夢の中の ” 噂話 “|ヒソヒソ話している夢

夢の中でヒソヒソと小声で
何かを話している。

自分が話ていることもあれば、
誰かが話しているのを近くで
耳を立てて聞いている
という場合もあります。

現実世界では、誰かが
小声で話していたところで、
大抵は、自分とは無関係の
話題でしょう。

しかし、夢の中では、
赤の他人が話しているその会話は、
全て自分に関係することなのです。

ゆえに、会話を盗み聞きしながら、
どこか身に覚えのある話題
だったりする。

なぜなら、
全てのシチュエーションは、
夢を見ている本人によって
仕組まれたものだらです。

広告

人には言えない話

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

教室のような部屋にいる。
 
少し離れた席で、女性二人が
ヒソヒソと話をしている。
 
聞きたくない内容だったので
耳を塞いだが、なぜか二人は、
自分の隣に席を移動してきて
噂話を続ける。

こういったヒソヒソ話を
黙って聞いているといった
シチュエーションの夢は、
やはり、会話の内容が
何であったかという点が
気になります。

” 女性二人の会話は、
どういった内容でしたか? ”

筆者が尋ねると、彼女は
自分が抱えている身体的な
コンプレックスに関する内容だった
と言います。

そして、その具体的内容は、
生々しい表現になるので
話したくないということでした。

ただ、二人の会話は自分のに対する
噂ではなく、全く無関係な話題
だったそうです。

それが、なぜか自分にも
身に覚えのある話だったので
不快に感じた。

*

人に言えない秘密や
コンプレックスが夢になることは、
ごく自然なことです。

それが口に出して言うのも憚られる
生々しい告白であるほど、心の中では、
その思いが抑えつけられている。

そういった思いほど心の叫びとなり、
夢になりやすい。

会話の内容がどういったものかは
分かりませんが、今回の夢は、
彼女の抱えているコンプレックス
と深く関わっていることだけは
確かなようです。

広告

舞台に教室を選んだ理由

さて、夢の舞台は、教室という
ことになっています。

と言っても、彼女は学生ではなく、
社会人なので、なぜ、あえて
教室を選んでいるのかという点も
何らかの意味がありそうです。

” それは、学校の教室
ということですか? ”

彼女の説明では、
そこは学校と言うよりは、講義か
研修のための教室といった感じで、
自分はそこに参加しているという
認識だったと言います。

そこで、授業が始まるのを
座って待っていた。

彼女の潜在意識は、なぜ、
舞台を ” 教室 ” に設定したのか?

*

つまり、その設定でなければ、
そこに留まる理由が無くなって
しまうからです。

この夢は、最初から不快な噂話を
聞くために作られている。

不快だからといって、彼女が
どこかに去ってしまわないように、
あえて、その場に留まるための
口実を与えているのです。

” あの噂は、私のじゃない。
本当は聞きたくないが、
もうすぐ授業が始まるから
ここにいるしかない・・ ”

*

つまり、彼女は、女性二人の
無関係の噂話をどうしても
聞かなければならなかった。

なぜなら、その噂は、本当は
自分に対するものだから。

心の葛藤、もう一人の声

夢の中で、二人の女性は、
彼女ではなく、赤の他人に
対する噂話をしています。

これは、シンプルな
カモフラージュです。

彼女は、夢の中で自身の
コンプレックスについて
何か気がかりがあり、それと
向き合わなければならなかった。

しかし、直接、向き合うには
抵抗があったので、あえて、
自分には無関係の噂話
ということにして、間接的に
向き合う状況を作っているのです。

*

しかし、彼女は、途中で
聞きたくない噂に耳を塞ぐ。

すると、どういうわけか、
女性二人が席を移動して、
耳を塞ぐ彼女のすぐ近くで
会話を続行する。

この夢で最も奇妙な場面です。

無論、女性二人を彼女の近くに
再配置したのは、彼女自身に
よる演出なのです。

つまり、
彼女の中のもう一人の自分が
こう言っているのです。

” あなたは、この問題から
目を逸らしてはダメ。
ちゃんと最後まで聞きなさい ”

*

自身のコンプレックスを
どうにか解消したいと思いながらも、
それに目を向けることを
ためらってもいる。

この場面に、二つの感情の
板挟みになり、苦しんでいる
彼女の葛藤が描かれています。

広告

ファーストステップ

今回の夢では、向き合わな
ければならない問題を
” 自分とは無関係の噂話 ”
という形に置き換えて、
間接的に向き合おうとして
いる彼女の姿が描かれていました。

夢は、相反する感情のバランス
を取るために、こういった
間接的な方法で問題を克服
しようとすることがあります。

問題から距離を置くために
当事者の立場から一旦、自分を外し、
問題を全く別の形に変えて、
自身の近くに再配置するのです。

これによって、
” 身近な他人事 ” として
自身の問題と向き合うことが出来る。

*

これは、噂話の夢だけに限らず、
それ以外のシチュエーションでも
よく使われる技法です。

例えば、携帯に間違い電話が
かかってきて、突然、
見ず知らずの人間に無関係な話を
されるとか、

通りすがりの人に、
言われのない批判を受ける。

誰かの用事に付き合わされて、
行きたくも無い場所に行くなど。

様々なシチュエーションに
組み込まれる。

*

自身と向き合うことに
抵抗があるうちは、こうした
カモフラージュを使って、
問題と間接的な接触を試みますが、

問題と向き合う心の準備が
出来上がってくると、
他人事ではなく、当事者として
夢のストーリーに参加していく
ようになります。

今回のケースならば、誰かの噂話
ではなく、二人の女性が彼女に
直接話かけるという展開に
なったかもしれません。

そして、いつか、
彼女は鏡の前に立って、これまで
目を背けてきたもう一人の自分と
対決することになるのです。

そういった意味では、
今回の夢は、彼女にとって
コンプレックス克服のための
” ファーストステップ ” と
言えるかもしれません。

*

夢は、観察し続けることで、
様々なことを教えてくれます。

今、自分の心が
どういったレベルで
立ち止まっているのか、

その先に何が待っているのか、

そして、
どういった結末を迎えるのか、

潜在意識は、あなたより
一足先にそれを見ているのです。

 

関連記事 : 責められる夢|夢の中の ” クレーマー “

広告

この記事をシェアする