就寝前の小さなエピソード|秘密の空間

行きつけのお店とか、隠れ家
といったプライベート空間。

筆者は、そういった場所を
自ら進んで作ろうとは
思わないのです。通常は。

自宅だけが唯一の
プライベート空間です。

と言っても、インドア派の
筆者にも、捻り出せば、
二、三、思い当たる場所
というのがあります。

*

まだ、誰にも教えていない。

というより、教えるほどの
場所ではないと言った方が
正しいのかもしれませんが・・

今回は、” 場所 ” に
関するエピソードを
いくつか紹介しましょう。

広告

秘密のスポット

丁度、大きな仕事が
一段落した時期でした。

その時期、時間さえあれば、
ブログを書いてましたので、
本当の意味での ” 休日 ”
と言える日は無かったのです。

仕事にメリハリをつけると
いいと、よく聞きますが、
筆者は、それが出来ない
タイプでした。

*

ただ、その時は、なぜか
海を見たくなったのです。

もう何年も行って
いませんでした。

季節的には、春の終わり、
初夏の少し前という
ところで、早朝に行けば
誰もいないだろうと思い、
朝の6時頃に自宅を
出発しました。

海と言えば海水浴場。

トイレもありますし、
自動販売機もありますし、
朝食を取ることも出来る
のですが、筆者は、
そこではなく、一箇所だけ
知っている秘密のスポットを
目指していました。

そこは、トイレも無い
松林の先にある小さな砂浜で、
ほとんど人の来ない場所です。

以前、その一帯で
道に迷ってしまい、
車でグルグル回っているうちに、
その砂丘を見つけたのでした。

*

秘密のスポットに到着すると、
案の定、誰もいません。

筆者は、砂の上に腰を
下ろして、繰り返し寄せる
波を眺めながら、コンビニで
買っておいたサンドイッチを
黙々と食べました。

海を眺めながら、サンド
イッチに嚙り付きたかった。

ただ、それだけなんですが。

その後は、することもなく、
波打ち際を散歩したり、
拾った小石を海に投げたり、
していました。

*

何の目的も無く、
無意味な時間が流れていく。

数匹のカモメが、海の上で
風に煽られながら
同じ場所を飛んでいる。

砂の上の足跡は、
繰り返す波によって、
消え去っていく。

誰も、砂丘を歩く
自分の姿を見ていない。

自分が、もし、
” 行っていない ” と言えば、
それが事実になってしまう
無意味なひと時。

*

ただ、なぜか、時間が
勿体ないとは感じない。

多分、また、いつか
ここに来ることになるでしょう。

この感覚を忘れた頃に。

広告

隠れた名店

子供の頃、ときおり
連れて行ってもらった
小さなラーメン屋がありました。

古びたのれんをくぐって、
ガラガラと手動の引き戸を
開けると、店の主人が、
しゃがれた小声で
” いらっしゃい ” と
言うのです。

カウンター席が、
6席ほどあり、座敷に
小さなテーブル席が
一つあるだけの
こじんまりした内装。

そして、店内の高いところに
小さなブラウン管テレビが
ついていた。

*

壁は調理油によるものなのか
分かりませんが、少し
黄ばんでいて、この店が
長年営まれてきたことが、
子供の私にも容易に
想像出来ました。

カウンターも、テーブルも、
椅子も何もかもが、
” 昭和 ” の時代で
止まっているのです。

そして、いつも、
必ずテーブル席に
座ることが出来ました。

決して、繁盛しているとは
言えなかったと思います。

*

今、考えてみると、
立地条件も悪かった。

車を止める駐車場も無く、
歩いて行くか、近くの砂利道に
こっそりと路上駐車して行く
しかなかった。

とても、恋人に
” 行きつけの隠れた名店 ”
などと言って、紹介出来る
ような店ではありませんでした。

*

ただ、味は、絶品だった。

人によって好みは、
分かれるとは思いますが、
筆者にとっては、これこそが
ラーメンというような、
こってりとしたスープが
最高だったのです。

それから、いつもの
餃子と、チャーハンと、

決して綺麗とは言えない
年季の入った厨房で、
白髪のご主人が湯気の中で、
無言で大鍋をかき回している
姿が今でも思い浮びます。

もう、大人になってから
一度も、行かなくなって
しまった。

あの店は、まだ、
やっているのだろうか?

広告

秘密基地願望

女性には、あまり、ピンと
来ないのかもしれませんが、
男性には、” 秘密基地願望 ”
というのがあります。

筆者が勝手にそう思っている
だけなのかもしれませんが・・

*

岩場にちょっとした
洞窟っぽいものがあったり、
雨風を凌ぐちょっとした
スペースがあれば、
それを見つけた少年たちに
” 秘密基地 ” と命名される
のです。

いわゆる ” 男の隠れ家 ”
という発想も、この
秘密基地願望からの系譜
だと思います。

*

都心に住む現代の子供たちには、
そういった場所を見つけるのは、
難しいかもしれません。

現実問題、治安とか、防犯という
視点で考えると、そういう場所は、
地域に少なくなっているのだと
思います。

*

さて、少年たちは、
秘密基地で何をするのか?

することなどありません。

ちょっと集まって、
雑談する程度です。

そもそも暗くて、
狭い場所ですから、
長時間滞在出来るような
ところではありません。

ただ、欲しかった
だけなのです。

学校でもなく、
親の待っている家でもなく、

” 自分たちだけの場所 ”
というのを。

*

そして、いつの間にか
誰も来なくなってしまう。

” 秘密基地 “という子供じみた
遊びに興味を示さなくり、
皆、大人になっていく。

ゲームとか、
ガールフレンドとか、
塾とか、

より充実した人生へと
シフトしていく。

少しばかりの思い出と
虚しさ、わずかな痕跡だけを
残して、” 秘密基地 ” は、
忘れ去られていく。

何だか、
寂しい気もしますが・・

 

関連記事:就寝前の小さなエピソード|それぞれの距離感

広告

この記事をシェアする