” 単なる夢 ” に隠されたメッセージ|見過ごされた暗示

夢は、時折、未来の出来事を
映し出します。

潜在意識が、私たちより
一足先にそれを察知し、
夢にするのです。

ただ、映し出されたそれは、
私たちが思っているような
分かりやすい形ではなく、
もっと複雑です。

ゆえに、それが未来を
指し示していても ” 単なる夢 ”
として見過ごしてしまう。

そして、私たちが、それに、
後から気づくことは無い。

通り過ぎて行った
” 単なる夢 ” を誰も
覚えてはいないでしょうから。

*

では、その見過ごされて
しまう夢とは、具体的には
どういったものなのでしょう?

広告

” ただの夢 ” として片づけられる夢

次は、とある会社員男性が
見た夢の一例です。

ボートを漕いでいると、
水面に渦巻きを発見する。
 
それは、少しずつ
大きくなっているようだ。
 
慌てて進路変更をしようと
するが、ボートが思うように
コントロール出来ない。

この夢を見た数日後、彼の
勤める会社でとある問題が
持ち上がるのです。

それは、設計に関する問題で
営業職として働いていた
彼には、あまり関係の無い
話でした。

会社は問題を解決するために
調査チームを作って、
原因究明に乗り出したのですが、
関連する各部署の言い分が
バラバラで話がまとまらなかった
と言います。

責任を被りたくない各部署は、
問題の原因は、他にあると
主張するのです。

そして、その火の粉は、
彼の所属する営業部にも
飛び火し始めた。

” そもそも、
事が大きくなったのは、
顧客に対する営業側の
説明が不足だったからでは? ”

*

ここで、夢の内容を振り返って
みましょう。

池の水面に発生した渦巻は、
彼が、これから巻き込まれるで
あろう会社のゴタゴタを
表しています。

夢の中で彼は、ボートの進路を
変更して回避しようとするが、
上手くコントロール出来ない。

会社の調査を彼にコントロール
する権限などありませんから、
彼の出来る対応は限られます。

後は、事態を見守るしかない。

*

さて、この夢は、本当に
彼が体験した会社の騒動を
暗示していたのでしょうか?

夢の内容は、池でボートを
漕いでいるという会社とは
全く無関係なものです。

唯一、共通しているように
思えるのは、
大きくなっていく渦巻が、
会社の騒動と何となく
オーバーラップしているように
見えるだけで、それ以外の
部分に関しては、共通点
らしきものは見当たりません。

” 無理矢理、夢と結び付けて
いるだけだ ”

と言って ” ただの夢 ” として
片づけることも出来る。

広告

薄々、分かっていること

大抵、” ただの夢 ” として
片づけられてしまう夢は、
因果関係が分かりにくいのです。

解釈の仕方によっては、
暗示しているようにも見え、

また、本来は無関係な夢と
出来事を、理屈を並べて、
無理矢理結び付けていると
解釈することも出来る。

潜在意識は、この曖昧な領域に
好んで夢を作るのです。

その理由は、いくつかありますが、
この夢に関しては、潜在意識に
直接描写する動機が無いという
ことです。

*

動機が無いというのは、
どういうことか?

例えば、潜在意識が、
会社のゴタゴタを直接描写して
どうしようと言うのでしょう?

そこには、
メリットがありません。

夢は、彼のストレスを軽減
するために作られるのです。

そして、潜在意識は、
夢の内容を自由に書き換える
ことができる。

自由にコントロールできる
権限があるなら、無論、
事実を都合良く書き換える
でしょう。

書き換えていけない理由など
潜在意識にはありません。

*

そして、出来事を直接描写
しない理由のもう一つは、
抽象的な表現に置き換えることで
問題に対処しやすくするためです。

この夢で言うなら、
会社のゴタゴタの一部始終を
描くのも大変ですが、複雑な
会社組織の体質を都合良く
書き換えるというのも
分かりずらく、困難です。

ならば、問題を渦巻に例えて、
彼をボートに乗せて池に浮かべれば、
状況がつかみやすく、対処も
シンプルなものになるでしょう。

実際に、彼は夢の中で、
ボートの方向転換を試みています。

ボートを方向転換するだけなら、
調査チームの質問攻めをかわす
より容易でしょう。

また、いざとなれば、
引きずり込まれるボートを
捨てて池にダイブしてもいい。

現実の職場から逃走するのは、
難しいですが。

*

ただ、彼は、ボートを最後まで
コントロール出来ていません。

これには、どういった
意味があるのでしょう?

夢の作り手は、彼自身なので、
会社の騒動を抽象化して
描いている夢だということを
彼は、知っているのです。

つまり、ボートの方向転換が、
実際は、何を意味するのかを
薄々、分かっている。

それが、そう簡単には、
行かないことも理解している。

ゆえに、回避に
手間取っているのです。

広告

夢を観察していく利点

さて、今回は、未来を暗示
する夢が、事実を直接描写
しないために、見過ごされて
しまうということについて
一例を挙げて解説しましたが、

実際、この解説は、
本当に正しいのでしょうか?

単なる夢に理屈をつけて
もっともらしく解説している
だけなのかもしれない。

残念ながら、この解説が
正しいということを
証明する方法は無いのです。

どこかに教科書があって、
何ページに書いてあると
言えればよいのですが、
そのようなものは、
現実には存在しない。

誰も語らなかったこと
なのですから。

*

もし、この解説の真偽を
確かめるとしたら、
自分の夢を観察し続ける
しかありません。

そこで、実際に起こる出来事と
関連性を見つけることが
出来れば、それが確証に
繋がるでしょう。

一度や二度なら、偶然として
片づけられますが、それが
続くなら ” 単なる夢 ” が、
そうでは無くなっていく
はずです。

*

通常、日常生活には、
それほど変化はありません。

大抵は、繰り返される
同じ毎日です。

これといった変化が無い
ということは、潜在意識に
とっては、夢を作る動機が
少ないということです。

なので、ハプニングも変化も
無い毎日が続いているうちは、
未来を暗示する夢が作られる
頻度は下がるかもしれない。

こういった場合は、
観察期間が一週間や二週間
では、これといった結果を
残さないかもしれません。

構えることなく、気長に
付き合ってみるという
緩い感覚で観察する方が
よいでしょう。

*

夢を観察していく利点は、
別に未来を知ることだけ
ではありません。

それは、日記をつけている
ようなものです。

自身の心にスポットライトを
当てて、一人省察する。

そこで、何かを発見する。

前向きな気分で明日を
迎えるためのヒントを得る。

どんなことにも、それは
見つけることが出来ます。

それが、あなたの心の奥から
取り出されたものなら、
あなたにとって大切なもの
であることは、明白です。

広告

この記事をシェアする