” 心のブレーキ ” と夢|自分では自覚出来ないこと

” リミッター ” とは、
電気機器などでエネルギー出力を
抑制するための装置です。

よくスピリチュアル系の書籍でも
自身の心や能力を抑制してしまい自由な
生き方が出来ない原因という意味で、
この ” リミッター ” という言葉が
使われることがあります。

もしくは、” 心のブレーキ ”
と呼ばれることもある。

それは、無意識レベルで
前に進もうとしている自分に
ストップをかけている状態。

自分ではそのつもりは無いと
思っていても、
行動を起こそうという時に
なぜかブレーキがかかる。

例えば、幸せを願いながらも
いつまでもそれをつかむことが
出来ない人に向けて、

” 深層心理ではあなた自身が
幸せを受け入れようとしていない。
無意識にブレーキをかけているからだ ”
と言ったりします。

果たして、
このリミッターと呼ばれるものは
本当に存在するのでしょうか?

幸せを望みながらそれが実現しないのは、
自分自身が無意識に足を引っ張っている
からなのでしょうか?

広告

二人の距離感

次は、とある女性の見た
夢の一例です。

彼とドライブをしている。
 
彼は運転しながら、左手で
自分の手を握ろうとしてくる。
 
その度に、対向車線の車が
クラクションを鳴らすので
彼の左手はハンドルに戻ってしまう。

運転席に座っていた男性は、
現在、交際中の恋人だと言うことです。

彼女は自分から積極的にアプローチをして、
ようやく彼の心を射止めたわけですが、
この夢を見る限り、彼を受け入れる準備が、
まだ、整っていないというようにも
読み取れます。

夢を作ったのは彼女自身なので、
無論、夢の中の恋人に何をさせるかも
彼女が決めているのです。

つまり、彼女は夢の中で恋人に
自分の手を握らせようとしている。

恋愛には積極的だと言う彼女なら、
そのような回りくどい演出をせずに
自分から手を握りにいくことも
出来たはずです。

しかし、夢の中ではそうなっていない。

*

彼女は、夢の中で
次のように思ったそうです。

” 彼はハンドルを
握っていたので隙が無かった ”

そうです。

ゆえに、彼女の潜在意識は
” ドライブデート ” という
シチュエーションを選んだのです。

運転中、二人はシートベルトを着用して、
座席に座っていなければならない。

出来ることは会話のみに限られます。

この座席に拘束された状態は、
ある意味、現在の彼女にとって
都合の良い状況を作り出している。

つまり、彼女は彼と一定の距離を
保とうとしている。

いわゆる ” 心のブレーキ ” を
かけている状態です。

無意識レベルと心当たり

彼女の心のブレーキは、
彼が手を握ろうとすると対向車の
クラクションにより、動作が寸断
してしまうという部分にも表れています。

クラクションの演出を
入れているのも彼女自身です。

ただ、手を握らせようとしているのも
彼女自身なので、一見、
矛盾しているように見えます。

彼女の中に、距離を縮めたいという
気持ちがある反面、それに対して
尻込みしている気持ちがあり、
それが ” 葛藤 ” として夢に描かれて
いるのです。

さて、この夢を見る限り、彼女は
無意識レベルでブレーキペダルを
踏んでいる。

それは無意識レベルですから、
彼女自身はその自覚が無いはず・・

ところが、筆者が夢の解釈を伝えると、
彼女は ” 思い当たる節がある ”
と言います。

恋愛には積極的だが、ある程度まで
進むとそれ以上の関係を望んでいない
自分がいるということは以前から
分かっていたと。

つまり、この夢に描かれていることは、
すでに自覚されたものだったのです。

*

筆者は多くの夢を観察してきましたが、
無意識レベル、つまり、自覚出来ない
” 心のブレーキ ” は存在しないと
考えています。

なぜなら、夢の解釈が的を得ているのか、
的外れなのかを判定する唯一の方法が、
夢を見た本人の ” 心当たり ” だからです。

逆に言えば、自覚出来ているから
夢が作られるわけです。

( ただし、” 心当たり ” には、
未来を含む特殊なケースもありますが )

大抵は、夢の意味を悟った時に、
” ああ、結局、そのことか ”
という過去の記憶を思い出すような
腑に落ちる感覚があります。

夢は宇宙の神秘と繋がっている
といった壮大なスケールに
裏打ちされた創造物ではなく、
もっと身近で現実的なことを伝えます。

例えば、対象者が宇宙からの
メッセージを受け取りたがっている
と言うなら潜在意識は神や宇宙人を
キャスティングするでしょう。

それは宇宙からのメッセージというより、
神秘的なものに惹かれている
その人の心理を描ているだけです。

多分、夢を見た本人は
胸に手を当てれば分るでしょう。

自分が神秘的な存在から、
メッセージを欲しがっている
ということを。

潜在意識は願望を叶えただけです。

なぜ、自身の行動に
ブレーキをかけているのか?

誰もが何となく察しがついている。

夢を見た直後に忘れている
ということはあるかも知れませんが、
大抵は ” 自覚済み ” です。

広告

探し物がどこにあるか?

幸せになりたいのに、
なかなか幸せになれない。

それは、無意識レベルで
心のブレーキを踏んでいるせいだ・・

自分のどこが、
いけないんだろう・・?

もし、自分にこのような
問いかけをしているとしたら、
そして、その原因に全く
身に覚えがないとしたら、

つまり、そのような
” 心のブレーキ ” は
初めから存在しなのです。

元々、存在しないブレーキや
リミッターを外すことは出来ません。

考えてみてください。

自身の足がブレーキベダルを
踏んでいるかどうかさえ分からない
とすれば、そんな状態で果たして
自分の望む人生を作って
いけるでしょうか?

もし、自分がブレーキをかけている
理由が分からないというのなら、
何を修正すべきかも
分からないということです。

*

自覚された問題意識は必ずある。

” 無意識レベル ” とか、
” 心のブレーキ ” という自覚
出来ない範囲に答えは無いのです。

” 答え ” は、あなたの最も近く、
そして、よく知っている場所にある。

もし、見当たらないというなら、
遠くを眺め過ぎて、
足元を見過ごしているのです。

まさに、潜在意識は、
あなたの見過ごしていることを
夢にして伝えている。

小さな子供がお絵かきをしている最中、
お尻の下のクレヨンを一生懸命
探しまわっている。

私たち大人も理論的に行動している
ように見えて同じことをしています。

お金や時間を浪費したり、
遠くの存在ばかりを追いかけたり、
隣人と自分の人生を比べたり、
そして、誰もが何となく思っている。

” 何か違う・・ ”

お尻を上げてみてください。

きっと失くしたはずの
クレヨンが見つかるはずです。

 

関連記事 : 自分に自信が持てない時|カテゴライズという過ち

広告

この記事をシェアする