形あるもの、変わっていくもの

寝転んだまま、
小さな天窓から見える
空に浮かんだ雲を眺めている。

それは、ゆっくりと
左から右へと流れていく。

何となくハート型に
見えるその雲は、
何となく形を崩しながら、
原型を失っていく。

*

ただ、原型と言っても、
それを見ている人が
決めたものに過ぎず、
雲には関係ない。

雲にとって、
地上から自分がどんな
形に見えているのかは、
どうでもよいのだ。

そもそも、何かの形に
なるために努力をしている
わけでもなく、
何らかの形になったから
と言って、他の雲と
何も変わらない。

*

変化していく一瞬を
切り抜いて、それが
ただハート型の記号に
似ていた・・

それ以上でも、
それ以下でもない。

ただ、そこにある。

特に意味は無いけど、
人は、ときどき、
空を見上げて雲を眺める。

意味が無いからこそ、
眺める。

形あるもの

誰もが、生きていく上で、
” 成果 ” を欲しがる。

形として残る成果を。

仕事で認められること、
恋愛や結婚、肩書、
資産、家族・・

形あるものが、
人を幸せにする。

それゆえに、形が
いつか失われたときに
悲しむことになる。

*

小さな少年が、
お気に入りの玩具が
壊れてしまって、
半べそになっている。

両親が新しいのを
買い与えても、
” あれじゃないとイヤだ! ”
と首を横に振って、
泣いている。

お爺ちゃんがやってくると、
玩具を手に取って、
壊れた部分を触って確かめる。

少年は、目を擦りながら
その様子を心配気に
見上げている。

それから、お爺ちゃんは、
ガレージから工具箱を
持ってきて、それを
分解し始める。

しばらくして、
ネジを絞め終わると、
それを少年に手渡した。

少年は、目を輝かせて
笑顔になった。

*

人は ” 形 ” を追いかける。

そこに、悲しみも
喜びもある。

それが、一つの
物語になっている。

” 形 ” がなければ、
生まれなかった物語。

何かを創造しようとすれば、
目に見えるものが
必ず必要になる。

変わっていくもの

月日が流れる中で、
形あるものが
失われていく。

せっかく、
築き上げてきたものが
風のように過ぎ去っていく。

変化していくことを
逃れられる人は、
誰もいない。

*

少年は、いつか、
お爺ちゃんに修理して
もらった玩具で
遊ばなくなるだろう。

お爺ちゃんは、
それを知っている。

いずれ、もっと
新しいものを
欲しがるだろう。

成長していく少年に合わせて、
両親が買い与えた玩具のように。

それも知っている。

それを知りながら、
壊れた玩具を治した。

その時の少年には、
それが必要だったから。

それが、
自分が、小さな孫に
してあげられる数少ない
親切のうちの一つだったから。

*

変わっていくことは、
自然の摂理。

誰も、変わっていく
あなたを責めたりしない。

本来の姿

空に浮かんだハート型の雲は、
やがて、ちぎれて、
二つになる。

それぞれが、それぞれの
形を持つようになる。

あたかも、最初から、
そうであったかのように。

*

いや、そうだったのだ。

僕は、ハートが二つに
割れた後を見ている
わけじゃなく、

ハート型であることが、
本来の姿だと思い込んでいた
だけなのだ。

最初から、ハート型の雲
なんて無かった。

いずれ、二つの雲は、
消え去るだろう。

最初から、
そこに無かったかのように。

*

” 本来の姿 ” とは何だろう?

雲で言うなら、
全ての瞬間が、それだ。

どれも、現実であり、
その一瞬を過ぎれば、
” 刹那の夢 ” になる。

*

多くの人は、理想を求め、
努力し続ける。

形ある何かを
手に入れるために。

それは、決して、
間違ったことじゃない。

もし、人々が、それを
やめてしまったら、
物語も終わってしまうのだ。

*

童話の中で出会った
王子様とお姫様は、
いつまでも幸せに
暮らさなきゃいけない。

それを読み聞かせる
子供たちに切ない思いを
させないために。

子供たちに理想の世界を
描いてもらうために。

そして、それを
実現してもらうために。

*

それが、
当初描いたイメージとは、
少し違っていたとしても、

別の形だったにせよ、

あなたの心の中にある
理想は、必ず実現する。

あなたが、それを
望まない限り、
あなたの物語に
エンディングは来ない。

これは、
あなたの物語なのだから。

この記事をシェアする