愛が憎しみに変わる時|その怒りはどこから来るのか?

愛が憎しみに変わる。

カップルや夫婦間で
よく問題となるあの状況です。

なぜでしょう?

” 愛 ” が、なぜ、正反対の
” 憎しみ ” に変わってしまうのか。

単純に嫉妬心や所有欲が歪んだ形
として表れた結果なのでしょうか?

*

例えば、恋人の束縛が激しいという
悩みを抱えている人がいます。

スマホの中身をチェックされ、
常にプライベートを監視されている。

酷いケースでは、何かするごとに
連絡を要求し、報告がなければ
腹を立てて暴力に及んだりもする。

愛するはずの存在を傷つけてしまう
というおかしな状況。

それを単純なDV案件として
捉えてしまうことも出来ますが、
もう少し、この心理について
深く探っていきましょう。

広告

感情に罪は無い

あなたは、” 嫉妬 ” を
感じたことはありますか?

多分、無い人はいないでしょう。
無論、筆者も例外ではありません。

まず、DV問題と嫉妬心は
因果関係がありますが、
切り分けて扱う必要があります。

嫉妬をしたからといって、
暴力に発展するかどうかは
感情的な問題というより、
習慣によるところが大きい
と筆者は考えます。

それが常態化している
というのであれば、特に。

*

とある公共の場所で
筆者が目にした現場です。

母親が3歳ぐらいの男の子を
叱りつけ、頬をパチンと叩きました。
一度だけではありません。

そして、我が子に向かって
” お前が悪いんだろ! ” と怒鳴った。
(実際は、もっと酷い発言でした)

それから母親は歩きだし、
置き去りになった男の子は泣きながら、
さっさと行ってしまう母親の後を追った。

筆者は、何とも後味の悪い
気持ちになりました。

子育てのストレスがかかり過ぎて
普段は手を上げない人が、
不意に手を上げてしまったというなら
まだ理解のしようもありますが、

” 子供は叩いて教え込まなければ
理解しない ” という感じの
当たり前のような顔で叩いた。

*

この一件は感情的な部分もありますが、
どちらかと言えば、当事者の
子育てに対する見識が影響している
と言うべきかもしれません。

これは、カップルや夫婦間のDV問題とは
違いますが、本質的な部分は
一致しています。

被害者側の人権を軽視する姿勢です。

そして、それを弱い立場である
被害者もやむなく受け入れて
しまっている。

人権の軽視は ” 感情 ” ではありません。

その人の ” 考え ” です。

なので、DV問題と人の感情は、
区別して考えなければならない。

嫉妬心や執着はDVのような問題を
引き起こすきっかけにはなりますが、
それは誰でも持つことがある
一般的な感覚です。

感情がどういった形の行動に
結びつくかが問題なのであって、
感情そのものが問題ではない。

それがネガティブな感情で
あったとしても。

腹が立ったから、
相手に非があるからと言って、
誰かを殴ってよい理由にはなりません。

広告

その怒りは、どこから来るのか?

例えば、恋人に裏切られ、
とても腹が立った。

それは、当然の感情です。

ならば、
設定を少し変えてみましょう。

すでに別れた元恋人が、
自分と付き合っていた頃に
実は浮気をしていた。

この事実を知った時、どう感じるか・・

次のような意見も
あるかもしれません。

” ああ、そうだったんだ。
やっぱり別れて正解だった ”

” 知らなかった。
それを聞いて飽きれた ”

” 今となってはどうでもいい ”

” そんな奴と付き合ってた
私ってバカだったね ”

この設定ならば、
多分、怒りというより、
どうでもよいこと、くだらないこと、
として片づけてしまうのでは
ないでしょうか。

*

それが過去とはいえ、
裏切った事実は変わらない
わけですから、腹が立っても
不思議ではないが、そうならない。

なぜでしょう?

それは、その人が想定する人生に
元恋人は既に存在していないからです。

人は過去ではなく、現在を見ている。

つまり、怒りの感情は、
その出来事が実際に起こったのか
どうか、という点で着火している
わけではない。

それが事実であることに
怒っているわけではなく、
現在の人生に実質的な影響を
与えるかどうかにかかっている。

影響が無ければ、まさに、
” どうでもよいこと ” として認識され、
影響があるなら、心をかき乱す
” 見過ごせない事実 ” になるわけです。

*

では、次のような設定ならどうでしょう?

例えば、浮気をされ腹を立て、
その日から一切の連絡手段を断ち、
そのまま、自然消滅。

その後、実は自分の勘違いで
浮気の事実は無かったことを知る。

そして、現在、元恋人は
別の異性と出会い幸せな家庭を
築いている。

一方、自分は、恋人もおらず、
独身を続けている。

もしかしたら、次のように
思うかもしれません。

” なぜ、あの時、ちゃんと
話してくれなかったんだろう? ”

” 一度や二度、無視されたからって
簡単に諦めるなよ ”

過去のことですから、
” どうでもよいこと ” として
片づけてしまうことも出来る。

しかし、心のどこかで
引っ掛かり続けるのです。

それは、過去への後悔というより、
何かが欠けてしまっている
” 現在 ” に対する苛立ちです。

因みに、現在の自分が
充実した人生を送っているなら、
過去、自分がしていた勘違いなど
” どうでもよいこと ” になるのでしょう。

広告

過去に起因する感情

” トラウマ ” という言葉があります。

過去、傷ついた体験によって、
何かを必要以上に恐れたり、
正常な判断を妨げたりする。

しかし、これは過去の出来事に対して、
” 恐れ ” を抱いているわけではない。

その出来事は、
もう終わってますから。

” また、同じ結果になったらどうしよう ”

現在、もしくは将来的に
同じ苦しみを体験することに対して
恐れているわけです。

例えば、失恋によって深い傷を負った。
そのために新しい出会いを
避けるようになった。

そもそも、出会いが無ければ、
わざわざ回避行動を取る必要もありません。

職場でもプライベートでも
恋愛対象となる異性が存在しない
環境で生活している限り、
過去のトラウマは何の影響も及ぼさない。

仮に、恋愛対象となる異性が
現れたなら、多分、過去の失恋は
トラウマとして、その人の行動を
縛るのでしょう。

*

” 怒り ” という感情とは、
常に現在に起因するものです。

しかし、過去について
腹を立てることもある。

” あの時のこと、
まだ、許していないから ”

許す、許さないという気持ちと
” 怒り ” は別物です。

” 許さない ” という気持ちは、
感情ではなく、どちらかと言えば
ポリシーです。

そして、終わった過去に対して
怒りの感情を持ち続けることは
事実、不可能です。

故にポリシーという形で、
心に誓うわけです。魚拓を取るように。

” あの時の仕打ちは、絶対、忘れない ”

怒りは、忘れ去られることが
前提の感情なのです。

*

では、話を戻しましょう。

愛が憎しみに変わる時、
心の中で何が起こっているのか?

その憎しみは、要するに
” 怒り ” ですが、
何に対して怒っているのでしょう?

その ” 怒り ” は、
現在に起因している。

つまり、恋人が裏切ったから
怒っているわけではない。

それは、すでに終わった出来事です。

その裏切りによって、
自身の思い描いていた未来が
打ち砕かれたこと、
これからも続くと思っていた
人生が狂ってしまったこと、
これまで築いてきた信頼関係が
破られてしまったことに怒っている。

*

人は頭の中で勝手な理想を
思い描くものです。

恋人が、いつまでも自分を中心に
考えてくれればいい。

自分は誰にも束縛されず
自由に生きたいが、恋人には
ルールを守ってほしい。

結婚したら妻には仕事を
辞めてもらい家庭に入ってほしい。

結婚後も独身のような
気楽な生活がしたい。

もちろん、慎ましく質素な
家庭を築きたいというような、
真面目な理想もあるでしょう。

そういった ” 理想の世界 ” が
何かの理由で脅かされる時、
人は恐れから憤りを感じる。

建築物としての ” 理想 “

” 理想の世界 ” を支える柱の一つ
” 愛 ” が失われることによって、
思い描いたそれが崩れゆくことが
心をかき乱すのです。

もし、その櫓が、” 愛 ” という
支柱だけで支えられているならば、
とても不安定な建築物になるでしょう。

それは、他人本位の理想です。

また、浮気癖のある人、恋多き人は、
要するに、何本かの柱によって
それを支えようとしている。

しかし、実際、柱どうしがお互いを
排除し合うので長続きはしない。

設計した櫓が大き過ぎる割に
細い柱一本でそれを支えようと
している人もいます。

相手に求め過ぎて失敗するパターン。

無論、櫓を支える柱にも
” 理想の世界 ” があります。

そちら側では、あなたが
柱になっているかもしれません。

*

要するに、櫓が傾くことなく
安定していれば問題は起こらないのです。

ならば、櫓を支える柱の本数を
増やすとしたらどうでしょう。

一本が無くなったとしても
他にも支える柱があるなら、
倒壊を免れるのかもしれません。

一つの柱に必要以上に要求する
こともありませんし、ちゃんと
支えてくれないことに不満を持つ
必要もない。

一見すると、合理的にも思えます。

ただ・・ 何の見返りもなく、
支えてくれる人などいるのでしょうか?

何人も?

よほど愛される存在でもない限り、
それを実現することは出来ないでしょう。

そもそも、何本もの柱がなければ、
支えきれない大きな櫓を
なぜ、設計したのでしょう?

ならば、櫓の規模を縮小し、
細い柱一本でも支えられるようにすれば
よいのでしょうか?

しかし、それも本質ではない。

あなたは櫓の設計者であり、
その櫓を支える大黒柱なのです。

もちろん、他にも柱があっても
よいのですが、やはり、
大きな櫓を支えるのならば、
自身がもっと強くなければいけない。

その役目を誰かにやってもらう
ことは出来ないのです。

*

” 自分のことを
裏切るなんて許せない! ”

もし、怒りが込み上げ、
悔しくてたまらないときは、
次の問いかけをしてみてください。

自分の設計した櫓は適切なものだったか?

裏切者を許せとは言いません。

彼らは、単に一本でも多くの柱を
必要とする幻想、” 砂上の楼閣 ” を
支えようとしているだけなのです。

その怒りは、前進しようとするあなたを
一ヶ所に縛り付けようとする。

” 怒り ” は必要です。

ただ、それは行動を起こすための
着火点に過ぎない。

 

関連記事 : 愛すること、束縛すること|” 愛 ” とは何か?

広告

この記事をシェアする