見知らぬ場所にいる夢 |前から知っている感覚

夢の舞台が見知らぬ場所というのは、
それほど珍しいことではありません。

ただ、不思議なことに、
見知らぬ場所であるはずが、
前から知っているという奇妙な感覚。

例えば、全く見知らぬ家を自宅だと
思い込んでいたり、

なぜか、行ったことも無い外国に
住んでいて、自分は現地人だと
思いこんでいるというケースもあります。

そして、夢から覚めて、ようやく、
その場所に心当たりが無いことに
気づくのです。

一説では、
前世の記憶という話もありますが、
前世にしては夢の中に再現される場所が、
現代的な住宅だったり。

では、これら見覚えのない場所は、
なぜ、夢の中に現われるのでしょうか?

そして、その場所は、
一体、どこからやってきたのでしょう?

広告

行ったことのない場所

次は、とある女性が見た夢の一例です。

荒れている海原。
 
高い波が繰り返し
岩場に打ちつけられている。
 
自分の立っている岩場が、衝撃に
いつまで耐えられるのか心配している。

特にストーリーの無い短い夢。

この夢を見た彼女の話では、そこは、
行ったこともない海岸の岩場だった。

しかし、夢の中では彼女の中で
” 何となく来たことがあるような気がする ”
という感覚があったと言います。

こういった架空の場所は、
無論、前世の記憶などではなく、
潜在意識が作り出した ” 創作風景 ” です。

創作ですから、
記憶から使えそうな材料をチョイスして、
組み合わせたという意味では、
” 過去の記憶 ” と言えるかもしれません。

小説や映画など、何かを創作するときは、
すでにある知識が元になるわけですから、
創作物の全てが過去に由来するのは
必然ですが。

それが、どこから調達されたにせよ、
潜在意識はこの夢にとって必要な風景を
単に創作しただけです。

では、この夢の意味は何でしょう?

筆者は夢の内容から最初に感じた疑問は、

” 波にさらわれてしまいそうな
危険な状況の中で彼女は、
なぜ、退避しなかったのか? ”

ということです。

逃げることも出来たはずが、
夢の中の彼女は、岩場の上で
打ち付ける波を見つめ続けている。

筆者には、この夢が何らかの状況に
耐えなければいけない彼女の立場を
描いているようにも見えたのです。

筆者は尋ねます。

” 今、何か差し迫った問題に心当たりは? ”

彼女の抱えるもの

彼女は、現在、学生で将来の進路のことで、
今、両親と揉めている最中だと言います。

彼女は、将来、
音楽の道に進みたいと考えており、
両親は我が子にもっと安定した職業に
就いてもらいたいと望んでいました。

彼女の父は、次のように言った。

” 音楽の道に進むのはいいが、
社会で働くことを経験してからでも遅くない ”

両者との話し合いは平行線でしたが、
内心、父の言い分も理解できると
彼女は言います。

夢に対する気持ちがぐらついていることを
彼女自身、自覚しているようでした。

彼女の抱えている問題を知ることで、
この夢の意味が何となく見えてきます。

彼女は波が激しく打ち付ける
岩場の上に立っている。

この場合の ” 波 ” とは ” 反対する両親 ”
と解釈することもできますが、多分、
もう少し大きな意味を含んでいるように
思います。

目の前の荒れた海は ” 世間 ” を表し、

押し寄せる波は、
” 社会人として働く一般的な生き方 ”

繰り返し押し寄せる波に打ち砕かれそうな
岩場は、彼女の ” 夢に対する思い ”

彼女は世間の一般的な人生観に
飲み込まれそうになりながらも
必死に耐えている。

そして、退避することも出来ない。
退避は彼女にとって ” 敗北 ” になるからです。

つまり、この架空の岩場は、
彼女の心の状態を描いた抽象的風景であり、
彼女が現実で悩み続けている
” 覚えのある葛藤 ” そのものです。

広告

寂れた村

では、もう一つ、夢を紹介しましょう。
次は、とある男性が見た夢の一例です。

限界集落のような場所。
 
バス停の時刻表を確認するが
全て空欄になっている。

寂しげな農村のような場所にいて、
バスに乗ろうとしているという夢です。

しかし、バスの来る予定は、
この先ずっと無い。

彼はつい最近、上京したばかりで、
限界集落とは全く正反対の都会で
生活を送っていました。

しかし、夢の中では、
架空の寂れた村が舞台となっています。

これは、一体、
何を意味しているのでしょう?

彼は地方から上京し、知り合いもいない中、
どこに行っても都会の文化に
馴染めないことに疎外感を感じていた。

言わば、彼の生活は
” 寂しげで孤立した村 ” のようだった。

この疎外感は彼の心の中の問題です。
夢の中では、それが ” 限界集落 ” として
表現されている。

つまり、この夢は彼自身が抱えている問題を
名も無き村が抱えている問題に置き換えて
いるのです。

そうすることで、
単に村から出れば問題は解決できる。

しかし、バス停の時刻表は全てが空欄。

この夢を作った彼自身が知っているのです。
バスなどこの先、永久に来ることはない。
自分の心の中から逃げ出すことは出来ない
ということを。

彼は限界集落について
次のように説明しました。

” 前からそこに住んでいる感覚があった ”

無論、現実では、限界集落に住んだことは
一度も無いわけですが、彼はなぜか
そこを ” 故郷 ” だと思い込んでいた。

それは、まさしく ” 故郷 ” なのです。

そこは、彼の心そのものですから、
それを映し出した風景は、ある意味、
彼にとって ” 住み慣れた場所 ” でもある。

夢の中の見知らぬ場所に
不思議な愛着を感じるのは、
それが ” 心の幻想風景 ” だからです。

映像としては見知らぬ場所ですが、
その原点は自身の心の情景ですから、
以前から、よく知っているという感覚は
誤りでは無いのです。

” 総合的視点 ” の意味

今回は架空の場所を舞台にした夢を二つ
紹介しましたが、例えば、あなたが
波打ち際の夢を見たり、限界集落の夢を
見たとしても、無論、このように解釈する
ということではありません。

二つの夢のどちらも、夢を見た人の
置かれた立場や取り巻く状況によって
ケースバイケースで読み解いていきました。

人はそれぞれ悩みを抱えながら現実を
生きています。一人として同じ現実を
生きている人はいない。

そして、あなたのプライベートと夢は
切り離すことは出来ない。それは、
密接に関連しているのです。

筆者は、よく ” 総合的視点 ” という言葉を
使いますが、それは、夢のストーリー全体
という意味ではないのです。

あなたの現在の心境、置かれている立場、
これまでの人生、目覚めて起きている時
のことも含めた意味での ” 総合 ” なのです。
夢の内容だけでは何も分からない。

こう考えてみてください。

” 夢とは現実世界の延長線上に作られるもの ”

現実と夢に明確な境界線はありません。

あなたの夢は、
あなたの生きている現実世界を含めて、
ようやく一つの作品になっているのです。

 

関連記事

広告

この記事をシェアする