苦しみを緩和するために|失恋した時に見る夢

多分、誰もが、失恋をした経験を
持つでしょう。

あなたが、まだ、未成年で
誰かを好きになったことが無い
というなら話は別ですが。

無論、筆者にも失恋をした
経験はあります。

思い描いていた未来が
単なる ” 幻想 ” に過ぎないと悟る。

生きている意味を失い、
脳裏で過去の記憶が巻き戻され、
何度も再生される。

何か見落としたことはないか、
何が悪かったのか、
どこから間違ってしまったのか、

” 答え ” は永久に謎のまま。

深い霧の中で彷徨っている
亡霊のような日々が続くのです。

こんな時、どうすれば
心は救われるのでしょう?

広告

残酷な解釈

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

雑踏の中で好きな人を見つける。
 
自分は気づいてもらおうと
近づいていくが、
行きかう人々に紛れて見失う。
 
深い喪失感。

彼女はこの夢を見る二週間ほど
前に失恋をし、心がボロボロの
状態でした。

失恋後、好きな人に関する
夢を全く見ておらず、
二週間経った今、その男性が
夢に現れたということで、
どうしてもこの夢の意味を
知りたいと思った。

*

” この夢は、彼にもう一度
会えるという逆夢という
可能性はありますか?”

唐突に彼女は、筆者に向かって
質問を投げかけました。

” なぜ、そう思うのですか? ”

筆者が、そう尋ね返すと、
彼女は次のように答えます。

” 私は自分が生きている意味も
分かりません。
なぜ、こんな状態なのに、
彼を見失う夢なんて見る必要が
あるんでしょう? 余計に
落ち込むだけです。これが逆夢なら、
まだ、理解できますが・・ ”

*

彼女の心が、今回の失恋によって
かなりの重傷を負っているのは
明らかでした。

この時点で、筆者は、この夢を
次のように解釈していました。

彼女が抱えている深い喪失感を
潜在意識が、雑踏の中で
意中の人物を見失っただけ、
という状況にすり替えて処理
しようとしている。

人混み中で見失っただけなら、
本当に ” 失った ” わけではなく、
後で会える可能性もある。

” 完全に失った ” という現実を
受け入れられない彼女の心理が
この夢に描かれています。

筆者は、この解釈を彼女に
話すことはありませんでした。

それは、傷ついた彼女にとっては、
あまりにも残酷な解釈だったからです。

広告

心を治癒する者

筆者は、彼女に今必要なのは、
正確な夢分析ではなく、
心のケアなのだと思いました。

” 夢 ” という幻想に希望を
託すほど彼女の心は消耗している。

しかし、筆者は
セラピストではありませんので
心のケアについては専門外でした。

現実に打ちのめされた
彼女の心を救えるのは、やはり、
” 現実 ” でしかないのです。

そして、それには膨大な時間が
必要になる。人によっては、
数年間、いや、一生トラウマとして
爪痕を残し、その後の人生に
影響をもたらす可能性もある。

筆者では、彼女の心を救うことは
出来ないのは明白でした。

*

失恋の苦しみを解消するために、
私たちが最初に行うことは、
相手を ” 悪者 ” にすることです。

これは、筆者自身もそうでしたし、
多分、失恋経験者の誰もが
心当たりのあることでしょう。

しかし、筆者の場合は、それによって
心の苦しみが軽くなったということは
無かった。

人々が己の幸せのために
自分勝手に行動するということは、
極めて当たり前のことです。

そして、それぞれの行動が
他人が幸せになろうとする意思と
衝突することがある。

誰かと誰かが結婚をすれば、
その二人と結婚をしたかった
他の人たちは、理想としていた
未来を奪われるわけです。

そんな分かりきった事実を当時は
受け入れることが出来なかった。

過去については、取り立てて
笑い話にする必要もありませんし、
良い思い出にすることも、
悪い夢にする必要もありません。

それは、昨日の夕食は何だったか?
ということのように、
” どうでもよいこと ” です。

*

” 時間が解決する ” と言います。

しかし、実際は、時間によって
解決されたわけではない。

心の執着が時間を置くことで
緩和されていくというプロセスが
必要なのです。

” 執着の緩和 ”

これは、どのようにして
行われていくのか?

まだ、寄りを戻せる可能性がある
かもしれないと思い続ける限り、
” 戻ってこない現実 ” に
苦しみ続けなければならない。

時間が経過するごとに、
待ち人が戻らない可能性が高まって
いくわけですから、信じることが
困難になっていく。

つまり、” 可能性の減少 ” が、
執着の緩和へと繋がっていく。

なので、時間が経過したとしても、
可能性が減少しない限りは、
それは緩和されない。

また、急激な減少は、
本人にとって大きな心の負担となる。

*

先ほど挙げた夢では、
彼女はその夢が逆夢である可能性を
信じたがっていた。

そして、実際、夢の内容は、
理想とする未来を永久に失った
という現実を受け止めきれない
彼女の心を潜在意識が
シチュエーションを置き換えて、
” 失った ” のではなく ” 見失った ”
という処理の仕方をしています。

夢の中で行われた別の状況に
置き換えて妥協線を探るという手法は、
今の彼女の心を修復するためには
適切な処理です。

潜在意識は、
最も本人の心を熟知する者。

そして、その心を修復する
最も有効な手段を知っている者。

と言うより ” 心 ” そのものです。

広告

今、すべきこと

ただ、これは現在の彼女にとって
有効な手段であって、
振られた直後、もしくは、
少し先の未来の彼女にとって
適切かと言えばそうとは限りません。

あくまで、リアルタイムな対処です。

そして、一般的に知られた
メンタルコントロール、例えば、
瞑想やアフォメーションといったものが、
今の彼女に最適な手段であると
言い切ることも出来ない。

それらは、あくまで一般に向けて
体系化された知識であって、
彼女一人のために作られたものでは
無いからです。

今の彼女にとって、
” 好きな人と、もう二度と
会うことは無い。永久に失った ”
という現実を突きつけるのは、
心の負荷が大き過ぎる。

だから、潜在意識は少し工夫して、
” 永久に失ったわけではなく、
単に再会の機会を失っただけ ”
として、” 永久に ” という部分を
取り去った。

今の彼女にも受け入れられる現実
だけをシュチュエーションとして
用意しているのです。

つまり、彼女は、現実を
部分的に受け入れようとしている。

*

筆者は、この現実を切り分けて、
その一部を承認するという手法が、
今の彼女にとって最も適切な対処
だと考えます。

見方によっては、

” そんなのは、現実逃避だ。
ちゃんと事実を教えてあげなければ ”

” 時間が解決するから、
ほっておけばいいんだ ”

” 毎日、15分の瞑想を習慣にしましょう ”

と言う声もあるかもしれませんが、
それは、” 今 ” の彼女にとって、
押しつけでしかなく、
” 余計なこと ” なのかもしれません。

夢には、彼女自身が望んでいることが
描かれているわけですから、
最も負担の軽い対処が選択される。

*

ところで、筆者には、
今回の夢の内容に一つの
疑問点がありました。

彼女は、なぜ、人々が行き交う
雑踏の中で意中の人を目撃するという
シチュエーションを選んだのか?

単に見失うという状況を描きたかった
としたら、車を運転している彼を
見かけるとか、建物に入っていく
姿を目撃するという形でもよかった。

人々の雑踏は、
必要だったのでしょうか?

広告

ガラスの心

筆者は、彼女に尋ねました。

” 人混みの中で見かけたという
ことですが、何かのイベント会場や、
スクランブル交差点というような
場所だったのですか? ”

” 私が都会暮らしというのも
あるのかもしれません。
イメージとしては秋葉原の
歩行者天国のような感じだったと
思います ”

” それは、架空の場所だった
ということでしょうか? ”

” 多分、架空の場所です。
私自身そういった人混みのある
場所には、あまり行かないのですが・・ ”

*

彼女の潜在意識は、なぜ、
普段は行くことのない人混みの中に
わざわざ夢の舞台を設定したのか?

無論、その人々は、
彼女自身が用意したものです。

そして、意中の人を自分から少し離れた
人混みの中に配置している。

彼女は、理解しているのです。

人生における出会いは、
ちょっとしたタイミングですれ
違うこともあれば、意図しない形で
全くの他人同士が知り合うこともある。

全ては、偶然の配置によって起こると。

意中の人との出会いも
その中の一つに過ぎない。

彼女の潜在意識は、” 人々の雑踏 ”
という形で人生の縮図を描こうと
している。

意中の男性との再会の可能性を
残しながらも、その一方では、
すれ違った多くの人々の中の一人
として、男性との出会いを俯瞰的に
受け止めようともしています。

夢の内容を見て筆者には、
彼女は苦境に打ちひしがれながらも、
思った以上に冷静に現実と
向き合っているように思えました。

*

セッションの終わりに彼女は、
次のように言いました。

” こちらからお願いしておいて
申し訳ないのですが、分析結果は
頂かないということは可能でしょうか? ”

” あなたがそれでよいと言うなら、
そうしましょう。
ただ・・なぜですか? ”

” 多分、自分でも結果は
分かってるんです。それを
はっきり言われてしまうことに、
今の私が耐えられるか分からないんです ”

彼女のガラスの心は、
待ち人との再会の僅かな可能性に
支えられている。

それ以外の現実ならば、
受け止めることが出来ても、
再会の可能性だけは残しておかなければ
ならないのです。

それすらも取り上げてしまえば、
彼女のハートは砕け散るでしょう。

それが、現実逃避だとしても、
幻想に縋り付いていると思われても、
今の彼女に最も適切なアプローチで
あることには変わりないのです。

運命共同体

さて、あなたが理想としていた
未来を奪われてしまったとしたら、
そして、希望の無い日々を
送り続けているとしたら、
その苦しみから逃れるには、
一体、どうすればよいのか?

今回の夢を見た彼女のように
現実から目を逸らすべきでしょうか?

ここでその解答を示すことは
出来ないのです。

筆者は、あなたのことを何も知らない。
ネット上に見つかる様々な情報も
同じです。

一方的なアドバイスに意味が
あるでしょうか?

それは、あなたを最も理解する
存在に尋ねるべきです。

つまり、あなたの心の中に
生き続けるもう一人のあなた。

そして、必ず導いてくれる。

なぜなら、あなたの ” 死 ” は、
その存在の ” 死 ” でもあるから。

本当の意味で ” 運命共同体 ” です。

*

誰かのアドバイスに無理矢理、
納得しようと努力する必要は
ありません。

もし、そのアドバイスが
あなたの心を打ったとしたら、
それは、あなたが最初から
そうすべきだと思っていたことを
偶然、言い当てたのでしょう。

それは、実質、
あなた自身の言葉です。

ただ、人生、必ずしも
そういった偶然が起こるとは限らず、
自力で泥沼から這い上がらなければ
ならない時がある。

あなたには、まだ、
再生の可能性が残されている。

あなたは、まだ、終わっていない。

でなければ、答えを求めて、
この記事を見つけてはいない
でしょうから。

それだけは、確かです。

 

関連記事 : もし、恋人に裏切られたら|知っておいて欲しいこと

広告

この記事をシェアする