ストレスを取り除く|八方塞がりの時に知っておきたいこと

” ストレス ” と一言でいっても、
様々なものがあります。

例えば、会社の上司にパワハラを受けている。
家庭で夫婦関係が上手くいっていない。
健康や将来についての漠然とした不安など。

慢性的なものもあれば、突然、
降りかかった災難のようなストレスもある。

人はその時の状況によって
様々な形のストレスを抱えている。

それら全ての総称として
” ストレス ” と呼んでいるのか、
言葉の定義については、
言語学の専門家にお任せするとして・・

要は、様々な形の心の負荷によって、
私たちは、日々疲労困憊させられている
ということは紛れも無い事実。

広告

当たり障りのない

ストレスには様々な形がある。

そして、実際にストレス解消法として
様々な方法がありますが、そのどれもが
全てのストレスを対象としたものです。

例えば、運動をする。

これ一つで、あらゆるタイプの
ストレスに対応しようとするわけです。

つまり、上司のパワハラも、
将来への不安も、失恋も、
心に受けた傷をまとめて面倒を
見ようとしている。

ここで、一つの疑問が浮かびます。

本当は、それぞれのストレスの形に
合わせて個別に対応するべきでは?

*

もちろん、全てに通じる方法は
あるかもしれません。

例えば、最近、よく話題に上がる
” マインド・フルネス ” いわゆる瞑想ですが、
心を無にして頭の中をカラッポにする。

ストレスによる苦痛は、
先々を考えることで感じるものですから、
” 何も考えない ” という状況を作り出せれば、
確かに全てのストレスに対応できる。

ただ、全てに通じる方法というのは、
どこか、どの世代でも見ることが出来る
当たり障りのないTV番組のような気もするのです。

多くの人が支持しますが、
その支持にそれほどの熱量がない。

一人一人は、ただ何となく見ている。

それとは、反対にあまり支持されないが
一部の熱狂的なファンが見ている番組もあります。

彼らにとってはピンポイントの番組です。

つまり、マインド・フルネスに限らず、
万人に効果のあるストレス解消法が、
必ずしもあなたの抱えているものに
最適かと言えば、それは、
また別の話だと思うのです。

どうにもならない現実

では、あなたにとって
どんなストレス解消法が最も適切なのでしょう?

もちろん、筆者が、
それを知る由もありません。

あなたのことを何も知らないのですから。

ただ、ストレスの原因が特定できている
というなら、それを解決することが
ピンポイントの解消法です。

当たり前過ぎますが、
それが、いいに決まっている。

ただ、” 解決 ” と言っても、
そう簡単ではないのが現実です。

それが出来るなら既にやっているでしょうし、
ストレスになったりはしない。

*

ある一人の男性のケースを
考えてみましょう。

彼は、会社の上司のパワハラによって、
胃潰瘍寸前のストレスを抱えている。

彼には、車や住宅のローンがあり、
今まで培った経験や実績もある。

上司の件は別として、良い条件の
会社を簡単に辞めることは出来ない。

異動願いを出しているが
聞き入れてくれないという八方塞がりの状態。

彼はストレスを解消するために
ジムにいって汗を流す。

そして、次の日、また、
上司からパワハラを受けるのです。

彼のストレスを本当の意味で
取り除くためには、もはや、
何もかも捨てて会社を辞めるしかない。

しかし、現実的に考えるとそれは出来ない。

現実と仮説

ただ、何か引っかかるのです。

それは、解決することのない問題を抱えながら、
運動することで一時しのぎとして
気を紛らわしていることではありません。

それについては正しい対処だと思います。

生きていく上では、一時しのぎが
必要な時も多々、ありますから。

そうやって動くべきタイミングを待って、
耐えしのぐこともあるでしょう。

*

彼は、一見、上司のパワハラについて
悩んでいるように見えてそうではない。

彼を本当の意味で苦しめているのは、

” 会社を辞めることが出来ない ”
という固定的考えなのです。

会社を辞めることはいつでも出来る。
辞表を書いて出すだけです。

なぜ、出さないのか?

そこには、出せない現実的な事情があるから。

彼の場合なら仕事を失うことで
生活基盤が揺らぐこと、培ったものが
無駄になってしまうことでしょう。

ゼロからの再スタートを余儀なくされる。

*

筆者は次のように考えています。

パワハラ上司は、今、
実際にある ” 現実 ” です。

彼が明日出勤すれば、職場のデスクの前に
上司が座っているのは、ほぼ、確定した未来。

しかし、会社を辞めた後の想定する
様々な心配事は、まだ、
現実にはなっていない ” 仮説 ” です。

道を切り開く可能性が
残されているのはどちらでしょう?

広告

自分を取り囲む壁

彼の四方八方に
” どうにもならない現実 ”
という壁が立ちはだかっている。

その中には
” 上司のパワハラを止めることが出来ない ”
という壁や、

” 異動願いは聞き入れられない ”
という壁、

その全ての壁が、
確定された現実かと言えばそうではない。

その中に ” 仮説 ” として、
立っている壁もある。

そして、その仮説の壁には、
それを選択した時の良くない未来が
描かれている。

*

もし、彼が、
その良くない未来の描かれている
仮説の壁を選択したら、どうなるでしょう?

すると、案の定、懸念していたとおりの
新たな問題が持ち上がる。

でも、これは、以前の問題は解消され、
別の問題を抱えるはめになった
ということですよね。

抱える問題が移り変わったわけです。

さて、その新しい問題も、
どうすることも出来ない問題なのでしょうか?

そうかもしれないし、
そうじゃないかもしれない。

それは選択した後に分かるのです。

別の問題と置き換えるという条件ならば、
抱えるものを変更することが出来る。

もしかしたら別の問題に置き換えることで、
また違った解決の糸口が見つかるかもしれません。

希望はどこにある?

ストレスを本当の意味で解消するためには、
その原因となっている問題と向き合って、
決断する必要があります。

つまり、抱えるストレスの種類を選ぶのです。

先ほどの例で言えば、
上司のパワハラで苦しむのか、
経済的困窮で苦しむのか、彼は選ぶことが出来る。

そして、すでに
その一つを選んでいる状態なのです。

*

もちろん、選択にはリスクが伴う。

一つのリスクも犯さずに
出来る決断は限られています。

私たちは、厳しい現実に
生きていかなければならない。

ただ、それが、良くなるとは思えない
未来であっても、常に ” 選択 ” は出来るのです。

そして、その先に今まで見えていなかった
別の障害や問題、可能性が存在する。

” 希望 ” とは、
そうやって見つけ出すものです。

それは、キラキラと輝き、まさしく、
これこそ解決法というような
完成した状態で目の前に現れるわけではない。

大抵は、最善とは思えない
未来の向こう側に隠れているのです。

*

さて、上司のパワハラで悩んでいる
という男性の例を挙げて説明しましたが、
実際、人が抱える悩みは様々です。

例えば、夫婦間の問題。
離婚すれば解決するのでしょうが、
子供がいた場合は問題はもっと複雑になる。

例えば、健康上の問題。
治療が出来れば解決しますが、
全ての病気が治療出来るわけではない。

生きるか、死ぬかという
二つの選択肢しか与えられて
いないという場合もあるかもしれません。

無論、誰にも救えない問題は、
事実、存在します。

それは認めなければならない。

*

ただ、人は悲観的になるあまり、
そして、問題が複雑であるほど、
選択肢を見落とすことがある。

もし、自分には希望は無いと思い込んでいるならば、
もう一度、問題を一つ一つを切り分け、
ちゃんと考えてみてください。

本当に選択肢は無いのか?

そして、今は選択肢が無いかに思えても、
その状態は永遠に続くのでしょうか?

” 永遠 “とは幻想です。

人類はそれを追い求め続けているが、
まだ、手に入れてはいない。

あなたの周囲の状況だけが
そうなっているとしたら・・

変だと思いませんか?

 

関連記事 : ” 変えられなかった現実 ” が変化するとき

広告

この記事をシェアする