もし、恋人に裏切られたら|知っておいて欲しいこと

人は、見たいものだけを見る。

例えば、誰かを好きになった時、
一度、好きになってしまうと
その人が、浮気性のプレイボーイ
だったとしても、良い部分だけを
見るようになります。

そして、騙されても、なお
信じ続けようとしてしまう。

” あの人は、根は誠実な人だ ” と。

きっと、誠実な部分も
本当にあるのでしょう。

人は多面的ですから、探せば、
そういった部分は、何かしら
見つかるものです。

*

一方では、
” あいつの本性は、ずる賢い ” と、
否定的な目で見る人もいる。

面白いのは、それぞれが
信じたいものをその人物の
” 本性 ” と言っている点です。

一人の人物に向かって、
” 根は誠実だ ” と肯定する人、
” 本性はずる賢い ” と否定する人、

結局、どちらが、その人物の
” 本性 ” なのでしょう?

広告

目が覚める瞬間

双方は、自分の信じたい
ものこそが、本質だと
思いたがっているのです。

裏を返すと、
自分の信じないものを
” 嘘 ” にしたがっている。

つまり、
その人物が、誠実なのか、
不誠実なのかは、どうでも
よいことなのです。

その人物のイメージは、
粘土細工のように、自由に
それぞれが求める形に
整形できるのですから。

*

ですが、実際には、
信じ続けたのにも関わらず、
裏切られてしまうことは
あります。

事実を突きつけられて、
目が覚める瞬間。

これは、認めたくない真実が
明るみになったから、
目が覚めたのでしょうか?

*

信じ続ける人は、
事実を知った時に、それを
信じない理由を探そうとする。

” そんなはずはない ” と。

もし、浮気現場を
その目で目撃したとしても、

” 恋人が浮気に走ったのは、
自分に何か足りないことが
あったから ”

と自分に否があると考える。

その方が、楽です。

何を正せばよいのか
はっきりしていますから。

*

間違っても、
” 自分は、恋人の前に
魅力的な異性が現れるまでの
腰かけ程度の存在だった ”

などという結論に達する
ことはありません。

それは、
あまりに惨めすぎる。

広告

希望は必ず見つかる

裏切られた人は、
どこまでも、信じるための
材料を探すのです。

そして、皮肉なことに、
必ず、何かしらの
” 希望 ” が見つかる。

*

世の中に絶対は無いのです。

100%完璧な裏切りもありませんし、
100%完璧な誠実さもない。

どんなに悪人でも、1ミリぐらいの
優しさは、当然ありますし、
どんなに誠実な人でも1ミリ程度の
狡さはあるのです。

そもそも、事実とは、
どのようにも捉えることが出来る。

*

事実が明るみになったから、
目覚めるのではありません。

自分の意思で
” 目覚めたい ” と思うから、
目覚めるのです。

*

恋人の裏切りは、事実でしょう。
そして、愛があったことも
また、事実でしょう。

何が事実だったかは、
重要ではないのです。

大切なのは、
何を決断できるのか。

広告

晴れることのない霧

例えば、あなたが、もし、
恋人の浮気現場を目撃した
とします。

信じていたならば、
衝撃を受けることでしょう。

*

先ほどは、” 事実は重要ではない ”
とは言いましたが、付け加える
ならば、” 最終的には・・” です。

もちろん、事実を確認することは
必要です。

もしかしたら、ちょっとした
勘違いかもしれない。

無用な混乱は避けるべきです。

*

ただ、事実だと確認出来た
としても、100%の確証など、
どこまで調べても、
得られることは無いのです。

必ず、多少の不確実性は残る。

*

恋人の裏切り、
部屋に閉じこもって、頭の中で、
今までのことを思い返すのです。

あの時の不信な態度の意味や、
ちょっとした仕草、
何気ない一言、様々な場面が
堂々巡りしては、全ての謎が
一本の線で繋がる ” 着地点 ”
を見つけようとする。

しかし、” 着地点 ” など、
無いのです。

*

はっきりしているのは、
永久に得られない ” 答え ” を
求めながら、深い霧の中で、
今も苦しんでいるという
事実だけ。

その霧は、永久に
晴れることはありません。

ただ、決断して、自ら
抜け出すことは出来る。

それとも、霧の中に見た幻想を
追い続けますか?

広告

ハンズフリー

もし、恋人があなたを
裏切るようなことがあれば、
激しい怒りに駆られるかも
しれません。

その ” 怒り ” は、
あなたを破滅に導く。

あなたから時間を奪い、
あなたから集中力を奪い、
あなたに訪れるはずの
新しい機会を奪う。

怒りに囚われ続ける
ことで、あなたの人生を
変えてしまうかもしれない。

あなたが、今、
生きている人生は、
誰のための人生でしょう?

*

あなたを傷つけた人に
報復は必要でしょうか?

あなたがどれだけ
傷ついたかを理解させる
必要があるでしょうか?

仮に、報復が成功し、
その人が、あなたが
どれだけ苦しんでいたかを
理解したとして、

それから、
どうなるのでしょう?

その人は、命ある限り、
幸福を求める続け、
それを実現しようとする。

人は、誰しも、
幸せになりたがるものです。

そして、それを阻む権利は
誰にも無い。

*

複雑なことを言っている
わけではありません。

とても、シンプルなことです。

あなたは、あなたで、
幸せになればいい。

あなたを傷つけた人が、
どこかで誰かと幸せに
暮らしていたら・・
などと、頭の中で
シュミレーションする
必要はありません。

それが、あなたがこれから
作る幸せと何の関係が
あるのでしょう?

*

最も大切なのは、
あなたが幸せになるかどうかです。

誰かの幸福度を
確認することではない。

その固く握った拳を
開いてみてください。

そうすれば、新しい何を
つかむことが出来る。

それで、好きなものを
つかめばいい。

広告

この記事をシェアする