夢の中の ” 公共施設 “|夢における建物の役割

病院や刑務所、裁判所、
図書館、美術館など、
公共の施設が夢の舞台
となるケース。

これら、公共施設には、
それぞれ特徴があります。

例えば、刑務所ならば、
罪を償う場所、
閉鎖的で不自由な場所、
図書館なら、学習する場所、
私語を慎む場所というように
その施設特有の機能や、
ルールなどがあります。

*

潜在意識は、夢を作るとき、
舞台設定をどこにするかを
選ぶわけですが、それは
無論、意図されて選択された
わけです。

なぜ、その建物を
わざわざ舞台にしたのか?

夢の舞台が公共施設だった場合、
その建物がどんな役割を
果たすかを考えてみてください。

それが、夢を読み解く
ヒントになることがあります。

*

また、厳密な意味での
” 公共施設 ” でなくても、
その建物に何らかの特徴が
あるのなら、はやり、それを
選んだ理由があるのです。

その場合も、その建物の
” 役割 ” という側面を
探ってみる必要があります。

広告

病院で治療をする夢

次は、とある男性の見た
夢の一例です。

病院の一室で
ベッドに横たわっている。
 
医師が入ってくると、
腕に注射をしようとする。
 
不審に思い、
何の注射か尋ねるが、
医師は、はぐらかすだけで
質問に答えようとしない。
 
自分は腕を引っ込めると、
医師に文句を言う。
 
” 俺は何も悪くない! ”

自分自身に何か、
治すべき部分がある場合、
このように病院で治療を
受けるストーリーを作る
場合があります。

彼の場合は、人間関係で
悩みを抱えており、それは、
空気を読めない自分のに非が
あるのではないかと考えて
いるようでした。

この夢では、
そんな自分の性格を直したい
という気持ちから、病院を
舞台にして ” 自分の欠点 ” を
治療しようとしています。

*

” 性格を直す ” という
内面の改善を医療的な治療に
置き換えた理由は、
性格を直すことは、抵抗感
もありますし、なかなか、
出来ることではありません。

病院ならば、注射を一本
打つだけで終われます。

複雑な問題をシンプルな
問題に置き換えることで、
心の負担を軽くしようと
しているのです。

*

ただ、結果的には、注射を拒み、
治療を拒絶してもいる。

彼は、自分の性格に問題が
あると自覚しながらも、
その一方では、
” 本当は、自分は
悪くないかもしれない ” と、
いまいち納得出来ていない
気持ちが表れている部分です。

性格を直したいという気持ちと
それに抵抗する気持ちの
葛藤が夢になっています。

*

例えば、状況がもっと
深刻ならば、注射でなく、
手術というような、
より大掛かりな治療として
描かれることもあります。

ただ、夢を見た本人が、
その問題について
どれぐらい深刻に感じて
いるのかという ” 主観 ”
によって夢は作られるので、

例えば、ニキビに悩んでいる
十代の若者が、夢の中で、
整形手術を受け、鏡を見て
卒倒したとしても、
何ら不思議ではありません。

その若者にとっては、人生が
かかっていると思えるほど
深刻な問題なのです。

広告

歴史資料館の夢

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

古文書のようなものが
ガラスケースの中に
しまわれている。
 
とある展示室の前に
” 工事中 ” のバリケードが
置いてある。
 
覗いてみると
作業員数人が、
床を掘り返している。

この夢を見た女性に聞くところ、
舞台は歴史資料館のような
古い貴重品が展示されている
場所だったと言います。

とは言え、彼女は、
歴史というものに、あまり、
関心が無く、彼女自身、なぜ、
このような夢を見たのか
不思議がっていました。

つまり、彼女は、夢の中で
全く興味のない場所に
一人足を運んで、
興味の無いものを
見ていたことになります。

この不可思議な設定は
一体、何を意味している
のでしょう?

*

セッションを進めるうちに
彼女には、今、抱えている
問題があることが、段々と
分かってきました。

それは、現在、仕事の面で
壁にぶつかり、それを
打開することが出来ず、
行き詰っているということでした。

思いつくことは、
何でも試したが、どれも
パッとしない成果だった。

何が悪くて、空回りして
いるのか、自分でも
分からないと言うのです。

*

この夢は、彼女が、
いずれ気づくことを
先に描いている。

つまり、彼女は、
心の奥底で、すでに
気づいているのです。

これまで、過去に
自分が見過ごしてきた
” どうでもよいこと ” の中に
” 答え ” があるのではないか?

行き詰った彼女が、
この疑問に行きつくのも
時間の問題であることを
この夢は示しているのです。

*

歴史資料館という彼女にとって、
興味の無い場所への探索は、
彼女が、自分の殻を破り、
新しいアプローチを
手に入れようとしている
前向きな精神を表している。

夢の中で彼女は、
古文書を眺めながら、
” これは、きっと
貴重なものに違いない ”
と思ったそうです。

確かに、彼女にとって、
” 今までに無かった視点 ” は、
貴重な歴史資料のように
見えたのかもしれません。

*

そして、展示室の一つで
何やら、床下の掘削工事が
行われている。

すでに潜在意識の中では、
新しいアプローチによる
” 答え ” の発掘作業が
始まっているのです。

彼女は、バリケードを越え、
掘削された床下を覗こうと
したところで夢から目覚めた。

床下に、現状を打開する
” 答え ” があったのか
どうかまでは、この夢は、
示されていません。

ただ、彼女が、これまでとは
違った視点を手に入れようと
しているということだけは、
夢の内容から、察することが
出来ます。

広告

自分だけの ” 答え “

さて、先ほど例にあげた ” 病院 ”
を舞台にした夢、そして、
次に紹介した ” 歴史資料館 ” を
舞台にした夢、

ここでは、こうした公共施設を
どう解釈するかの一例を
示したに過ぎません。

あなたが、もし、病院の夢を
見たからといって、上記の
解釈で読み解けるかと言えば、
そうではないのです。

これをベースに応用解釈を
するという話でもありません。

*

そもそも、夢解釈にベースなど
存在しないのです。

それは、あなたの個性が、
誰かをベースにして作られた
亜種ではないのと同じです。

筆者は、あなたの見た夢の
意味に答えられないから、
はぐらかしているという
わけではありません。

実際に、不可能なのです。

夢を見た本人の力無しでは。

*

あなたは、
世界に一人しかしない。

そして、そのあなたが
作った夢も世界に一つ
しかない。

その夢の解釈も、やはり、
一つしかないのです。

*

あなたの夢の意味は、
インターネットで調べても
見つかることはありません。

それは、今朝、作ったばかりの
過去にはない創造物だから。

結局、自分で ” 答え ” を
見つけるしかないのです。

もし、見つかったなら
それを信じてください。

なぜなら、その夢は、
あなたの中から
生み出されたものだからです。

同じ場所から生み出された
” 答え ” なら、きっと
信じられるはずです。

広告

この記事をシェアする