理解されたいという感情|長所と短所は幻想かもしれない

人は自分を理解して欲しいと思う一方で、
心を見抜かれることを恐れる。

つまり、” 理解して欲しい ”
という言葉の裏には、
” 都合の悪い部分を除いて ”
という前提がある。

” まるで私のことを理解してくれない ”

と常に不満に思っている子供が、
親に一言、忠告を受ける。

それが図星だったので子供はイラッとする。

それは、忠告をした親が、
我が子をしっかりと理解している証です。

そして、心を言い当てられてしまった
子供にとっては、そっちの方の ” 理解 ” は
求めていなかったというだけです。

広告

” 共感 ” と ” 理解 “

例えば、動物や昆虫の生態を理解するためには、
客観的に観察するわけです。

科学的視点で。

しかし、その対象が人ならば・・

多分、ほとんどの人は、
良い気分ではないでしょう。

人には、美しい部分もあれば
醜い部分もあります。

両方が揃わなければ、
” 人 ” として成立しない。

前向きに生きることは美しい。

しかし、立ちはだかる障害を
取り除くために戦う必要もある。

無論、争うことは醜い。

生と死がそうであるように、
これらは表裏一体です。

*

だから、誰かを理解しようとすれば、
その両方を知る必要がある。

しかし、両方を知ろうとすれば、
それは人の心を傷つける
単なる ” 好奇心 ” でしかない。

なので、正確には、
人は ” 理解 ” を求めているわけではなく、
提示したことに対する ” 共感 ” を
求めているだけです。

” 共感 ” は ” 理解 ” とは、
似ているように見えて丸っきりの別物です。

これを分からないまま、言葉を真に受けて
誰かを理解しようとすれば、結果、
その人を傷付けることになるかもしれません。

だから、人を理解するという行為は、
慎重に進めなければいけない。

広告

表裏一体

ここに、綺麗好きな女性がいます。

部屋はいつも完璧に片付いている。

やがて、結婚して子供が生まれる。

子供が部屋を散らかすようになる。

それが許せない彼女は、
いつもイライラしている。

さて、彼女の ” 綺麗好き ” という性格は、
長所でしょうか? それとも短所でしょうか?

それは、どちらでもよいことです。

環境が変わって、彼女の性格が
裏目に出てしまっているだけなのですから。

彼女に何ら問題は無い。

*

では、冒頭の問いかけに戻ってみましょう。

人は理解を求めながらも、
全てを知られることを恐れる。

本当に理解して欲しいのは、
共感して欲しい部分のみです。

綺麗好きの彼女が知られたくないのは、
どの部分でしょう?

綺麗好きが仇となって
イライラしているところでしょうか?

そして、彼女が一緒に住む家族に
共感して欲しい部分とはどの部分でしょう?

綺麗好きなところでしょうか?

この二つは同じです。

隠しておきたい部分と、
理解して欲しい部分は分けることが出来ない。

表裏一体です。

人から見えているもの

でも、実生活で人は、自分の
隠しておきたい部分とそうでない部分を
使い分けて生きている。

表裏一体ならば、それは不可能のはず。

いえ、誰も使い分けてはいません。

それを隠せていると思っていても、
人は、すでに見抜いている。

あなたがどうしようもなく優柔不断だったとしても、
人には ” 優しすぎる心 ” が見えている。

あなたが自分の笑顔が嫌いだったとしても、
周りにはその笑顔が魅力に見えている。

あなたが自分のことを真面目過ぎて
つまらない人間だと思っていても、
人は、そこに ” 誠実さ ” を見ているのです。

人前で見せる ” あなた ” から、
人は多くのことを見抜いている。

良い意味でも、悪い意味でも。

逆に、あなたが見て欲しくて頑張っても、
人には見えてないこともある。

例えば、仕事でなかなか評価しない上司や、
髪型を変えても気づかない恋人のように。

つまり、あなたが見せたい部分と、
人が実際に見ている部分は
違っているかもしれない。

見せたくない部分と人が見ていない部分は
ズレているかもしれません。

*

筆者は、こう思います。

自身の短所や長所に拘り過ぎるべきではないと。

あなたが隠しておきたいと思っている
自身の短所は、周りの人にとって、
本当に短所として認識されているのでしょうか?

セルフプロデュースのために費やした時間と
エネルギーが全て自分の利益になっている
かと言えば、正直、分かりません。

実は、隠さなくていい長所を
隠してしまっている可能性もある。

人が、あなたと同じものを見ているとは
限らない。

コンプレックスに対する苦しみは、
実は自分だけにしか見えていない
” 幻想 ” なのかもしれません。

だから、苦しんで何かを変える必要もなく、
苦しんで同じ場所に留まり続ける必要もない。

まさに、” ありのまま ” で
いいんじゃないでしょうか。

 

関連記事 : 思いやりの形|価値観のズレを感じるとき

広告

この記事をシェアする