夢の中の ” デジタル画像 “|スマホで写真を見る夢

撮影したデジタル画像を
スマホで見ているという夢。

それを指先で拡大したり、
スワイプしながら、
何かを探していたり、
もしくは、アプリを使って
画像を加工しているという
夢もあるかもしれません。

スマホやタブレットなど、
それが、最新の端末機器
であっても、それを
日常的に使用するなら、
夢の中に登場するのは、
必然です。

*

以前は、フィルム式のカメラ
で撮影したものを現像した
” 写真 ” がありました。

一枚しかないそれを、
アルバムに張り付けて、
大切に保管していたのです。

しかし、現代では、誰もが、
手軽に撮影することが出来て、
いつでも手元のスマホで
見ることが出来る。

そして、簡単に複製することも、
削除することも、デジタル処理
で加工することも可能です。

また、デジタル画像は
自分だけの思い出として
撮影された単なる
個人の記録に留まらず、

SNSで公開し、多くの
” いいね ” を獲得するための、
言わば、コンテンツのような
役割すら与えられています。

*

つまり、現代人にとって
” 写真 ” という概念が、
多様化しているのです。

そして、その変化は、無論、
夢にも影響を与えている。

その解釈も
多様化しているのです。

広告

スマホ操作の手違い

次は、とある女性の見た
夢の一例です。

スマホで撮った写真を
見ている。
 
指で弾いて、
画面を切り替えていく。
 
なぜか、どの写真も
自室の締め切られた
カーテンが写っている。
 
” なぜ、同じ写真
ばっかりなんだろう? ”
 
そう思って、削除しようと
するが、操作を誤って
複製してしまう。
 
いつの間にか、ゴミ箱の
ボタンが消えてしまい、
それを探している。

ただ、ひたすら、
スマホを操作している
というシンプルな夢です。

そして、操作を誤り、
無意味な複製データを
削除出来なくなってしまう。

*

さて、人は、
どんな時にスマホで
写真を取るのでしょう?

それは、デジタルデータの
記録に過ぎないので、
気軽に撮ることが出来る。

とりあえず、撮っておいて
必要なければ、後から、
削除してしまえばよいとして、
人によっては、
単なるメモ代わりだったり、
日記のような感覚で、
アーカイブとして撮る人も
いるかもしれません。

*

筆者は、この夢を見た
女性に尋ねたのです。

” スマホで写真を
撮ったりしますか? ”

彼女は、
” ほとんどカメラ機能は
使わない ” と答えます。

” なぜ、写真を
撮らないんですか? ”

筆者が、そう尋ねると、
彼女は、次のように
答えました。

” 過去に興味が無いから ”

そして、こう付け加えます。

” 写真に撮って残したい
と思うようなことは、
自分の周りには無い ” と。

*

筆者は、彼女の ” 写真 ”
に対する無関心さが、
何か夢を解く手掛かり
なのかもしれないと
思いました。

広告

ドライな人

セッションの最中にも
感じたことなのですが、
彼女の人柄は、強いて言うなら、
いわゆる ” ドライな人 ”
という印象でした。

思い出の写真を見て、
感傷に浸ることもなく、
むしろ、そういった過去を
省みる行為を嫌っている
ようにも見えたのです。

*

そんな彼女が、なぜか、
夢の中でスマホ画面で
写真を見ている。

そこには、人でもなく、
風景でもなく、自室の
カーテンという、あまり、
被写体らしくないものが
映っています。

一体、なぜ、このような
夢が作られたのでしょう?

*

筆者は、
次のように考えました。

普段は写真を撮らない
彼女のスマホに、今、
写真が入っているとしたら、
それは、きっと、よほど
注目に値するものだろうと。

潜在意識は、彼女が
普段から写真を撮らない派
だということをあえて、
分かった上で、
” スマホに保存した写真 ”
という演出を夢に
取り入れたのです。

彼女に、
” 何でもない自室のカーテン ”
に注目させるために。

*

もし、夢の中で
単なる部屋の情景として
カーテンが登場しても、
それは、風景の一部として
片づけられてしまう。

いつも肌身離さず持っている
スマホに、入っているはずが
ないものを入れて、彼女に
気づかせようとしているのです。

*

では、潜在意識は、
何を訴えているのでしょう?

広告

ねじ込まれた問題提起

筆者は、彼女に
そこまでの解釈を話し、
次のように尋ねました。

” カーテンについて、何か、
気がかりなことなどは
ありませんか? ”

彼女の話では、自室の
カーテンは、ここ半年以上、
閉め切ったままで、一度も
開けていないということでした。

そして、仕事以外は、
部屋の中で大半を過ごし、
人付き合いもほとんどない
ということを話してくれました。

*

筆者は、彼女の話を聞くうちに
自室のカーテンによって
締め切られた窓が、どことなく
彼女の心の窓と状況が似ている
のではないかと感じました。

彼女が、カーテンを
閉め切っているのは、
自分の心の状態が、
無意識に生活スタイルに
反映された結果なのかも
しれません。

この夢は、潜在意識が、
心の窓を塞いでいる
カーテンを開いて、
光を入れるべきだと
訴えているようにも思えます。

*

彼女は、夢の中で、写真を
削除しようとして、操作を誤り、
逆にコピーしてしまったり、
ごみ箱ボタンが消失して、
探し回っている。

この場面では、彼女の中の
心の葛藤が描かれています。

心を閉じた今の状態を
良くないと認識している
潜在意識が、” 写真 ” という
形でスマホにねじ込んだ
” 問題提起 ” を、

現状維持を望む彼女は、
削除し、無かったことに
しようとしているのです。

しかし、潜在意識が、
それを許してくれない。

広告

one by one

さて、今回の夢における
解釈は、彼女にしか
当てはまりません。

彼女の人柄、抱えていること、
スマホで写真を撮らないという
個人の主義、そういった
その人特有の ” 個性 ” が
この夢を作ったのです。

夢は、それ以外の方法で
作られることは無いのです。

*

考えてみてください。

もし、夢を見た人が、
メモ代わりに写真を撮る
習慣があるならば、

もし、別れた恋人の写真を
削除出来ずに、ずっと
保存したままなら、

もし、膨大な画像データが、
クラウドサービスに
目一杯詰め込まれている
としたら、

もし、その人が、
多くのフォロワーを抱える
インスタグラマーなら、
夢の中の ” 写真 ” は、
どう解釈すればよいの
でしょう?

*

これに、お決まりの答え
など無いのです。

それは、一つ一つ、
その人の個性に合わせて
解釈していくしかない。

写真の夢に限らず、
全ての夢がそうなのです。

*

あなたにとって、
” 写真 ” は、どんな意味を
持っているでしょう?

あなたが、当たり前だと
思っていることは、他人から
見ると、案外、特殊な視点
だったりするものです。

広告

この記事をシェアする