幽霊が登場する夢|夢の中で感じた” 気配 ” の意味

夢の中に幽霊や悪魔が登場し、
襲い掛かってくるといった
恐ろしいシチュエーションの夢。

目覚めてからも幽霊の顔をはっきりと
覚えているというケースもあるようです。

それがリアルであるほど、そして、
衝撃的であるほど夢の中の恐怖体験が、
何か不吉な出来事の予兆ではないかと
心配になったりする。

こうした悪夢は、よく金縛りの時に見る夢
として語られることもあります。

それゆえに、霊的な力が働いた結果として
夢が作られたという解釈をする人もいる。

では、実際、夢の中の幽霊は、
どう解釈すべきなのでしょう?

その悪夢は、本当に
霊的存在の仕業なのでしょうか?

広告

背後に立つ幽霊

次は、とある女性が見た夢の一例です。

どこかの病院らしき建物。
廊下に立っている。
 
奥の部屋から子供たちの悲鳴が聞こえたが、
すぐに静まりかえる。
 
奥の部屋で、
何か異常事態が起こっているようだ。
 
” 何か来る ” と思った瞬間、
背後に女性の幽霊が現れる。
 
怖くて振り向けない。

この夢を見た女性は、
背後から幽霊が自分の右手首をつかみ
かかったところで飛び起きた。

彼女は目覚めてから、
すぐに右手首を確認したが、
さずがに捕まれた跡は無かったそうです。

*

この夢の注目すべき点は二つあります。

まず、奥の部屋から感じた
” 異常事態が起こっている ” という感覚。

そして、幽霊が登場する直前に感じた
” 何か来る ” という感覚。

夢の中で彼女は部屋をのぞいてもいないのに
” 異常な空気 ” を察知します。

なぜ、そのようなことが分かるのでしょう?

それは、子供たちの悲鳴を
聞いたからなのでしょうか?

ここは、とても重要なポイントです。

*

筆者は、彼女に次の質問をしました。

” 異常な空気を感じたのは、
子供たちの悲鳴を聞いた後ですか? ”

彼女は悲鳴が聞こえる前から、
すでに建物全体の空気がおかしかったと答えます。

” 最初から、
これは悪い夢だという認識がありました ”

彼女は言います。

つまり、子供たちの悲鳴は、
彼女が最初から感じていた陰鬱な空気に
後付けされた演出なのです。

霊気の発生源

子供たちの悲鳴は
この夢において一つの役割を与えられています。

それは、その異常な空気の発生源を
特定することです。

それは、奥の部屋の中から聞こえた。

厳密に言うと、
潜在意識は発生源を探し当てたのではなく、
発生源を ” 奥の部屋 ” に決めたのです。

つまり、夢の中に発生源など最初から無い。

なぜなら、夢を見ながら眠っている
彼女自身が発生源だからです。

では、潜在意識が、おかしな空気の発生源を
” 奥の部屋から ” という狭い範囲に限定する
理由は何でしょう?

それは、対処しやすくするためです。

つまり、ある部屋から、
おかしな空気が出ているのであれば、
その部屋に近づかなければよいわけです。

そこを避けることが出来れば、
彼女の感じた” 異常なこと ” から、
少なくとも逃れることが出来る。

しかし、この演出は、あくまで
夢の中に作り上げた ” 誤魔化し ” なのです。

なので彼女が感じている現実の感覚を
完全に打ち消すことが出来ない。

彼女は夢の中で異常な空気から逃れることが出来ず、
やがて、その空気は ” 幽霊 ” という形で
視覚化されることになります。

つまり、彼女が夢の中で感じた
” 異常な空気 ” は、夢を見て感じたものではなく、
最初から彼女の心の中に存在し、それを元にして、
この夢は後から作られているのです。

その理由は子供の悲鳴が後付けされたのと同じで、
彼女の抱えている心の問題を夢という形で
視覚化することで対処しやすくするためです。

*

この状態を分かりやすく例えるならば、
次のようなことでしょうか。

あなたが何かの事情で外出が出来ない時、
その状態がずっと続くと精神的ストレスが
溜まってしまうでしょう。

そこであなたは考えた。

家から外に出ることは出来ないが、
映画を見たり、旅のドキュメンタリー番組を見たり、
VRを使って3Dゲームをしてみたり、
気分を変えるために模様替えをしたり、
家に居ながら別の世界へ疑似的に外出するのです。

しかし、ストレスの原因は、
外出出来ない状況が続いているということですよね?

無論、そういった努力で根本原因の解決にはならない。

潜在意識も全く同じ対処を行います。

あなたを苦しめているストレスや悩みといった
ものから解放されるために潜在意識は、
あなたの心を二つに分割するのです。

一つは、あなた自身が住む世界、
そしてもう一つは外側の世界ということにして、
夢の中で外側の世界に悩みの原因を置き、
自分は安全な場所でやり過ごそうとする。

しかし、結局は一つの心の中を
二つの領域に区切っているに過ぎないので、
全てはあなたの中に存在するのです。

幽霊が登場すると言った場合も同じです。

” 幽霊 ” は夢の中では、
あなたの外側に存在するものという設定になっていますが、
実際は、元々あなたの心の中に存在する何らかの感情です。

そして、その感情から逃れることは出来ない。

広告

終わらない鬼ごっこ

” 何か来る ” と思った直後に、彼女は
幽霊が自分のすぐ後ろに立っている気配を感じ取る。

彼女が体験した ” 霊感 ” のようにも思える
この感覚は、夢の中で第六感が研ぎ澄まされた
ということなのでしょうか?

そうではありません。

そもそも、幽霊を自分の背後に出現させたのは、
彼女自身の演出なのです。

自ら演出したものですから、無論、
後ろを振り向かなくても背後に何がいるのかが分かる。

忘れてならないのは、
この夢の作り手は彼女自身ということです。

つまり、彼女は、この短編ホラー映画の
総合演出であり、映画監督なのです。

ここで、こんな疑問を持つ人もいるかもしれません。

” 自分を恐怖に陥れる演出を自らするわけがない ”

しかし、実際は誰もが悪夢を見る。

それは、心に抱えるものを処理するためには、
やも得ない措置なのです。

潜在意識が自ら作った仮想世界で主人公が
苦しんだとしても、それは、
治療のために医師が注射針を腕に刺すときの
” 痛み ” のようなものです。

*

さて、彼女は自らが抱える心の問題を
” 幽霊 ” という存在に置き換えて視覚化しています。

ある意味、彼女は自分の抱える問題と
向き合おうともしている。

このように夢の中で心に抱えた不安や苦悩が、
幽霊や怪物、悪魔という形で
しばしば表現されることがあります。

それは、形無き不安や苦悩に形を与えることで、
物理的な対処が可能になるからです。

幽霊や怪物という目に見える存在ならば、
なるべく遠くに逃げたり、戦って倒したリすれば、
夢の中では、一応は、問題を解決したことになり、
心に安心感を与えることが出来る。

錯覚ではありますが。

例えば、幽霊にどこまでも追いかけられる夢
などがあります。

これは、現実の問題が、
夢の中の演出だけでは誤魔化しきれていない
ということを表している。

ゆえに、夢の中で幽霊から延々と逃げながら、
誤魔化し続けなければいけない。

小さなメッセンジャー

さて、ここまで解説しましたが、
そもそも彼女が抱えている心の問題とは、
一体、何だったのでしょう?

筆者は、それについて尋ねてみましたが、
彼女は ” それについては、答えたくない ” と言って、
それ以上のことを語ってはくれませんでした。

ただ、母との関係で、とある問題を
抱えているということだけ教えてくれました。

最後に、彼女は次のように言いました。

” 幽霊は母親の影だったのかもしれない ”

その言葉の意味は筆者には分かりませんでしたが、
彼女の心に重くのしかかったそれが、
今回の夢を作ったのでしょう。

筆者もこれ以上、彼女の心の傷を刺激しないために
セッションを中断したのです。

*

人は、日々夢を見ますが、
その中には誰にも打ち明けることが出来ない
プライベートな悩みが主題となるときもあります。

むしろ、誰にも言えないからこそ夢になりやすい。

特に悩みが深刻であれば、今回のように
強烈な恐怖を感じる夢を作る可能性もあります。

もし、あなたが恐怖で飛び起きるような悪夢を
見たならば、まず、自身のメンタルについて
一度、冷静に考えてみる時期なのかもしれません。

人は、目覚めて日中活動している時は、
案外、日常の忙しさから、自分の心の
バランスについて注意を払わなかったりするものです。

” 大丈夫、大丈夫これぐらいのことは
よくあること・・ ”

と受け流し、心の叫びと向き合うことを避けるのです。

ただ、それが、
決して悪い行いだとは思いません。

現実、前に進むには、
そうしなければいけない時もある。

しかし、心の声に気づかないままでいると、
いつの間にか、前に進めなく
なってしまうこともあるのです。

もし、あなたの中のメッセンジャーが、
服の裾を引っ張って泣き続けているなら、
たまには膝を折って話を聞いてあげてください。

それが小さな声であっても
あなたには必要なメッセージなのです。

 

関連記事 : 夢の中の ” 恐怖感 “|扉の向こう側に何がある?

広告

この記事をシェアする