映画・ドラマが夢になる時|” 単なる影響 ” では片づけられないこと

夜、ホラー映画を観ると
夢に出てきそうな気がする。

実際、テレビドラマや
ゲームの世界が夢の中で
再現されるといったケースが
あります。

ただ、強烈なホラー映画を
観た後に眠ったとしても、
必ず、それが夢に出てくる
とは限らない。

むしろ、全く無関係な
ストーリーだったりするのです。

*

さて、映画やドラマが、
夢に影響を与えるとすれば、
どういったプロセスで
それは起こるのでしょう?

また、起きていた時に見た
それらが、夢になる場合と
ならない場合とでは、
何が違うのでしょう?

仮に、昨日見たテレビドラマが
夢になったとしたら、それは、
” 単なる影響 ” に過ぎず、
特にメッセージ性の無い雑夢
だと片づけてしまってよいの
でしょうか?

それとも、何か、重要な
メッセージが隠されているのか?

潜在意識は、どういった意図で
それを夢に組み込んだのでしょう?

広告

映画の1シーンが夢になる

ここで一つ言えることは、
潜在意識は必要の無い夢は作らない。

また、何らかの夢を作ったとしても、
そこに必要のない演出を取り入れる
ことはない、ということです。

私たちが無駄なことにエネルギーを
使わないのと同様に、潜在意識も
限られたリソースを不必要なことに
浪費しないのです。

ここでいうリソースとは、
夢を作る過程で必要な
” イマジネーション ” です。

*

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

波の打ち寄せる砂浜にいる。
海の中で恋人がサーフボードに
つかまって浮かんでいる。
 
少し離れた位置に
サメの背びれを発見し、
私は大声で叫ぶが、
彼には聞こえていないようだ。

” 彼は、結果的に
サメに襲われたのですか? ”

筆者は、尋ねました。

彼女いわく、自分は必死に
危機が迫っていることを
知らせたが、サメの背びれが
恋人に到達する直前、
とっさに目を背けたので
その瞬間は見ていなかったと
言います。

*

筆者は、さらにいくつかの
質問をしました。

” 夢の中では、恋人が
サーフボードにつかまった状態で
登場していますが、彼は、
サーフィンをするのですか? ”

” いえ、しないと思います。
私の知る限りでは ”

” ご自身は、サーフィンをしますか? ”

” いえ、しません ”

” 最近、海に行かれた、
もしくは、今後、海に
行く予定などはありますか? ”

” 最近は無いです。
一年ほど前に二人で県内の
海浜公園に行ったのが最後
だったと思います ”

こうして話を聞く限り、
海は、彼女にとってそれほど
身近なものでは無いようです。

潜在意識は、一体、なぜ、
夢の舞台を海に設定したの
でしょう?

*

” 夢に関係あるかどうか、
分りませんけど・・ ”

セッションの途中、彼女は
夢を見たその夜にとある映画を
見たと言います。

” どんな映画ですか? ”

” 『 ザ・ビーチ 』という
タイトルの映画なんですが
分かりますかね? ”

” ああ、レオナルド・
ディカプリオ主演の、確か、
無人島の話だったような・・ ”

” それです ”

筆者は、かなり以前にその映画を
見た記憶がありましたが、
内容を覚えていませんでした。

” では、こうしましょう。
こちらでもう一度、映画を観て
おきますので次回のセッションは、
その後、ということで・・ ”

広告

セッションの行方

その二日後、再開された
セッションにて、筆者は、
夢の内容を再確認するために、
次の質問をしました。

” 確かに、映画の中では、
サメに襲われるシーンが、
二つありました。一度目は、
主人公リチャードが襲われたが
撃退に成功し、二度目は、
二人の若者が重傷を追った場面、
あなたの夢で見た状況は
どういったものでしたか?

彼女は、説明します。

” 最初のシーンと似たような
状況でした。
私が砂浜で叫んでいて、彼には
届いていないという感じです ”

” 砂浜には、あなた以外に
誰かいましたか? ”

” 私一人でした ”

” あなたのいた場所は、映画の中で
舞台となっていた島そのもの
だったのしょうか? ”

” 分かりません。他に住人は
いませんでしたし・・・
でも、何となく秘密の島という
認識があったような気がします ”

*

ここで映画のストーリーについて
少し解説しておきましょう。

観光客としてタイに訪れていた
主人公リチャードは、ある男から
” ビーチ ” と呼ばれる秘密の島
についての噂を聞かされます。

それは誰にも知られていない
禁断のスポットで、そこに
たどり着くことが出来れば、
現実世界から解放されるという。

彼女の潜在意識が、
もし、映画と同じような
” 秘密の島 ” を舞台に選んだ
ということなら、そこは、
彼女にとって、
” 誰にも知られてはいけない
プライベートな領域 ” を
象徴しているのかもしれない。

つまり、彼女は、
何か秘密を抱えている。

*

この時点で、筆者は、
次のように考えました。

もし、そうなら、
彼女が心の扉を開かなければ、
セッションを先に進めることが
困難になるかもしれない。

また、状況によっては、
彼女に負担をかけないためにも
セッションを途中で閉じなけ
ればならない。

全ては、彼女の意思が
” 鍵 ” になるだろうと。

広告

離脱

筆者は、もし彼女が、
何らかの事情を抱えている
とすれば、やはり、夢に
登場している恋人との関係
についてだろうと推測しました。

そこで、次のような
質問をしました。

” 映画を見た当日、恋人と
会って話されたりしましたか? ”

彼女は、答えます。

” いえ、その日は会ってないです。
電話もしませんでした ”

” あちらから、電話、もしくは、
メッセージが届くことも無かった
ということでいいですね?”

” あー、 いや、一度、
かかってきたんですが、
その時は居留守をして・・・・”

” 何か、電話に出られない状況
だったのでしょうか?”

*

筆者が、その質問をすると、
彼女からの返信がピタリと止まって
しまったのです。

( ああ、地雷を踏んでしまったかな・・
このセッションは終わりかもしれない )

筆者は、そう思いました。

それから、しばらくして、
返信が届きます。

” 少し、考える時間を頂けますか? ”

筆者は、気が進まなければ、
途中、セッションを離脱する
ことも自由だし、
無理に続ける必要もないと伝え、
彼女の考えがまとまるのを
待つことにしました。

*

それから、二日経ち、彼女から
何の音沙汰も無かったので、
キャンセル案件として処理しようと
思っていたその日、
一通のメールが届きます。

そこには、彼女から、
時間が空いてしまったことの謝罪と
セッションを続けることは、まだ
可能かどうかを確認する内容が
ありました。

セッションは
再開されることになりました。

” 具体的な部分は、無理に
話さなくてもよいですから・・ ”

” 気を使わせてすみません。
大丈夫です。正直に話します ”

彼女の説明では、その時期、
現在交際中の恋人とは別に、
とある男性からのアプローチを
受けていたそうです。

その男性とは、仕事上の
付き合いから、一度、
一緒に食事をしたことがあり、
その時に、とても
フィーリングが合うと感じた。

彼女の心は、
揺れ動いていたのです。

*

そして、当日、彼女は、
予定時刻にかかってくる
男性からの電話を待っていたところ、
タイミング悪く、恋人からの
電話があり、慌てて居留守を使った。

” それで、男性から電話は
かかってきたのですか? ”

” はい、プライベートで
食事に誘われたんですが・・
断りました ”

” 恋人がいることを話しましたか? ”

” いえ、話せませんでした。
今後、機会があれば、ちゃんと
伝えようと思います ”

*

筆者は、彼女が当日見たという
” ザ・ビーチ ” の内容を思いかえし、
彼女の潜在意識が、なぜ、
この映画を夢に取り込んだのかが
理解できました。

映画の中では、主人公のリチャード、
そして、フランソワーズ、
その恋人のエティエンヌの
三角関係が描かれている。

彼女は、言います。

” 電話の後に映画を見て、丁度、
自分の状況と似ている設定だったので
三人がどうなるのか、ハラハラ
しながら見ていました ”

*

では、今回の夢の内容について
振り返ってみましょう。

彼女は砂浜から、沖に浮かぶ
恋人に向かって叫んでいる。

サメが近づいていることを
伝えようとしているが、
恋人はそれに気づかない。

このシチュエーションは、
まさに、彼女の揺れ動く心が
描かれています。

今の恋人の存在が、
新しい出会いを阻んでいる。

故に、その存在をサメに襲わせて
消し去ろうとしている。

しかし、その一方で恋人を
助けるために必死で叫ぶ彼女もいる。

” ダメ、留まりなさい! ”

彼女の自制心が叫んでいるのです。
恋人ではなく、サメに向かって。

この夢におけるサメは、
彼女の ” 暴走した願望 ” を
象徴しています。

広告

一つの矛盾

筆者は、この時点で、
解釈に一つの矛盾がある
ことに気づきます。

彼女が置かれている状況を
映画の配役に当てはめるとすれば、
彼女はフランソワーズ、
そして、エティエンヌは、
交際中の恋人、リチャードは、
彼女の前に現れた新しい男性
ということになります。

映画の中では、サメに
襲われるのはリチャード。

しかし、夢の中では、
交際中の恋人が、そこに
配役されている。

普通に考えれば、この場面の
リチャード役には、新しい
男性が割り当てられるはずです。

潜在意識が都合に合わせて、
配役を入れ替えた・・・?

*

” サーフボードにつかまっていたのは、
確かに恋人でしたか? ”

筆者の質問に
彼女は次のように答えます。

” 実は、夢の内容について、一つ、
言ってないことがありまして・・

夢の中のサーフボードは、多分、
新しい男性のものだと思います。
前回、一緒に食事をした時に、
趣味のサーフィンの話を
してくれたんです。スマホで
動画を見ました ”

” なるほど、だから、
サーフボードが出てきたんですね。
映画のシーンには無かったので ”

” 夢の中では、砂浜から遠かったので
はっきりとはしないんですが、
最初、海に浮んでいるのはその男性で、
途中から今の恋人に入れ替わったというか・・ ”

” それは、サメの背びれを発見する
前でしたか?それとも、後? ”

” ・・すぐ後でした ”

*

彼女は、この時点で、夢の意味に
気づいたようでした。そして、
次のように筆者に尋ねました。

” 私は、今の恋人を
葬りたいのでしょうか?
新しい男性と一緒になるために・・ ”

筆者は、次のように答えます。

” 映画の中では、リチャードは
襲われた時、ダイバーナイフを
サメに突き刺して生還している。

あなたは映画を見ていますから、
潜在意識は、あえて生還することが
約束された最初のシーンを夢に
取り入れたのではないでしょうか。

いずれにしても、あなたは、
今の恋人を裏切ることが出来ない。
この夢は、そういう前提で
作られている ”

彼女は、最後に言いました。

” 確かに、そうかもしれません。
私は願望はあるけどフランソワーズ
のように大胆にはなれない・・ ”

広告

” 影響 ” という言葉の曖昧さ

巷では、映画やドラマ、
ゲームの影響が論じられることが、
しばしばあります。

海外で未成年の銃犯罪の
ニュースが流れると、
よく次のような意見が出る。

” 未成年犯罪の増加は過激な
ゲームに影響された結果だ ”

ただ、” 影響 ” とは、よくよく
考えてみると、とても曖昧な
単語です。

そのゲームが、
どういった経緯を経て、
犯罪行為に結び付いたのか、
その心理的プロセスについては
誰も語らない。

それこそが、その犯罪の
コアな部分だと思うのですが・・

*

夢に映画やドラマの1シーンが
使われたとしたら、そこには、
何らかの意図があるのです。

潜在意識が、必要としなければ、
ホラー映画を何本見ようと、
悪夢を見ることはないし、
バラエティ番組ばかりを
見ていたとしても、その時、
悪夢が必要ならそれは作られる。

そこには、” 影響 ” という
安易な単語で片づけられない
緻密な思惑があるのです。

今回の夢で言うなら、潜在意識が
映画の舞台となった ” 禁断の島 ”
に似たシチュエーションを採用
したのは、誰にも知られたくない
彼女の心の内を描くためです。

潜在意識は、彼女と
新しく出会った男性二人だけの
ロケーションを用意し、その場所で
今の恋人を葬り去ろうとした。

まさに、そこで起こる出来事の
全ては、” 秘め事 ” なのです。

*

もし、新しい男性との出会いが
無かったら・・

もし、彼女の心が、新しい出会いに
1mmも動かなかったら・・

その日見た映画は、
夢になることは無かったでしょう。
 

関連記事 : テレビを見ている夢|画面の向こうに入り込む

広告

この記事をシェアする