なぜ、このタイミングで夢を見たのか?|夢が作られた ” きっかけ “

人が夢を見るのは、どういった時でしょう?

例えば、今日、
あなたが何かに追われる夢を見たとして、
なぜ、今日なのでしょう?

一週間前でも一週間後でもなく、
昨日でも明日でもない。

なぜ、今日というタイミングで
得体の知れない存在に
追いかけられなければならなかったのか?

*

一見すると、夢は支離滅裂で
日常とは何の関りも無いようにも思える。

なので、依頼者に
” 今回の夢を見たきっかけになるような
出来事に心当たりは? ” と尋ねると、
大抵は次のような回答が返ってきます。

” 全く、心当たりが無いです ”

仕方がありません。その時点では
夢の意味を知る由もありませんし、
そもそも潜在意識は事実を隠蔽するため、
それは日常とかけ離れた設定となる。

今回は、夢を見た ” きっかけ ” について
見ていきましょう。

広告

紛れ込んだ棘

夢を見るきっかけ、 別の言い方をすれば
” トリガー ” ですが、これは
夢解釈において重要な要素の一つです。

それを現在や過去の出来事から見つけることが
出来ない場合もありますが、
トリガーは何らかの形で必ず存在します。

日常において、それほどインパクトの無い
出来事であってもトリガーになる場合もありますし、
状況によっては、昨日見た夢がトリガーとなり、
今日の夢になるというケースもあります。

重要なのは出来事の大きさではなく、
それが心理的にどういったストレスを
与えるか、どうかです。

例えば、小さな棘であったとしても、
靴下に紛れ込んだそれは歩く度にチクチクとして、
気になって仕方がないというような。

心の問題は目で見て確認出来るわけではないので
日常生活の中で無視されがちですが、
実際は少しずつ血を流しながら、
私たちの心のバランスを崩していく。

トリガーとは、いつの間にか
心に刺さってしまった棘のように、
見過ごしてしまいそうな小さな刺激である
可能性も頭の隅に入れておきましょう。

*

次は、とある女性が見た夢の一例です。

二階の自分の部屋から窓を眺めている。
 
外の景色が列車の車窓のように動きだす。
 
家は崖に向かってゆっくりと移動している。

” つまり、あなたの家自体が、
動いていたということですか? ”

” 始めは、外の景色がゆっくりと横に
移動していくことに気づいて、
あれ? と思って・・・
窓から顔を出すと、景色じゃなくて
自宅の方が動いているということに気づきまして・・”

” 家が宙に浮いていたということですか?
もしくは、レールの上とか・・ ”

” 分かりません。宙に浮いていたんでしょうか?
レールのようなものは無かったと思います ”

” 家は崖に向かっていたとありますが、
それは、どういった・・・? ”

” 巨大な窪みというか、クレーターというか、
それがなぜか住宅地の中にありまして、
このまま行くと落ちてしまう!と思いました ”

” 結果、落ちてはいないんですね? ”

” ええ、途中で目覚めたので。
それに、まだ距離があったように思います ”

*

もちろん、彼女はこの夢を見たきっかけに
全く心当たりがありませんでした。

そもそも、家が動くという非現実的な設定ですから、
日常とは全く無関係に思えるでしょう。

一体、この夢は何を意味しているのか?

住宅地の中のクレーター

世界でコロナが猛威を振るっている時期ですから、
気軽に外出することが出来ないということで
家そのものを動かして、行きたい場所へ移動している
という解釈も可能です。

要するに、自粛期間のストレスという線。

ただ、家が動いている方向には繁華街や観光地が
あるわけではなく、巨大なクレーターがあり、
そのまま行けば転落するという状況が、
筆者には腑に落ちませんでした。

” 気軽に外出できないことに
ストレスを感じるといったことは? ”

” 確かに、今はあまり外出してません。
元々、家にいることが多いので、
自粛と言われても、あまり苦痛を感じないですね ”

インドア派である彼女に、家を動かしてまで
遠くに行きたいという強い欲求があるようには
見えませんでした。

*

” ところで、巨大なクレーターが
住宅地に出現したとしたら大惨事ですよね。
周辺の状況は覚えていますか? ”

” そうですね・・ 
落ちていく家もいくつかあったと思います ”

” つまり、あなたの自宅以外にも、
動いている建物があったということですか? ”

” ええ、隣の家も動いているようでした・・ ”

” それは、住宅地全体が移動している
ということでは? ”

” いいえ、大半が動いてませんが、
その中に、ポツポツと動いている家がある
という感じですかね・・ ”

*

この時点で、筆者は、彼女の潜在意識が、
住宅地の全てがクレーターに飲み込まれる
というストーリーを描こうとしているのではないか
と推測しました。

しかし、なぜ、全部ではなく、
一部の建物だけが動いているのか、
その理由が分かりませんでした。

” 自宅は自発的に動いているという感じでしたか?
それとも、クレーターに引き寄せられている
といった感じすか? ”

” ああ・・ そう言えば、そうですね。
動いていたんじゃなくて、引っ張られてたのかも・・ ”

” クレーターの大きさは、具体的にはどれぐらい? ”

” ・・・かなり大きな窪みに見えました。
直径100mぐらいかな・・・すみません。
全体像を見ていないので曖昧です。
最初は、何があるか分からなかったんです ”

” どういうことですか? ”

” 二階の窓から顔を出して、家が動いると思って・・
それから、遠くの住宅の間に何か見えて・・・
何だろうと思っていました。 50mぐらい
近づいたところで大きな穴があると気づいて、
慌てて家を出ようと・・そこで目覚めました ”

広告

間接的影響

” 家が動いているとき、ご家族などは? ”

” 家にいたのは私だけだったと思います ”

” 一人暮らしということですか? ”

” いえ、今は両親と三人で暮らしています。
先月までは、一人暮らしだったんですが・・ ”

” そうですか・・なぜ、ご実家に戻られたか
お尋ねしてもよろしいですか? ”

” ああ・・ ちょっと仕事で色々とあり、
お給料が減ってしまったので・・ ”

” コロナの影響ですか? ”

” 出勤日数や残業が減ったのは、
私的には楽になったのですが、やはり、
生活費の方がキツくなってしまって・・・ ”

コロナ禍によって、彼女は、
これまでどおりの生活を続けることが
難しくなったと言います。

” すぐ近くにある実家の母に電話したら、
一つ返事で「戻っておいで」と言われ、
今はご飯も作ってもらえるし、凄く助かっています。
でも、両親も稼ぎが良いわけではないので、
あまり、頼るのも良くないなと・・”

*

筆者は話を聞きながら、
彼女の今置かれている窮状と今回の夢に
何か関係があるのかもしれないと思いました。

” ところで、夢の中では、
お隣の家も動いていたということですが、
あなたの家とお隣に思い当たる共通点などは
ありませんか? 例えば、家族構成とか ”

” 共通点ですか・・そうですね・・”

彼女いわく、隣には老夫婦が住んでおり、
定年後も働きながら二人で身を寄せ合って
暮らしているということで、自分の両親の
少し先の未来の姿のようにも見えると言います。

*

” 駐車スペースを借りてるんです ”

” 何の話でしょうか? ”

” 実家には、車二台分しかスペースが無くて、
私が戻ってきた時、車を止める場所が無かったので、
お隣の空きスペースに置かせてもらってるんです ”

” それは、現実の話ですよね? ”

” ええ、お爺さんも快く承諾してくれて、
ずっと使ってもいいよと言ってくれるので ”

” いい人ですね ”

” はい、私も迷惑をかけてはいけないと思って、
有料の駐車場を探したりもしたのですが・・
今の現状、甘えてしまっているという状態です ”

” 夢の中では、お隣の老夫婦は
ご在宅だったのでしょうか? ”

” ああ、そうだ・・私、家が動いているので、
お隣の様子を見に行こうと思って・・
・・・そう言えば ”

” 何か、思い出されました? ”

” 夢を見る晩、
アプリでシュミレーションしていたんです ”

” シュミレーション? ”

” 有料駐車場を借りたら、
生活費にどれぐらい影響が出るか ”

” なるほど、お金の計算ですね ”

彼女は、就寝前、布団に入ってスマホを開き、
家計簿アプリを使って予め入力しておいた
収支のデータを見直していたと言います。

削れそうなもの、必要なものをあれこれと
考えているうちに頭が痛くなってしまった。

*

” ところで、就寝前にスマホを見るというのは、
いつもの習慣ですか? ”

” ええ、大抵は、動画を見たり、ゲームをしたり、
その晩はアプリでしたが・・ ”

ナイトルーティン

就寝前にいつものように開かれたスマホ画面。

入力された数字を眺めながら、
あれこれ考えてみたが、余裕の無い現状を
打破できるような秘策は見つからなかった。

彼女が抱えている経済的な問題が発端となり、
今回の夢が作られた。

彼女いわく、実家に戻った時から、
ずっと不安に感じていたと言います。

これからの先行きについて。

” コロナが終息すれば、今の厳しい状況から
抜け出られると思いたいですが・・ ”

” それ以外にも、
不安要素があるということですか? ”

” ええ、以前から、その日その日を
生活するのがやっとで、
将来の夢も何も無いと言いますか・・・
両親も年老いていきますし、私も一人っ子なので・・ ”

*

建物を飲み込んでいく巨大なクレーターは、
” 貧困 ” の象徴。

経済力の無い世帯が順番に、一つ、また一つ、
ゆっくりではあるが、ズルズルと引きずりこまれ、
” 貧困 ” へと、落ちていく。

彼女の ” 貧困 ” へのイメージが、住宅地に
巨大なクレーターとして出現したのです。

今回の夢が作られるきっかけとなった
アプリによる家計のシュミレーション。

それは、彼女にとって、
いつもの生活習慣の断片に過ぎませんが、
見過ごしてしまいそうなその日常事が ” 小さな棘 ” となり、
知らず知らずのうちに彼女の中で鬱積し、
生活環境の変化によって膨張していった
” 将来への不安 ” を一刺しした。

日常のちょっとした出来事だけでも、
それが大掛かりな夢が作られるトリガー
となることは、十分考えられるのです。

スマホに届いた一行のメッセージ、
帰宅時間に見かけた通りすがりの光景、
テレビドラマの一場面、
どこかで聴いたJ-POPの歌詞の一節、
冷蔵庫で丁度切らした食料品、
ネットサーフィンで見た広告、ゴミ出しの日・・

一日の終わりには、忘れていそうな数々の雑事。

それが、心の中の ” 何か ” を
刺激するのであれば。

シェア

もし、夢を見たきっかけに思い当たる節が無いとしたら、
何かを見過ごしているのかもしれません。

小さな出来事にも目を向けてみましょう。

ただ、トリガーが存在しない夢というのもあります。

それは、現在や過去ではなく、
今後、起こるであろう出来事に起因するケース。

ただし、きっかけが見当たらなければ、
未来を予知していると
安易に結論づけるべきではありません。

まずは、夢が何を伝えようとしているのか、
それをしっかりと見定める作業が大切です。

*

現代社会で生きる誰もが、
常に何らかの ” 不安 ” を抱えています。

でも、いつも抱えているものですから、
それが ” 普通 ” になってしまう。

そして、それらが心の負荷になっていることに
気づかないまま、長い間やり過ごし続ける。

” 現実とは、元々、こういうものだ ”
と割り切ったふりをしながら。

切り詰めた生活を続けていると、夢を持つこと、
将来について計画を立てることが無意味に思えて、
考えなくなっていく。

こうして、社会に関心を持つことをやめ、
対話することをやめ、
他者に思いやりを持つことやめ、
自身の心の声に耳を傾けることをやめ、
目の前の利益だけを求めるようになる。

そんな時、潜在意識は、
夢を通して私たちに語り掛けるのです。

” それは普通じゃないから。分かってるの? ”

*

彼女の潜在意識は、なぜ、今回の夢を作ったのか?
それは、厳しい現実を描くためでしょうか?

ならば、クレーターなど必要ありません。

単に、彼女の住む家だけを
消し去ればよいのです。

しかし、潜在意識は、住宅地に巨大なそれを配置した。

彼女は理解しています。

これは、” 私 ” の問題ではなく、
” 私たち ” の問題であると。

彼女自身が、多くの人々とそれを共有するために、
誰が見ても分かるように、
住宅地の真ん中に穴を開けたのです。

 

関連記事 : 昨日の出来事が夢になる時|フラッシュバック

広告

この記事をシェアする