夢の中の ” 元彼 “|それは、本当に未練の表れか?

夢の中に、すでに別れたはずの
元彼、元彼女が登場するという夢。

なぜ、今頃になって
夢に出てきたのか?

それは、元恋人に対する
未練の表れなのでしょうか?

*

自分が、過去の恋人に
未練があるのかどうかは、
大抵は、夢を読み解く以前に、
自覚出来ているものです。

ただ、本人が未練など
無いはずだと思っていても、
それは、登場する。

そこには、一体、どんな
意味があるのでしょう?

*

まずは、夢について、
そして、自分自身について、
よく観察する必要があります。

元恋人が登場したから、
未練の表れと、安易に、
解釈しやすい結論に
結びつけることで、
本当の意味を見落として
しまうこともあるのです。

広告

元彼に与えらえた役割

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

元彼が、勝手に部屋に
上がり込んでテレビを見ている。
 
” ちょっと、
いつまで居るわけ? ”
 
私は、元彼の服を引っ張り、
力尽くで玄関から追い出す。

この夢を見た女性は、以前、
同棲中だった元彼と別れてから、
一年が経過していました。

筆者が、彼女に元彼に対する
未練について尋ねると、
” それは無い ” と即答し、

付け加えて、交際中、
時間を無駄にしてしまった
と言いました。

*

なぜ、今になって
一年も前に別れた元彼が
夢に登場したのでしょう?

まず、最初に理解しておく
べきは、この夢を作ったのは
彼女自身だということです。

つまり、
元恋人を夢に登場させて、
自分の部屋に入れているのも
彼女の演出なのです。

なので、自ら部屋に入れて
おきながら、夢の中で
それを追い出そうとしている
行為が、一見、矛盾している
かのように見えます。

*

しかし、その元彼は、
外から招き入れたわけではなく、
彼女の中に最初から住んでいる
人物なのです。

先ほどは、
” 未練は無い ” と
彼女は答えました。

そう、彼女に未練は無い。

それは、
恐らく、本当でしょう。

では、なぜ、彼女は、
一年も前に別れた元彼を
心の中に住まわせて
いるのでしょう?

*

夢の中で彼女は、
イラつきながら、
元彼をつまみ出しています。

この夢は、単純に
彼女の苛立ち、怒りが
描かれています。

そして、その矛先は、
元彼ということになっている。

*

もう何とも思っていない
元彼に対して、彼女は、
怒りをぶつける必要が
あったのです。

彼女が怒っているのは、
裏切られたことでもなく、
元彼が自分を理解してくれ
なかったことでもありません。

貴重な時間をどうでもよい
男に費やしてしまった
ことに怒っているのです。

*

そして、彼女は、
元彼を心の中で
飼っておく必要があった。

時間を失った原因が、
元彼でなければならない。

決して、
早くに別れなかった自分の
決断力の無さが原因で
あってはならないのです。

*

彼女は、夢の中で、
苛立ちの原因を部屋から
追い出すことで、怒りを
鎮めようとしている。

” 原因は、無くなった。
これでスッキリするはず ”

元彼は、時間を奪った
元凶としての象徴的役割を
与えらえています。

広告

心に住み続ける影

話を聞いているうちに、
彼女の置かれた今の状況が
段々と分かってきました。

彼女は、現在、恋活を
しているということで、
なかなか、良い出会いに
恵まれず、停滞期に入って
いるということでした。

彼女の中に蓄積した
今の現状への不満が、
今回の夢に繋がっている
ようにも見えます。

*

” あの男と付き合って
なかったら、もっと
別の出会いがあったかも
しれない ”

心のどこかで、出会いの
機会を奪われたことを
誰かのせいにしたかった
のかもしれません。

元彼は、怒りの的にするには、
丁度良い人物だった。

彼に対する未練など
ありませんから、
そのことに、何ら、
躊躇いは無い。

*

いずれにせよ、彼女は、
彼に対する未練は無いものの、
結局、時間を失った損失感
という別の思いに囚われて
しまっている。

彼女にこの解釈を話すと、
次のように言いました。

” 次は、絶対、元彼とは
違うタイプの人がいいと
思っているが、結局は、
元彼が恋人選びの基準に
なっている ”

彼女は、まだ、自分が、
元彼の影響下にいることを
自覚していたのです。

*

彼女の言葉を聞いて、
筆者は、この夢に別の
側面があることに気づきます。

つまり、彼女は、
夢の中で彼を追い出すことで、
本当の意味で自立しようと
しているのではないかと。

” いつまで居るわけ? ”

というセリフの意味は、
” いつまで、
元彼に拘っているわけ? ”
という自分自身に
向けられたものだった
のかもしれません。

*

夢の内容では、結果、
彼を追い出すことに
成功しています。

囚われた思いから
解放される時期が近いという
暗示と読むことも出来ます。

広告

過ぎ去った過去は戻らない

さて、夢の中に元恋人が
登場した場合、まず注目
したいのは、二人の関係です。

例えば、今回のケースのように
未練とは別の意味で感情的な
わだかまりが残ることも
ありますし、

別れ方によっては、
様々なわだかまりが
生まれることでしょう。

例えば、仕事の都合上、
遠距離恋愛となり、結局、
続かなかったとか、

浮気発覚で突然終わる
恋愛もあります。

それぞれにストーリーがある。

*

夢を解釈する場合、
それら個々の事情に焦点を
当てていく必要があります。

そして、夢は、大抵、
現在のあなたに必要だから
作られるのです。

今回のケースでは、
良い出会いに恵まれない
女性の思いが夢に
なったわけです。

なので、現在、自分が
どういった状況に置かれて
いるのか、
そういったことをよく
観察していくことで、
ヒントが得られることも
あります。

*

過去の人物が登場したから
といって、過去に意味が
隠されているというわけでは
ありません。

潜在意識は、過ぎ去った過去を
振り返って、夢を作ったりは
しないのです。

過ぎたことは、戻らない。

潜在意識は、
それを知っています。

そして、大切なのは、
” 今、何をすべきか ”
ということも、知っているのです。

広告

この記事をシェアする