楽器を演奏する夢|夢の中のフィーリング

例えば、夢の中でピアノを
弾いているといった
楽器を演奏する夢。

ピアノに縁の無い人が、
夢の中で脈絡もなくピアノを
弾いているとしたら、それは、
とても不自然なことです。

それに、なぜ、潜在意識は、
楽器の中で数ある楽器の中で
” ピアノ ” を選択したのでしょう?

*

では、ピアノを実際に弾く、
引いた経験があるという
人ならば、夢の中のピアノを
どう解釈すべきでしょうか?

その人にとって、ピアノを
弾くことが日常的だと言うなら、
それは、単なる日常を
描いた夢なのかもしれない。

もし、発表会に向けて、
練習中だと言うなら、
練習が足りていないという
不安から作られた ” 焦り ”
を描いた夢かもしれません。

*

では、今はピアノを弾けないが、
以前から、憧れていて、いずれは
弾きたいと思っている人が、
ピアノの夢を見たら、
どうなるのでしょう?

他にも、夢を見る前日に見たドラマに
ピアノを弾くシーンがあったとしたら、
それは、どう解釈すべきでしょう?

*

夢とは、現実世界と
常にリンクしている。

まずは、夢の内容以前に、
夢を見た本人と夢の中の楽器に、
何らかの ” 接点 ” があるのか、
それを、探る必要があります。

夢とは、個人個人の置かれた
状況によって、全く違った
意味が与えられることもあるのです。

広告

ピアノを弾く夢

次は、とある男性の見た
夢の一例です。

ピアノを弾いている。
 
自分でも驚くほど
素晴らしい演奏。

彼は、夢から目覚めて、
不思議に思ったそうです。

なぜなら、彼は、長い間、
ギターを趣味にしていて、
ピアノは、全く弾いたことが
無かったのです。

彼の音楽仲間にピアノを
弾く人もいましたが、
接点としてはそれぐらい。

なぜ、ギタリストが、
夢の中でピアノを
弾いていたのでしょう?

*

筆者は、彼に尋ねます。

” 弾いていた曲は、
何の曲でしたか? ”

彼は、次のように
答えました。

” メロディーは覚えていないが
多分、クラシックだった ”

この点も、彼に疑問を
抱かせた部分の一つでした。

彼の好きなジャンルは、
ロックで、クラシックを
聴くことはほとんどない
ということでした。

*

次に筆者は、
弾いていた場所を尋ねました。

場所は、見知らぬ建物の中、
広いリビングのような場所で
聴く人はいなかったと言います。

そして、部屋の様子は、
自分の散らかった部屋とは違い、
整然として綺麗だった。

つまり、彼は、
見知らぬ家のリビングにて、
触ったこともないピアノで、
聴くことのなかったクラシックを
弾いていたということに
なります。

これは、一体、
何を意味しているのでしょう?

広告

テーマの置き換え

セッションの間、筆者は、
いくつかの質問をし、彼が
それに答えるというやり取りが
何度か行われた後、彼が、

” ちょっと心当たりがある ”

と言いました。

そして、自分なりの
解釈を話し始めます。

*

彼は、音楽とは関係なく、
仕事や人間関係の面で、
最近、ずっと自分の生き方に
疑問を感じていたと言います。

” 俺は、このまま年を
とっていくのだろうか? ”

彼は、何か新しいことを
始めたいという思いが、
夢になったのではないかと
分析しました。

筆者も、その解釈を聞いて、
納得したのです。

*

彼は、自分の人生を
変えたがっていた。

この夢は、彼の抱えていた
” 人生の疑問 ” という重たい
テーマを ” 音楽 ” という
彼にとって日常的なテーマに
置き換えています。

*

自分が弾いたことのない
楽器で、彼の得意なロック
ではなく、クラシックという
あえて、未経験のジャンルに
挑戦している。

彼が望んでいる
” これまでの自分を変えること ”
” 新しい生き方を選ぶこと ” を
夢の中でピアノを弾く
という行為によって、
分かりやすく描写しています。

*

そして、その演奏は、
自分で驚くほど、
素晴らしい出来栄えだった。

これは、新しいことにチャレンジ
したその先に彼が、明るい理想を
描けているということです。

それは、あくまで理想であって、
確定された未来ではありませんが、
少なくとも、現在の彼の潜在意識
には、雲一つない青空が見えている
ということなのでしょう。

広告

形無きメッセージ

さて、今回は、ギタリストが
ピアノを弾く夢を見るという
少々、変わったケースを紹介しました。

彼だからこそ、
ピアノに ” 新しい生き方 ” という
意味を与えることが出来た。

夢の中のアイテムに意味を
与えることが出来るのは、
結局、夢を見た本人だけなのです。

*

どんな夢も、それなりの個人的な
事情を背景に作られるものです。

ですから、ここで、項目別に
一般論としての解釈を紹介したとしても、
あなたの見た夢を読み解くヒント
にはならない。

むしろ、あなたに限っては、
当てはまらないのに、
それが ” 答え ” だと誤解を
与えてしまうかもしれない。

あなたの見た夢は、
” 典型的な夢 ” ではないということを
知っておいてほしいのです。

それは、一つ一つが、
唯一の意味を与えられている。

*

自分の夢を読み解くというのは、
知的な作業のように見えて、
実は、直感的な部分が大きく
占めるのです。

今回のセッションでも、
彼は、ちょっとした ” 気づき ”
によって夢の意味を
自ら導き出しました。

本来、夢解釈は、
誰かに押し付けられる
ものではないのです。

なので、
他人の夢を解釈する場合は、
実際に夢を見たわけでは
ありませんから、直感的に
解決するというアプローチを
取ることが出来ない。

*

例えば、
あなたが、夢の中で、
何らかの曲を弾いていた
として、その曲調や、
そのときに感じた感覚は、
あなた以外、誰にも分からない。

曲の雰囲気を言葉で
伝えることは可能でしょう。

早いテンポで、
ポップな感じだったとか、
ロマンチックな
ラブソングのようだったとか、
何とでも言い表すことが出来る。

しかし、その曲を実際に
聴かないと正確な印象は、
分からない。

重要なのは、言葉では
伝わらない、自分だけの
” フィーリング ” のです。

*

夢が伝えるメッセージが
必ずしも、言葉で言い表す
ことが出来るものばかりとは
限りません。

その ” フィーリング ” こそが、
潜在意識が、あなたに
伝えたかったメッセージ
そのものだったりするのです。

広告

この記事をシェアする