夢に関心を持ってはいけない人|心の病気と夢

なぜ、今朝見た夢の意味を調べようと
思ったのでしょう?

それは、単なる ” 夢 ” です。

夢に特に意味など無い・・
そう思って忘れてしまえばいいのです。

大勢の人は、
夢について深く追求することもなく、
いつもどおりの日常を送っています。

忘れてしまったからといって、
支障など起こらない。

何も。

広告

小さな棘

人が眠っている時に見た ” 夢 ” に
関心を持つとしたら、
それはどういった時か?

もし、仕事が上手くいっており、
目標に向かって着実に前進している時、
充実感のある日常を送っている時、
その人は、今朝見た夢の意味に
関心を持つでしょうか?

おそらく、目覚めて10分も経てば、
忘れてしまうでしょう。

それよりも、今日一日を充実感
のあるものにすることの方が
その人にとっては重要です。

しかし、心に迷いや不安が生じた時、
人は答えを求めて神秘的な夢の世界に
関心を持つ。

それは、ある意味 ” 心の隙 ” です。

隙があることは問題ではない。
完璧なメンタルを持っている人はいないから。

問題なのは、
その隙間が大き過ぎた場合です。

*

メンタルが落ち込み過ぎて、
もはや自身で立ち直ることが難しい状況
になった時、例えば鬱といったような。

その人が精神的に不安定な状態ならば、
ちょっとした体の不調で
大病を患っているかもしれないと危惧したり、
誰かの言った何気ない一言に深く傷ついたり、
何かが頭から離れなくて眠れなくなったりする。

心がガラスのように脆くなっている。

健全な心なら跳ね返すことが出来た
小さな棘の一刺しが
致命傷になりかねないのです。

そこに来て、ある夜、意味深げな夢を見る。

夢の内容が何であれ、
メンタルがボロボロの状態の人にとっては、
それは、左右対称の模様が描かれた
ロールシャッハテストの絵と同じです。

見たいものが見える。

絶望しているなら模様は地獄の炎に見え、
悲しみの海に漂っているならば、
それは口を開けたサメに見えるでしょう。

夢とは幻影です。答えは無い。

幻影の中に何を見るのかは本人に
委ねられており、
それを誰かが正すことは出来ない。

そう見えてしまったものを
やり直すことは出来ないのです。

*

筆者が伝えたいのは、
心が不安定な状態で夢と向き合った時に
それが ” 棘 ” になりうるということです。

本来は形無き幻影であったとしても
本人がそう認識すれば、
それは、紛れも無く ” 棘 ” です。

これは、不幸な境遇に置かれた人が
怪しげな霊感商法に引っ掛かってしまう
状態に似ています。

救いを求めるがあまり、
不確実なものに手を伸ばしてしまう。

普通ならば、そのような話を
信じ込んだりはしないでしょう。

しかし、心の状態が普通ではなかった場合、
売りつけられた水晶玉の中に光の屈折を
見つける。

それが、死の予兆に見えた・・

ただ、それは水晶ではなくガラス、
本当は、そこには何も映っていない。

心で求めている虚像が
そこに映っているように見えただけです。

無論、死を求めたわけではありません。

心配事が実現するかどうかの
” 確証 ” を求めていただけです。

備えるために。

広告

” 前向きな気持ち ” というリスク

とある依頼者からメールを頂きました。
夢の意味について教えてほしいと。

何度かメールのやり取りをしている中で
彼女が今、鬱を患っており、
治療中だということが分かりました。

夢の内容は複雑なストーリーで
容易に読み解けるようなものではなく、
もしかしたら彼女の心の傷に
メスを入れなければならないかもしれない。

それが依頼者にとって、
大きな負担になる可能性があった。

筆者は依頼を受けられない理由を説明し、
信頼できるドクターの元で
治療に専念すべきだと伝えました。

自分の要望が通らなかったことに
不満だったのか、その後、
彼女からの返信はありませんでした。

彼女の抱えているものは大きく、
筆者が口を差し挟めるような
事案ではなかった。

筆者に出来るのは、彼女が、いつか
元気になって社会に復帰できることを
願うことだけでした。

*

もし、あなたの心が今ボロボロだと言うなら、
夢と向き合う時期では無いかもしれません。

灰色の世界から抜け出すために
無理に ” 答え ” を求めるべきではない。

無理に求めれば、
何かしらそれらしきものが見つかる。

ゆえに、厄介なのです。

どんな答えであろうと取り出せてしまう
という夢の性質が、本来、必要の無かった
別の苦しみを作り出してしまう。

心の底で恐れていることが
夢という形となって現れ、それが、
あなたに新たなインスピレーションを与える。

悪い意味の。

それが、より不安を煽る結果へと
あなたを導く。

*

自力で起き上がろうという意思は、
最終的には必要なのです。

ただ、その気持ちが強すぎるがゆえ、
休息を必要としている自身の心を
追い詰めてしまうこともある。

” こんな状態いつまでも続けていられない。
早く復帰しなければ・・早く、早く・・”

この焦りを ” 前向きな気持ち ” と
捉えることも出来ますが、それは・・

今、思うことではないのかもしれません。

そして、何よりも危険なのは、
その高まった前向きな気持ちが
思わぬ障害によって挫かれてしまった時、
その落差から ” 虚しさ ” だけが
残るということ。

それは、海溝のごとく果てしなく深い。

トリエステの挑戦

状況は常に変化しています。

今日、毒だと言われたものが、
明日、薬になることもある。

一般世間から薬だと言われていることが、
今のあなたには毒になる場合もあります。

無論、その逆も。

それを素人の私たちが見極めるのは
とても難しい。

だから、医師やその道の専門家がいるのです。
社会のインフラがあるのです。

夢は、あなたを治療出来ない。

答えを提示することもありません。

ただ、元気になるために
前を向いて歩くあなたを支えるだけです。

*

北西マリアナ諸島の東に世界で最も深いと
言われているマリアナ海溝があります。

その深さは、水面下10,911m

イタリア製の有人深海探査艇「トリエステ」は
1960年1月23日、二人の探検家を乗せて
マリアナ海溝の最深部に挑戦します。

海底に辿り着く途中、途轍もない水圧に
耐える船内で聞こえた衝撃音に
当時、28歳のアメリカ海軍大尉だった
ドン・ウォルシュは恐怖を感じたと言います。

しかし、問題は見つからず潜航を続行。

やがて、4時間48分かけて最深部へと到達。
トリエステ号は地球上で最も深い海底に達した
最初の探査艇となった。

丸窓から外をのぞいた二人は
海溝の最深部で海の生物が
普通に生息していることに驚いたそうです。

それまで生物は生存できないと
思われていたのです。

そこは、無の世界ではなかった。

*

” 自分は大丈夫だろう ” と思っていても、
何かの拍子に深く暗い溝に落ちてしまう
ことは誰にでも起こるのです。

それは、
” あの人は元々メンタルが弱かったから ”
という安易な言葉で片づけることは出来ない。

むしろ、ありえないほどの水圧に
耐えながら深海でも生き続けている
海洋生物よりも、何事もなく
平穏な日常を送れている私たちの方が
脆弱なのかもしれません。

” 強さ ” とは何か?

勝負に勝つことが強さなのでしょうか?

心を病んでしまったことは、
本当に ” 弱さ ” なのでしょうか?

普通の人には何でもないことを
踏み出すことが出来なかった人の
踏み出した一歩は、
本当に ” 一歩 ” なのでしょうか?

その曖昧な基準を使って、
私たちは何を評価するのでしょう?

 

関連記事 : 気分が落ち込んだ時の対処法|心の疲労感と思考力

広告

この記事をシェアする