夢の中の ” 美しい風景 “|心のバロメーター

夢の中で、美しい風景を
見ることがあります。

それは、海や山であったり、
街並みであったり、もしくは、
現実ではありえない幻想的な
風景であったり。

その中で、過ごすひと時が
現実世界の忙しなさや、
嫌な事を夢を見ている間だけ、
忘れさせてくれるのです。

*

夢が作られる目的が ” 癒し ”
というなら、潜在意識は、
常に美しい夢だけを量産して
くれてもよさそうなものですが、
こうした美しい夢は、
そう滅多に見ることが出来ない。

なぜ、潜在意識は、稀にしか、
それを見せてくれないのでしょう?

こうした美しい夢には、何か、
別の意味があるのでしょうか?

広告

心のバランス

次は、筆者自身が見た
夢の一例です。

高台の上によじ登り、
景色を見下ろす。
 
そこには、美しい
丘陵地が広がっている。

特に、これといって
ストーリーの無い夢です。

単に、高い丘に登って、
見下ろすと、のどかで、
なだらかな丘が、延々と
続いているというだけの夢。

筆者は、そこで
” 平穏な時間 ” を独り占め
することが出来たのです。

*

こういった夢を見る場合、
それを見た本人が、現実では、
どういった状況に置かれているのか、
という視点が必要です。

例えば、日頃から
混雑した場所にいたり、
人づきあいに疲れている人
ならば、一人になりたい
ときもあるでしょう。

夢の中にそういった場所を
用意して、心を休めようと
するのは、極自然な心理です。

人は、少なからず、何かしらの
心労を抱えて生きているのが
普通ですから、筆者にも、
心のどこかで、心を休めたい
という気持ちがあったのかも
しれません。

*

ただ、筆者の経験上、
不安や心配事を抱え、
ストレスがかかった状態の心は、
返って美しい風景の夢をあまり、
作らないように思います。

なぜなら、潜在意識は、
美しい風景を作って
間接的に心を癒すよりも、
不安の種に直接メスを入れて、
対処することを選ぶからです。

例えば、明日テストを
控えている受験生が、その夜、
テストを受ける夢を見る。

プレッシャーを緩和したいなら、
海で泳いでいる夢でも見れば
よいのですが、そうならない。

その受験生は、テストについて
考えずにはいられない状態
になっているのです。

彼にとって、最も有効な
プレッシャー緩和の方法は、
すぐにでもテストを受けて
自分の実力を確かめることです。

海で泳ぐよりは、
ずっと効果的でしょう。

*

私たちは、枕元で、
嫌な出来事を思い返したリ
することがありますが、
それは、結局、

” 自分は、どうすべきか
どうすべきだったのか? ”

という心の問いかけに
答えようとしているのです。

それが、答えの無い
問いだったとしても。

そして、” 美しい風景 ” は、
その問いに対する答えには
ならない。

広告

潜在意識に生まれたもの

美しい風景というのは、
現実世界であっても、
やはり、心を癒すものです。

そして、それを目にして
感動出来るならば、
それを受け入れるだけの
” 心のゆとり ” がある
ということです。

人は仕事やプライベートで
問題を抱えているとき、
その問題を解消することに
意識を向けるために、返って、
美しいものを見て心を癒そう
という ” ゆとり ” は生まれません。

” こんな状況で、悠長に
海なんか見てる場合じゃない! ”

そう言って、問題の渦に
自ら飛び込んでいくのです。

*

なので、もし、あなたが、
美しい風景の夢を見たなら、
あなたの潜在意識レベルでは、
美しいものを受け入れる
” 心のゆとり ” が生まれている
と言うことも出来ます。

仮に、その時、何らしかの
問題を抱えていたとしても、
潜在意識には、一筋の光が
見えている。

また、心にゆとりがある状態は、
クリエイティブな発想や、
思考を生み出します。

それは、問題を客観的に
観察する冷静な心でも
あるのです。

目の前の問題に執着する状態は、
かえって解決を遠ざけてしまう。

潜在意識が、あなたに
体験させたかった美しい
景色を見たときの感動や、
平穏な気分は、今の
あなたに必要なものなのです。

広告

夢世界の創造主

さて、” 美しい風景 ” と
一言で言っても、その解釈は、
様々です。

例えば、
夢の中に ” 海 ” が登場すれば、
それは、” 美しい風景 ” に
入るのかと言えば、必ずしも
そうではない。

それが、山林であっても、
近所の田んぼであっても、
工業地帯であっても、
それを見た人が、美しいと
感じるかどうか、つまり、
” 主観 ” が基準になるのです。

*

夢の中の海を見て、
それを寒々しいと感じたり、
虚しいと感じたならば、
その感覚の意味を探っていく
必要があります。

海を見て、単に美しいという
だけでなく、晴れやかに
感じたとか、伸びやかに
感じたという微妙な感覚の
違いにも意味はある。

” 美しい風景 ” とは、
あなたが美しいと感じた
風景であって、世間一般に
美しいとされる風景では
ないということを理解して
おく必要があります。

夢の世界の創造主は、
あなた自身。

その世界の基準は
あなたの感覚によって
決められているという
ことを忘れないでください。

広告

心象風景

今回、紹介した夢を見た
その当日に、実は、次の
ような出来事があったのです。

筆者は、その夜、
YouTubeで動画を
検索していました。

関連動画のスペースに
ドローン飛行で空撮を
している動画があったので
それを見ることにしたのです。

それは、空高くから、
長野県霧ヶ峰高原を
遊覧撮影したものでした。

*

その延々と続く、なだらかな
高原は、とても美しかった。

日本にも、こんな場所が
あるのだなと感心しました。

筆者が見た夢と、高原の
景色は違っていましたが、
夢で見た景色をもう一度
見てみたいと思い、ふと
そのサムネイルをクリック
してしまったのでしょう。

それは、潜在意識に
導かれたということかも
しれません。

*

もし、あなたが、夢の中で
美しい景色を見たなら、そして、
それが架空の場所ならば、

それは、あなたの中にある
” 心象風景 ” なのかもしれません。

あなたが、人生において
美しいと感じるものが、
形となって現れているのです。

 

関連記事 : 幸福感の漂う夢|” 幸せな気分 ” の意味

広告

この記事をシェアする