
その時に見た夢の一例です。

ページを捲ると文章が終わっている。

筆者は夢の中で本を読み終えたと思った。

実際は数ページ残っていたのですが、
” さっさと読み終えたい ” という心の焦りが
シンプルに夢になっています。

短い夢は構成がシンプルなので理解しやすい
という側面があります。ゆえに、夢解釈の
知識が無くとも直感的にその意味を読み解ける
こともある。

そう言った意味では、短い夢は潜在意識の
秘められた能力を体験する丁度よい足掛かり
かもしれません。

 

関連記事

広告

この記事をシェアする