逆夢とは?|なぜ、意味が逆になるの?

夢の中でのハッピーエンドは、
実は、バッドエンドの暗示。

こういった意味が逆転する夢を
いわゆる
” 逆夢 ” と呼ぶことがあります。

この逆夢は、
良い夢が、本当は悪い意味
というケースもありますし、

悪い夢が、本当は良い意味
という逆のケースもあります。

*

本当は良い意味という場合で
夢占いで有名なのは、
夢の中で死ぬといったケースです。

夢占いでは、自分の死は、
” 生まれ変わって、再スタートする ”
という意味とされています。

そして、
実は悪い意味という例では、
大笑いする夢は、夢占いでは、
落胆の暗示とされています。

広告

現実はシンプルじゃない

ただ、夢のストーリーは、
自分の死がシンプルに
夢になる例はあまりなく、

むしろ、
死にそうな状況だったが、
一歩手前で助かったとか、

笑う夢の場合なら、
自分が笑っていたのではなく、
他人を笑わせていた場合とか、

ちょっとずつ、
シチュエーションが
違っているというケースが多い。

そのために、
夢占いどおりの解釈で
よいのか、
別の解釈をすべきなのか、
悩んでしまいます。

*

こういったときは、
夢占いの解釈から一度、離れ、

良い夢は悪い意味、
悪い夢は良い意味という
” 逆夢 ” のルールを忘れてください。

*

結果だけを見ると、
意味が逆さに見えるので
” 逆夢 ” と呼ばれるのですが、

夢で描かれることが、
反対の意味を持つこと
になるのには、
それなりの理由があるのです。

それが、分かれば、
シチュエーションの
細かな違いがあっても、
それに対応して、
解釈することが出来ます。

典型的な ” 逆夢 “

次は、夢の一例です。

ノックする音。
 
ドアを開けると
恋人が立っている。
 
彼は、自分に
ニッコリと微笑みかけると、
” 悪かったね ” と言う。

この夢を見た女性は、
数日前に恋人と口論になり、
それっきり、
連絡が途絶えた状態でした。

そして、夢を見た翌日、
彼から電話がかかってきて、
” 悪かったね ” ではなく、
” さようなら ” と告げられます。

*

この夢は、典型的な
” 逆夢 ” になっています。

現実と夢が違っている点は、
彼と玄関先で会話するのではなく、
電話での会話だった。

それから、最後の言葉が、
謝罪ではなく、
別れであったという部分です。

*

夢は、
現実に起こる出来事を
そのまま表現するわけでなく、
実際の出来事をベースに
都合のよい脚色を加えながら、
作られていきます。

この夢で言えば、
夢の内容が、
電話での会話ではなく、
直接会うという設定になっているのは、
彼女の

” もう一度、会って話をしたい ”

という気持ちが、
反映された結果なのです。

*

そして、
最後の言葉が、
” さようなら ” から ” 悪かったね ” に
置き替えらえたのは、
彼女の ” よりを戻したい ”
という気持ちの表れ。

潜在意識は、
明日に控えるバッドエンドを
夢の中でハッピーエンドに作り変えて、
これから傷つく予定の彼女を
前もって、慰めているのです。

特別なルールは無い

つまり、
潜在意識が夢を作るときに、
不都合な事実を都合の良い形に
脚色した結果、

成り行き上、事実とは、
正反対の描写になってしまうことを
” 逆夢 ” と
呼んでいるだけなのです。

そこには、特別な
ルールがあるわけではなく、
人の心を読み解けば、
自然と理解できる理由が
あるのです。

*

もし、この夢を見た女性が、

” ずっと喧嘩ばかりだったから、
そろそろ、潮時なのかもしれない ”

という気持ちを
持っていたとしたら、

彼の言った ” さようなら ” は、
夢の中で、彼女のセリフに
なっていたのかもしれません。

広告