昨日の出来事が夢になる時|フラッシュバック

過去の出来事が、夢に登場する
といったケースがあります。

例えば、学校でテストが終わった後に
テストを受けている夢を見たり、

外出先から家に戻ったその日の夜、
夢の中で ” 早く家に帰らないと ”
と焦って車を走らせているなど。

すでに終わったことを夢の中で
なぜか、もう一度やり直している夢。

なぜ、夢の中で終わったことを
再現する必要があるのでしょう?

広告

フラッシュバック

過去の記憶が、映像として
脳裏に蘇る現象を
” フラッシュバック ” と言います。

過去に強いストレスなどを受けた場合などに、
その時の状況が何かをきっかけに記憶に蘇ったり、
夢の中で再現されたりすると言ったものです。

心的外傷ストレス障害( PTSD )
などの症状の一つとされています。

ここでは、
重度の心的外傷をきっかけとしたものではなく、
日常的な夢による過去の再現という意味で、
フラッシュバックについて見ていきたいと思います。

*

次は、筆者自身が見た夢の一例です。

セルモーターを回すがエンジンがかからない。
 
何度か回しているうち、
少しだけかかるが、すぐに止まる。

実は、この夢を見た前日、実際に
車のバッテリーが上がってしまう
というトラブルに見舞われたのです。

以前から、バッテリーが古くなってきて、
時々、かからなかったりしていたのですが、
今回、寿命が来てしまったようです。

それで、仕方なく、
近くのオートバックスに行き、
バッテリーを交換しました。

一日が終わり、
床に就いてから先ほどの夢を見たのです。

*

さて、問題はすでに解決されているはずが、
なぜ、夢になったのでしょう?

気がかりな事などありませんでしたし、
もちろん、強いストレスがかかっていたわけでもない。

ただ、筆者は、
その夢が何を意味しているのか、
思い当たることが一つだけありました。

その頃、ブログを書く気力が沸かずに、なかなか、
やる気スイッチが入らなかったのです。

まるで、バッテリーの上がった車のように、
エンジンがかかりませんでした。

潜在意識は昨日あった車のトラブルを利用して、
それを材料に夢を作ったのです。

自分のやる気スイッチを入れるのは難しいですが
バッテリートラブルならば交換すれば済みます。

潜在意識は昨日あった出来事をヒントに、
特定の問題を解決可能な都合の良い形に
置き換えた夢を作った。

デスクワークの夢

つまり、筆者は過去のフラッシュバックを
夢で見たわけではなく、過去の記憶を利用して、
現在、抱えている問題を解消しようとしているのです。

PTSDと診断された人がフラッシュバックを見るのと、
今回の夢のように日常生活の何気ない出来事が
夢になる場合とは、
そのプロセスが根本的に違います。

なので、何でもない日常風景が夢で再現されたとしても、
それは、フラッシュバックというよりは、
他の夢と同じ理由で作られたものだと
考えた方がよいかもしれません。

*

では、もう一つ、夢を紹介しましょう。

仕事から帰宅したとある女性が、
その夜、次のような夢を見ます。

パソコンに向かって、
入力された数字のチェックをしている。
 
ファイルを閉じようとするが
閉じることが出来ない。

これは、彼女の潜在意識が、
今日処理した仕事をチェックしなおすように
言っているのです。

つまり、彼女の中の、
” 何か、見落としている気がする ”
という気がかりが夢になっている。

過去の仕事を再現しているというよりは、
その仕事が不完全であることを
夢が教えているのです。

翌日、彼女は昨日の仕事を再度チェックしたところ、
一箇所、見落としていた部分を見つけます。

広告

パンドラの箱

では、トラウマを原因とする
夢の中のフラッシュバックについて、
少し、考えてみましょう。

例えば、過去に大失恋し、それが
トラウマになっている女性がいたとします。

彼女に、新しい異性との出会いがあると、
決まってトラウマになったあの日を夢に見る。

そして、彼女は出会いを受け入れることが出来ず、
心の扉を閉ざしてしまう。

つまり、潜在意識は再び誰かを好きになれば、
また傷つくことになると彼女に警告するために
あの日を夢に再現したということなのでしょうか?

筆者は、この見方は誤りだと考えます。

そもそも、潜在意識は警告などしない。
警告する以前に自ら問題に対処するからです。

夢の中で。

夢とは問題に対して潜在意識が
対処している行為そのものなのです。

私たちはそれをストーリーに
参加する形で見ている。

*

ならば、彼女がトラウマとなった
あの日を再現した理由は何でしょう?

それは ” パンドラの箱 ” です。

彼女の心の中にある鍵付きの箱には、
目を背けておきたい忌まわしい記憶が入っている。

そして、同時に、そこには、
それを克服するための ” 答え ” も入っている。

つまり、毒とそれを治療する血清が
同じ場所に保管されているのです。

彼女は、血清を取り出すために
蓋を開けなければならない。

そのためには、一旦は、
毒に冒される必要があるのです。

しかし、血清は取り出すせず、失敗に終わる。

その恐怖から、
夢の途中で目がさめてしまう状態です。

実は、その後に克服へと向かう
再生のストーリーを描くはずだった。

それを見ることなく後味の悪さだけが残る。

これが、夢の中でフラッシュバックを
見る理由だと考えます。

*

人の心にある光と闇は表裏一体です。

どちらか一方だけでは機能しない。

悲しみを知らない人は喜びを知ることも出来ない。

罪の深さが分からない人は、
それを許すことも出来ない。

全ては、一つです。

つまり、血清は毒であり、毒は血清なのです。

 

関連記事 : 夢の中のドッペルゲンガー現象|もう一人の自分

広告

この記事をシェアする