あるべき場所に無いもの|夢の中の ” ドア “

本来、あるべき場所にあるものが、
夢の中では、なぜか、跡形もなく
無くなっている。

例えば、
見知らぬ人物が登場するとか、
見覚えの無い物がテーブルに
置かれていると言った見慣れない、
もしくは、架空のものが
夢の中で登場するという設定は、
よくありますが、

その逆のパターンとして、
あるべきはずのものが、
登場していないといった
設定に気づくのは、少し、
難しいかもしれません。

” 存在する ” よりも、
” 存在していない ” という設定は、
分かりにくいものです。

それゆえに、重要なヒントを
見落としてしまう。

*

また、登場しないものを挙げれば、
きりが無いというのも、解釈を
難しくしている理由の一つです。

例えば、家族の登場する夢を見て、
それ以外の人たちは登場して
いないわけですから、そこに
意味があるかと言えば、単に、
その夢には必要が無かったから
としか言えません。

もし、そういった消極的な
シチュエーションを夢の中に
見つけたとき、どのように、
解釈すべきでしょう?

広告

ドアが無くなっている

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

眠っていると廊下の方から、
子供のような泣き声がする。
 
薄暗い廊下に出ると、
突き当りの壁の方を向いて、
親戚の男性が立っている。
 
彼は、両手で顔を覆い、
子供のように泣いている。
 
可哀そうだから、手を引いて、
リビングに連れて行く。

夢の中に登場した親戚の男性は、
よく知っている人で、ずっと
以前から家に居候している
という認識だったそうです。

しかし、奇妙なことに、実際は、
そのような人物は存在せず、
全くの見知らぬ人だった。

*

ここまでの話を聞く限り、 
この夢の中で、本来は存在しない
人物が登場しているという部分が
目立ちます。

彼女も、登場した男性の正体を
知りたがっているようでした。

筆者は、この話に何か、
抜け落ちが無いか調べるために
彼女に、いくつかの質問をします。

” 男性は、なぜ、廊下の突き当りで
泣いていたのでしょう?その場所に
何か気がつかれたことなどは
ありますか? ”

筆者には、何も無い場所で、
壁に向かって立っているという
設定が、少し、不自然だと
感じたのです。

彼女は、何かに
思い当たったようでした。

” そう言えば、父の書斎が、
廊下の突き当りにあるのですが、
なぜか、ドアが無かったんです ”

ここで、セッション中、
見過ごしていたもう一つの
ピースが見つかったのです。

*

次に、筆者は、見知らぬ男性の
年齢について尋ねました。

年齢は、父と同じか、それより
上ということで、かなり、
年輩だということです。

その男性は、子供のように
泣いていた。

彼女は、夢の中で、その男性を
発達の遅れた障害を持った人で、
私たち家族が世話をしている
という認識だったと言います。

筆者は、ここまでの話を聞いて、
思い当たることが一つあり、
次のように尋ねました。

” ペットを飼っていますか? ”

彼女は、10歳ぐらいの雄猫を
飼っていると答えます。

猫の10歳は人間の年齢で言うと、
50歳半ばぐらいになります。

彼女もそのことは知っていました。

子供のような大人、そして、
家族で世話をしており、
家族ではないが家族のような存在。

しかし、セッション中に
分かったことと言えば、
それだけで、肝心の書斎のドアが
無くなっていたという点、
そのドアの無い壁に向かって
男性が泣いていたという点は、
結局、読み解くことが出来ずに
セッションは終了しました。

広告

数日後・・

それから、数日が過ぎた頃、
再び、彼女からメールが届きます。

そこには、昨晩あった出来事が
記されており、それが、今回の
夢に関係するのか、確かめたい
という内容のものでした。

*

昨晩、猫が、書斎に入り込んで、
仕事の大事な書類をダメにして
しまい、そのことで、父が
怒り出したと言うのです。

そして、猫を家の外へ出す
ように言った。

家族がたしなめ、その場は
何とか収まりましたが、元々、
動物が好きではなかった父が、
今回のことで、猫を嫌いに
なってしまい、困っている
ということでした。

以前から、ペットを飼う事に
父は賛成しておらず、
家族の中でくすぶっていた
問題が表面化したのかもしれない
と彼女は言いました。

*

このエピソードを聞く限り、
夢の中で、あるべきはずの
書斎のドアが消えてしまった
という不可解な設定は、
二つの意味を持っているように
見えます。

一つは、父をこれ以上
怒らせないために、書斎に
侵入させたくないという心理、

もう一つは、ペットに対する
父の心の扉が、完全に閉じて
しまったという意味です。

猫を人間の男性として、登場
させたのも、動物嫌いの父の
怒りを買わないための演出だと
思います。

*

仮に、この解釈ならば、
夢の中でドアに鍵をつければ、
済む話のようにも思えます。

しかし、ドア自体が無くなっている。

つまり、この問題は、鍵一つで
解決出来るような問題では
無くなってしまったという
ことです。

そこは、もはや ” ドア ” ではなく、
問題解決を阻む ” 壁 ” だと。

実際、彼女は、書斎に誰も
入らないよう鍵をかけたらいい
と言うと、父は、面倒だから
と言って、その案を受け入れては
くれなかった。

接点を見つける

とある出来事がきっかけで、
家族の間で起こったペットに
関する問題。

ただ、これは、彼女の夢なので、
あくまで、彼女の潜在意識に
解決困難な問題に見えているだけで、
本当に解決の目途が全く無いという
ことまでは保証されていません。

それから、彼女に、何か
良い対処は無いかと尋ねられ
ましたが、こればかりは、
家庭内の問題なので、大した
アドバイスをすることが
出来ませんでした。

” とにかく、
時間をかけて取り組むこと ”

” 人の心は、機械じゃないのだから、
いつか融和できるタイミングが
来るのを待つしかない ”

とだけ伝えました。

果たして、これが、
ベストな回答だったかは、
筆者にも分かりません。

*

さて、今回は、あるべきものが
無くなっているという設定に
ついて解説しましたが、必ずしも、
似たシチュエーションなら、
似た解釈になるというわけでは
ありません。

今回の夢では、ペットをめぐる
家族のトラブルを予見したもの
でしたが、それは、彼女の家族、
家庭の事情というプライベートの
部分が、夢になっています。

夢は、それを見る人の
プライベートと切っても
切り離せない関係なのです。

ですから、闇雲に誰かの解釈を
自分の見た夢に当てはめようと
せずに、まず、自分の置かれた
プライベートな状況と夢との
” 接点 ” を見つけることが大切です。

そして、夢を
よく観察してください。

目に見えるものばかりではなく、
姿無き人物、何かが足りない景色、
欠落したもの、省略されたもの、
そういった消極的な設定にも、
意味はあるのです。

広告

この記事をシェアする